【医師と相談】授乳中にローヤルゼリーを摂取しても大丈夫? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【医師と相談】授乳中にローヤルゼリーを摂取しても大丈夫?

母乳は母親の食べ物がダイレクトに影響するものです。そのため、授乳中において食べ物に神経を尖らせるのは当然のことでしょう。では、栄養豊富といわれるローヤルゼリーはどうでしょうか。赤ちゃんに問題がなければ栄養があるだけにとりたいものですが、参考にしてください。

「ハチミツ」のヒミツ、使い方次第でメタボ対策! | あなたの健康プログラムが見つかる!「QUPiO(クピオ)」

私がおススメする乳腺炎を予防する食べ物と飲み物!うどんは大丈夫? | ベビーライフ

ローヤルゼリーはどうなの?

ローヤルゼリーを摂取していいのか迷う方は・・・

妊娠中の体は通常よりも敏感になっていると考えられること、また、体質が変わる可能性もあることが考えられ、アレルギーはないと判断した上でそれまで利用していた人の中にも、今までとは違う影響が起こる可能性は完全に否定できません。
また、妊娠中はホルモンバランスも変化します。そのため、それまで普通にローヤルゼリーの摂取をしていた人であっても注意が必要ですし、さらに、それまで飲んだことがない妊婦さんが飲むことは100%の安全の保証ができないため、避けるべきだと考えられているのです。

否定意見

意見が分かれている!?

授乳期に避けたい食べ物

ローヤルゼリーは、健康食品の中でも、強力な機能性成分が含まれている、というわけではないので、基本的に妊娠中や授乳中だから摂取を禁じる、などということはありません。
みつばちに産生されるはちみつは糖分が多いことから摂取を控えるようにする人が多いせいか、ローヤルゼリーも同様に考える人もいるようですが、実際には、ローヤルゼリーには健康に役立つ様々な栄養素は入っていても、糖質が極端に多く含まれているというような事はないので、はちみつと違って、授乳中、妊娠中ももちろん、さらに老若男女と世代も性別も超えて誰でも摂取して大丈夫というものなのです。

肯定意見

ローヤルゼリーは安全な健康食品ですが、副作用を起こし、アレルギー症状が出てしまったという報告もありました。漢方薬やサプリメントも同様に妊娠中の服用が制限されています。妊娠中・授乳中の方にはもちろん、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまう可能性がありますので、万が一のことを考えて飲用しない方が良いでしょう。リスクはできる限り避けた方が無難です。

「妊婦にも安全なサプリメント」と広告でうたっている商品もありますが、実際に安全であるかは未確認である場合がほとんどです。このような宣伝文句を鵜呑みにするのは危険です。
もし、どうしても摂取したい場合は、かならず医師と相談してください。危険かそうでないかを判断し、適切なアドバイスをいただけると思います。自分の判断だけでローヤルゼリーやサプリメントを摂取しないようにしてください。

医師に相談しましょう!

ローヤルゼリーは栄養価が高く、アミノ酸やミネラルビタミンを豊富に含んでいます。妊娠中は自分に必要な分だけでなく、赤ちゃんに必要な分も栄養を摂らなくてはいけませんのでローヤルゼリーは積極的に摂取したいくらいです。特に副作用などはありません。

また、ローヤルゼリーには女性ホルモンと似た働きをするデセン酸やストレスを緩和してくれるアセチルコリンという成分を含んでいます。妊娠中はホルモンバランスが崩れて情緒不安定になることもありますが、ローヤルゼリーはその手助けになってくれるでしょう。

主食
お餅や赤飯などのもち米食品、玄米、カレーライス、ハヤシライス
小麦粉類
ラーメン、スパゲッティ、ハンバーガー、ドーナツ

乳製品
牛乳、生クリーム、バター、アイスクリーム、チーズ、グラタン

肉類
牛肉、豚肉

魚介類
さば、うなぎ、生魚

果物
梨、柿

野菜
たけのこ、山菜、栗

油脂
動物性の脂、マヨネーズ

菓子類
ケーキなどの洋菓子、もち米などの和菓子、チョコレート、ピーナッツ類

飲料
サイダー、コーラーなどの炭酸飲料、アルコール、コーヒーなどのカフェインやタンニンが含まれるもの、ウーロン茶、緑茶

糖類
精製糖

実際、肯定的意見と否定的意見があるように、医師の間でも肯定・否定それぞれあるようです。
それは、アプリメント自体も安全かどうかもありますし、それぞれの体質にもよるからです。

また、基本的に妊娠中にローヤルゼリーを摂取して大丈夫な妊娠後も大丈夫ですが、
安全のために少しずつ摂取したいですね。

どちらにしても、大切な赤ちゃんのためにも、先に医師と相談してみましょう。

妊娠により体質が変化しているという点が挙げられています。
確かに、妊娠・出産を機にアレルギーが発症することは珍しくありません。
ここでは「もしも」を考慮して、そういった特別なものを摂取するのは控えるべきと考えています。
どうやら、ハチミツと違って糖質が極端に多いわけではないようです。
そこで乳腺炎の問題はなくなります。
そして、肯定的な意見としては、
やはり栄養豊富な点を挙げ、妊娠後の体力他の低下を回復させる点を強調しています。
母乳は母親の食べ物が赤ちゃんへダイレクトに影響します。
食べ物によっては、乳腺が詰まって乳腺炎になる可能性もあります。
そのため、上記のような食べ物は控えましょう。
ハチミツが赤ちゃんに良くないというのはよく知られています。
しかし、ローヤルゼリーは栄養が豊富といわれており、出産後の体を回復させるといわれています。
上記でも、ローヤルゼリーは積極的に摂りたいと書いていますね。

次は授乳中のローヤルゼリーについて、肯定・否定の意見を見てみましょう。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |