大阪市立総合医療センターの転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

大阪市立総合医療センターの転職求人のご案内

大阪市立総合医療センターは大阪府大阪市都島区にある病院です。大阪市制100周年記念事業の一環として提唱された「市立医療機関の体系的整備」の基幹事業として設立されました。1993年に設立された比較的新しい大規模かつ高機能の病院です。市民の医療ニーズの高度化に対応しています。9つの臓器別センターがあり、診療科の数は57にもなります。更には、「地域がん診療連携拠点病院」や「小児がん拠点病院」にも指定されています。

大阪市立総合医療センターの紹介

 (8614)

病院長の瀧藤 伸英先生です。
診療面では、現在9の臓器別センター、57の診療科を擁しており、許可病床数は1063床、各診療科に第1級の専門医を有して、高度・専門的医療を提供しています。
規模、専門性とともに非常に高い水準にあります。
小児医療では17の診療科からなる「小児医療センター」で高度・専門的医療を提供しています。周産期医療では総合周産期母子医療センターであり、産婦人科診療相互援助システム(OGCS)と新生児診療相互援助システム(NMCS)の基幹病院です。さらに3次救急と小児3次救急医療機関、第一種・第二種感染症指定医療機関であるほか、精神科救急・合併症医療、災害医療なども担っています。また最新の遺伝医療、遺伝子医療を提供している「遺伝子診療部」や、低侵襲である血管内治療を専門とする「脳血管内治療科」、「小児不整脈科」も当院の特色のひとつとなっています。
小児治療にも力を入れています。
“脱皮できない蛇は滅びる”はニーチェの言葉です。「つねに変化することを恐れるな。ただ、肝心な骨格は変わってはいけない」という意味だそうです。医療を取り巻く環境は大変厳しいですが、次の20年に向けて、総合医療センターも理念に沿って医療環境や医療ニーズに対応して変化していくことで成長していきたいと思います。総合医療センターはこれからも市民の皆さんの生命と健康を守るための“最後のより所”として、また地域医療支援病院として、市民に求められる病院、地域の医療機関に求められる病院になるべく病院職員一同努力を重ねてまいります。
今の状態に甘んずることなく、現代医療の更なる発展を目指して変革を起こそうとしています。
広く市民に信頼され、地域に貢献する公立病院をめざす。
Heart for public service
人間味あふれる温かな医療を実践する病院をめざす。
Humane
高度な専門医療を提供し、優れた医療人を育成する病院をめざす。
High technology
この3つのHを基本理念に掲げています。

病院の様子

 (8623)

病院の外観です。
大規模かつ現代的なデザインです。
 (8624)

ロビーの様子です。
明るく清潔感があります。

看護部の紹介

 (8626)

看護部長で副院長を兼任する高丸賀子看護師です。
平成26年10月から地方独立行政法人大阪市民病院機構としての道を歩むことになりましたが、総合医療センターの使命は以前と変わることなく「最後の拠り所」としての役割を担うことです。公的機関として、市民の生命と健康を守っていくため、私たち看護職員と他職種がそれぞれの専門性を発揮できるように、チーム医療を充実させ、良質な医療・看護を提供できるように取り組んでいます。そのためには優れた看護職員の育成が必要で、高度医療、専門医療に対応できる知識、技術を取得するとともに、豊かな人間性を育んでいけるよう支援しています。また、看護職員として働き続けられる職場づくりを目指しています。
市民のニーズに応えられる「温かな看護」を実践できる人材に心から期待しています。
看護師として未来の医療を担えるような看護師の育成に努めています。
スキルアップが可能な職場です。
 (8659)

精神看護専門看護師の先輩看護師です。
今は外来に所属し、精神神経科外来の診察介助や処置を時にしながら、外来スタッフの協力のもとで、主に精神科リエゾンチームの一員でリエゾンナースとしての仕事を行っています。リエゾン(liaison)には、橋渡し・連携という意味があり、精神科リエゾンチームは、精神科医師・看護師・心理士など多職種で、身体科に入院中の患者さんやその家族に対して、身体科医師や病棟看護師と協力して精神的ケアを行います。リエゾンナースとは精神看護専門看護師のことで、患者さんの不安や精神的苦痛を和らげ、穏やかに身体の治療を受けていただけるよう、精神科看護の知識やスキルをもって、患者さんやご家族と話をしたり、病棟看護師の相談を受けたり、異なる診療科の医療者間や医師・看護師間の連携を図ったりしています。また、現場で働く看護師が心身共に健康で、生き生きと働くことができるよう、看護師のメンタルヘルス支援も行っています。重い病気を抱えて精神的に不安定になることはめずらしくありません。さまざまな困難がありますが、患者さんが本来の力を取り戻し、回復していかれる姿を見守れることにやりがいを感じます。
専門看護師としての仕事内容とやりがいを語ってくれました。
こんな熱意と知識のある看護師になることができます。
求められる看護実践能力を4段階で示し、主体的にチャレンジしながら評価することで、レベル毎に必要な能力の到達段階を客観的に把握することができます。キャリア開発ラダーを活用することで、組織の目標をふまえ、組織の支援を受けながら、看護実践能力の向上に自ら取り組んでいくことができ看護職員としてのモチベーションも高まります。
研修制度も充実しています。
自分の性格や専門にあったキャリア形成ができます。
 (8690)

こんな職場で一緒に切磋琢磨しませんか?

看護師の採用情報

受験資格

年齢免許・資格

昭和31年4月2日以降に生まれた方
平成28年に実施の国家試験において助産師・看護師の免許を取得見込みの方、
又は助産師・看護師の免許を有している方
(ただし、共に夜勤含む交代勤務が可能な方)

中途採用も十分可能です。
しかし、一度不合格になった方は再受験できません。
チャンスは一回のみです。

応募方法

封筒の表に「看護職員採用申込書在中」と朱書きし、次の書類を郵送又は持参してください。
地方独立行政法人大阪市民病院機構職員採用申込書・・・全員
養成施設の卒業見込み証明書(※1)・・・免許取得見込者
学業成績証明書・・・免許取得見込者
応募職種の免許証の写し〔A4サイズで複写〕・・・免許取得者
応募方法の詳細です。
〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-13-22(大阪市立総合医療センター4階)
地方独立行政法人大阪市民病院機構
大阪市立総合医療センター総務部人事課(人事)
※持参の場合の受付時間 午前8時45分から午後5時15分まで(土日祝日は除く)
書類の送付先です。
期限を守り、送付先を間違えないように注意してください。

福利厚生について

 (8637)

院内保育園があります。
総合医療センター横に院内保育所を設置。一般保育に加え、夜間保育(準夜・深夜)、一時保育、日曜保育など、勤務に応じて保育時間を設定。子育て中の職員をサポートします。
※院内保育所利用者には自家用車での通勤が認められています。

保育時間
一般保育A(月・水・木・土) 7:30~20:30
一般保育B(火・金)      7:30~21:30
準夜保育(水・土)      15:00~ 1:30
深夜保育(水・土)      23:00~10:30
一時保育(月~土)      7:30~20:30
日曜保育            7:30~20:30

安心して子供を育てられる環境が整備されています。
 (8642)

都島寮の外観です。
病院に近接しています。
 (8644)

こちらは梅田寮のエントランスです。
明るくて豪華で、セキュリティ面もしっかりしています。
都島寮とともに病院から近いので、通勤も楽にできます。

休暇制度

休暇制度について

休  日             4週8休(土・日・祝・年末年始相当日数)
年次有給休暇         年間20日付与(採用月により比例付与)
                  20日を越えない範囲で翌年度に繰越(最大40日)
夏季休暇            5日
結婚休暇            5日
忌引休暇            配偶者7日(その他親族についても規定により付与)
生理休暇            職員が請求した期間(有給の期間は年間13回以内)
ドナー休暇           必要と認める期間
妊娠中の職員の通勤緩和  勤務時間の始め又は終わりに各々30分以内
妊娠障害休暇         1回の妊娠を通じて連続した7日間
産前・産後休暇         16週間(本給・地域手当・扶養手当・住居手当全額支給)
育児時間休暇         子が1歳6か月に達するまで 1日2回合わせて90分以内 
子の看護休暇         単年度5日以内
育児休業            子が満3歳に達する日までの間において必要な期間
                  (内1歳に達するまでは本給の半額程度を手当金として支給)
部分休業            子が小学校就学の始期に達するまで 勤務時間の始め又は終わりに1日2時間以内

休暇制度も充実しています。
子育て支援も充実しているので、お子さんがいる看護師の方も安心して働くことができます。

大阪市立総合医療センターへのアクセス

 (8651)

電車でのアクセス:
JR大阪環状線「桜ノ宮」駅を下車して北に約7分
地下鉄谷町線「都島」駅を下車して2番出口から西へ約3分
バスでのアクセス:
市バス「総合医療センター前」で下車
45号系統「総合医療センター 横堤バスターミナル」
83号系統「大阪駅前~守口車庫前」 のいずれかでお越しください。
有料駐車場もございます。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |