【なるほど納得!】債務整理を司法書士に一任するメリット | キュレーションメディア

【なるほど納得!】債務整理を司法書士に一任するメリット

大きな金額の借金をしてしまい、お金を自力で返済出来なくなる場合に利用出来る、任意整理という方法があります。任意整理を行う為には、法的なスキルを持った専門家に依頼する必要がありますが、ここでは、司法書士に依頼するメリットについて調べてみました。

司法書士の位置づけ

司法書士の位置づけ

司法書士の位置づけを確認しよう。

司法書士とは?

まずは司法書士とは、どの様な位置づけにあるのか、またはどの様な事が出来るのか等について整理しておきましょう。
私は司法書士です!

私は司法書士です!

プロである事を、信念に掲げる司法書士。
司法書士(しほうしょし)とは、司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき不動産や法人など全ての登記の代理及び供託の代理、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成、提出する専門職である[1]。また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにて当事者を代理することができる[1]
司法書士について整理しておこう!!
他人の依頼を受けて行うことのできる司法書士の業務は、多岐にわたっております。その内容は、司法書士法第3条や司法書士法施行規則第31条に規定されていますが、およそ下記のようになります。

①登記又は供託手続の代理
②(地方)法務局に提出する書類の作成
③(地方)法務局長に対する登記、供託の審査請求手続の代理
④裁判所または検察庁に提出する書類の作成、(地方)法務局に対する筆界特定手続書類の作成
⑤上記①~④に関する相談
⑥法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の
訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談
⑦対象土地の価格が5600万円以下の筆界特定手続の代理及びこれに関する相談
⑧家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

司法書士は、国民の権利の擁護と公正な社会の実現のため、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならないという重い責任を負っております。

これが司法書士の業務だ!
法律の専門家である司法書士に相談・依頼すれば安心です。

個人でさまざまな法的な手続きをすることは不可能ではありませんが、結局手間や時間を考えると負担は増えるばかりです。
また、場合によっては不利な条件で和解してしまうなどの失敗もあります。法律の専門家である司法書士に相談・依頼することをお奨めします。

債務整理は司法書士に頼めば良いのか。

司法書士に借金問題を依頼するということ

時に人生の道中で、思わぬ借金をしてしまう事があるかも知れません。

それは5千円や1万円等の少額を、友人から気軽な気持ちで借りるという類の物であれば、それ程悩まなくても済むでしょう。

しかし、その金額が自分の収入・財力ではどうにもならない様なレベルであれば、自力で解決する為には困難を極めます。

一般的には、その様な場面で弁護士に一任する事を想像してしまうかも知れませんが、司法書士に依頼する方がメリットが大きい場合があります。

司法書士に頼むのも良いかも知れない

司法書士に頼むのも良いかも知れない

法律の専門家は弁護士だけではなく、司法書士だって専門家だ!!
お金のトラブルをゼロにするためにはどうしたら?

何からはじめたらよいか、誰に相談すればよいのかわかりません。

まずは専門家に相談して分析してもらうことが大切です。

お金のトラブルの場合、生活費・治療費など、どうしても支出が抑えられないものや減らすことができないものがあります。

生活をする上で必要な金額を見極めて、実現可能な解決方法を見つける。それが新橋法務の考える、成功法の解決方法です。

そうか!!借金問題は司法書士に相談すれば良いのか。

任意整理問題を司法書士が扱える範囲と司法書士に依頼するメリットについて

司法書士法が2003年に改正され、司法書士法第3条6号において140万円を超えない額面であれば、相手側と交渉する権利である交渉権や、簡易裁判所での訴訟代理権が認められる事になりました。

この意味は非常に大きく、140万円という限定されているけれども、弁護士と同等レベルで任意整理を行える様になったという事を意味しているのです。

また、弁護士に依頼するよりも、司法書士に依頼したほうが格安であるというのもメリットの一つと言えます。

少額案件は司法書士へ

少額案件は司法書士へ

現実的には少額の借金が多いので、司法書士でOK!
2003年の法改正により、司法書士は個人の借金問題に関して、140万円以内という限定付きで交渉権および簡易裁判訴訟代理権が認められるようになりました。

これにより、債務整理は弁護士だけでなく司法書士も扱えるようになりましたので、今では多くの司法書士が参入し任意整理の業務をおこなっています。

この140万円というのは、1債権者あたりに発生した経済的利益の総額の事です。経済的利益とは、任意整理で言うと、1社あたりの過払い金の総額になります。

任意整理の依頼者は、多重債務者が多く複数の借入れがある人がほとんどです。そのため、1社あたりの過払い金が140万円を超えるケースはそんなに多くありません。

1つの貸金業者と長期間に渡って取引があったという人は140万円以上の過払い金が発生している可能性がありますが、そうでなければ、司法書士に依頼しても全く問題はありません。

現実的には140万を超えないという例は多いので、司法書士事務所を探そう。
料金が安い
司法書士に依頼すると、弁護士に依頼するよりも料金が安くなります。
債務整理の料金が高すぎると、自分で専門的な手続きなどを行うことになってしまうので、債務整理の目的を達成できない可能性もあります。
料金が安く済むというのは願っても無いこと!
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |