《今後需要が増える分野》血管診療技師(CVT)は血管疾患に関する専門資格。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《今後需要が増える分野》血管診療技師(CVT)は血管疾患に関する専門資格。

食生活の変化に伴って生活習慣病が増え、血管年齢も年々下がってきているようです。今後血管のプロ“血管診療技師”の需要が増える見込みです。転職にももちろん有利な資格ですよ。

今後重要になってくる新しい分野。

血管診療技師 - Google 検索 (4355)

最近は生活習慣病の増加に伴って、年齢は若くても…血管が老化している人が増えています。
動脈硬化・下肢静脈瘤・静脈血栓・肺塞栓症・糖尿病の合併症である糖尿病壊疽を予防するためにも血管診療の重要度は増しています。
つまり…患者が増えることに伴い、負担の少ない非侵襲的検査ができる医療スタッフの需要が高まっていると言えるのです。
今後ニーズが高まり需要が増える注目の資格なんです。

動脈硬化や脳梗塞など血管が原因の病気が増え続ける一方、検査する機関は増えず

医師も看護師も人手不足です。

今後ニーズが間違いなく高くなる新しい資格なんです。

血管診療技師(CVT)はどんな資格?

血管診療技師 - Google 検索 (4357)

血管が硬化してつまってしまうなどの血管疾患に対応するための、専門資格となります。

生活習慣病などが原因(主にコレステロールなどの脂質が血管内に溜まることによって)となって血流が悪くなると、血管に動脈硬化をもたらしてしまうということがあります。そのまま放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまうことがあり、最悪の場合は突然死に至ることもあります。

動脈硬化性の疾患は、予防と早期発見がもっとも重要となります。血管診療技師(CVT)は、そういった血管疾患に専門的に対応することができる、認定資格となっています。

動脈硬化や下肢静脈瘤、糖尿病壊疽、エコノミークラス症候群などに代表される血管疾患とその診療技術に対する豊富な知識と実技技術を有する医療従事者に対して与えられる専門資格で、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会の3学会で構成される血管診療技師認定機構が認定を行っています。

受験資格はあるの?

血管診療技師 - Google 検索 (4358)

受験資格は、看護師、臨床検査技師、臨床工学技師、診療放射線技師、准看護師のいずれかであり、かつ3年以上の実務経験を有している(准看護師は5年以上)こと、血管疾患専門医の下で十分に血管疾患診療の経験を持つこと、認定講習会を受講していることが必要となります。

試験を申請する際には、カテーテル検査や治療、手術の介助など、自身が関わった症例リスト(100例)の提出が必要となります。なお、試験に合格し、認定証を授与された後も5年ごとの更新が求められます。

血管診療技師 - Google 検索 (4359)

血管診療技師の受験資格
「日本国における正・准看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師のいずれかの資格を有していること」
「実務勤務経験が3年以上であること(准看護師の場合は5年以上)」
「血管疾患を専門とする医師のもとで十分な血管疾患診療の経験があること」
「認定講習会を受講済みであること」

資格には更新が必要です。

認定試験が行われるのは6月ごろで、試験内容は筆記試験「血管疾患(リンパ管を含む)の病態全般に関する基礎知識」「血管疾患診療に関する専門知識を問う多肢選択問題50題」と「血管疾患検査に関する実技技術」となっています。現在、実技技術に関しては申請書類による評価が行われていますが、実技試験も検討中のようです。

資格取得に必要な費用は「講習会受講料1万円」「資格試験受験料1万円」「初見用紙コピー確認後返却用切手580円(もしくは重さに応じた金額)」「資格認定料1万円」「更新審査手数料5千円」です。

また資格更新は5年ごとのクレジット制(50単位以上)となっていますので、5年の間に構成3学会への参加(10単位)、日本血管外科学会地方会への参加(5単位)、構成3学会での発表(筆頭演者20単位)などを行うことによって単位を得るようにします。

血管診療技師(CVT)の役割は?

血管診療技師 - Google 検索 (4356)

血管診療技師(CVT)の役割は、血管疾患(リンパ管を含む)の病態全般に関する基礎知識、血管疾患診療に関する専門知識、血管疾患診療に関する実技技術を医療の現場で活かす事にあります。

高齢化社会の進展や生活習慣病の増加により、動脈硬化をはじめとする血管の病気が増えており、血管診療技師(CVT)の果たす役割はさらに重要になるといわれています。

取得する看護師のメリット。

血管診療技師 - Google 検索 (4360)

血管診療技師(CVT)は、非常に将来性のある資格です。
血管に関する疾患は、生活習慣病などによるものが多く、生活習慣が乱れがちで高齢化の進んでいる今の状態では、今後ますます患者が増加することが予想されています。
CVTとして血管診療のスペシャリストになることは、看護師のキャリアアップにはかなりプラスになるでしょう。

また、待遇の面でもCVTを取得することで資格手当がもらえたり、転職するとなってもCVT資格保持者ということで、かなり優遇されるというのもメリットです。看護師求人サイトに登録する際には、有資格者ということが十分なアピールポイントになります。

血管診療技師 - Google 検索 (4361)

現在、CVTのニーズが拡大中
心血管疾患は近年増加傾向にあり、高齢化にともないさらに増えるだろうと言われている。そのため脈管領域の検査・治療も増えており、専門家と認定される血管診療技師への需要は高まっている。職場での活躍の場が広がるだけでなく、転職の際にも有利に働く可能性あり。

この資格、かなりハードルが高いんです。

しかしこの認定資格を得るには…。
カテーテル検査・治療・手術の介助など、自分が関わった症例リスト(100例)の提出が必須!!
ハードルが結構高い
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |