よく聞くコンドロイチンってグルコサミンと何が違うの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

よく聞くコンドロイチンってグルコサミンと何が違うの?

グルコサミンと言う言葉と一緒にコンドロイチンという言葉も聞く方は多いのではないでしょうか?詳しくどんな風に違い、一緒に摂るとメリットがあるか紹介します。

アミノ糖であるグルコサミン
ムコ多糖であるコンドロイチン硫酸

グルコサミンはコンドロイチンの構成成分

グルコサミンは糖とアミノ酸が結びついた天然の代表的なアミノ糖です。
体内ではブドウ糖からフルクトースを経て合成されると考えられていますが、この過程はまだ完全に解明されていません。
年齢と共にその合成能力は落ちるためにグルコサミンが体外から必要となる人は少なくありません。

コンドロイチン硫酸はヒアルロン酸、ケラタン硫酸、ヘパリン、ヘパラン硫酸と同様、総称してグルコサミノグルカン(ムコ多糖)と呼ばれる成分です。
その構成成分がグルコサミンです。
加齢についてはグルコサミン自身の体内合成能力が低下する割合よりもさらにグルコサミンからコンドロイチンへの合成能力は低下していきます。

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも関節痛に効果的だと言われている栄養素です。
関節部分の痛みや、関節部分の軟骨に影響を与える事が出来、間接部分の強化をしてくれる栄養素なのです。
このグルコサミンとコンドロイチンを同時に摂る事で、相乗効果を得る事が出来ると言われていますのです。

グルコサミンとコンドロイチンの2つの栄養素はは、お互いの能力を助け合う事が出来る栄養素です。
栄養素にはそれぞれ相性が有り、相乗効果を得る物も有れば相殺してしまう物も有ります。
しかし、グルコサミンとコンドロイチンの相性は良く、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る事で、更に高い効果を得る事が出来ると言われています。

同じ様な効果を得る事の出来るグルコサミンとコンドロイチンなので、片方だけでも良いと思う方もいるでしょう。
しかし、若干効果は違ってくるのです。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

よくグルコサミンのサプリメントが気になって見ていると、そこに一緒にコンドロイチンと言う文字を見てしまって一緒の成分のように感じている方もいるのではないでしょうか?
同じカタカナで似ているようにも感じますが、厳密には違う働きをします。
グルコサミンは関節に含まれている成分に対して、コンドロイチンというのは古い軟骨成分を壊そうとしている酵素の働きを抑えてくれるのです。
その成分の作用は変わってきますので、一緒の成分ではありません。

一緒に摂るのがお勧め

関節痛を和らげるため、軟骨や骨、関節を丈夫にするためには、グルコサミンとコンドロイチンの両方が必要です。

片方だけ集中して摂取しても、全く無意味…とまでは言いませんが、やはり効果はあまり得られないと考えて良いと思いますよ。

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも元々人間の身体の中に存在している成分で、特に関節を動かしたり、スムーズに身体を動かすために必要不可欠な成分です。

しかし、年齢を重ねるごとに、この2つの成分の量は減少していってしまうため、サプリメントなどの健康食品や食品によって補ってあげなければなりません。

コンドロイチンはサメの軟骨などから抽出されたムコ多糖類で、グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻から抽出され、糖とアミノ酸が結合したアミノ酸です。

グルコサミンは、コンドロイチンと一緒に摂取することが望ましい…と言われていますが、それは、この2つの成分がお互いをアシストし合いながら身体に働きかけるためです。

グルコサミンとコンドロイチンを摂取する際に重要なことは、これら成分の濃度ではなくて、バランスです。

グルコサミンのサプリメントを見ると一緒にコンドロイチンと載っているのは、一緒に飲む事で相乗効果がある為です。
どちらか片方だけを摂取するよりも、間接などを伸ばしたり縮めるのが苦しい時には両方を一緒に飲む事でより快適な動きになっていくでしょう。
特にグルコサミンと一緒に摂る相性が良いのも、コンドロイチンと言われています。
これからも運動を頑張りたかったり、80歳になっても自分の足で元気に歩きたい時には、この両方が含まれているサプリメントを飲んでみましょう。
毎日決まった時間を決めておけば、忘れずに飲む事ができるでしょう。
関節が痛い人には、コンドロイチンとグルコサミンどちらがいいんですか?
そもそも、この2つは何で、違いは何でしょうか?
よろしくお願いします。

コンドロイチンは、ムコ多糖類の一種で、関節のクッションの役割をする軟骨の成分です。
軟骨が磨り減ってくると、膝などに痛みが生じます。
ですから、この軟骨成分(コンドロイチン)を補えば、痛みが改善されます。

グルコサミンは天然アミノ酸の一種で、新しい軟骨の形成を促進します。

どちらがいいというわけではなく、作用が微妙に違います。
両者が協力し合って、軟骨基質を正常化してくれますので、併用もアリです。
どちら一方だけということであれば、コンドロイチンをオススメします。

グルコサミンは、「軟骨形成を促す」のに対し、コンドロイチンは「軟骨の成分」ですので。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |