育児がひと段落した元看護師が、現場復帰する時 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

育児がひと段落した元看護師が、現場復帰する時

結婚や出産で、一時看護師を辞めて家庭に入る人がいます。でも育児がひと段落していざ現場復帰しようとした時、数年のブランクのせいで自信をなくしている方も多いようです。今回はそんな看護師さんを応援するために、様々な情報を集めてみました。

看護師として復職したい!でも…

資格を持ちながら、「結婚・出産を機に退職せざるを得なかった」、「子育てが忙しい」などの理由で現在働いていない「潜在看護師」の数は国内に約55万人にものぼっています。そのうち約8割の方は職場への復帰を希望していますが、多くの方は休職している間の医療の進歩などが心配で二の足を踏んでいるのが現状なのです。
「休職している間に導入された最新の医療技術や知識を習得できるのかな?」、「自分より年下かもしれないリーダーとちゃんとやっていけるのかな?」、「子供がまだ小さいので、託児所が完備されている医療機関じゃないと…」などの不安で一杯だと思います。
医療の進歩のスピードはとても早いですからね。
毎年のように新薬も現れていますし、患者への対応方法も現役の時とは勝手が違っているかも。

こういった不安を解消し、無事復職することは可能なのでしょうか?

 (812)

復帰前に基本的な技術は復習できます!

しばらく看護の現場から離れていた潜在看護師にとって、ブランク明けの職場復帰は不安な点が多いと思います。その不安感を払拭し、スムーズに看護業務に戻れるようにサポートするのが「潜在看護師の復職支援」というシステムです。

自治体だけでなく病院などの医療機関も独自の復職支援プログラムで潜在看護師の現場復帰をサポートしています。

潜在看護師の復職支援プログラムを実施している病院は全国に多数ありますので、地元での復職を考えている潜在看護師はいちど利用してみると大きなプラスになるでしょう。

医療・看護界の現在の動向や、一般病棟やICUの見学、シミュレーションによる実践練習などが研修プログラムに入っているみたいです。
感を取り戻すまで、こういったものを利用してみるといいと思います。
 (813)

教育体制が充実している医療機関を復職先としてを選ぶべし!

ブランク明けの看護師の場合、教育体制の充実は必須条件となります。
もしブランク明けの看護師が復帰しようと思った場合、ほぼ新卒と同じ立ち居地になります。

そのため一から教えてもらえるような環境でないと、後々求められることが多くなってしまい、
結果的にはしんどくなってしまい退職に繋がってしまうケースも少なくありません。
だからこそ、新卒を毎年採用しているような病院で教育制度の整った病院があれば、
ブランク明けの看護師であっても、安心して業務を覚えることが出来ると思います。

一から学びなおすのって、ちょっと面倒と思われるかもしれませんが、何事も急がば回れです。
人の命を扱う職場、何かあってからでは遅いですからね。
それに新卒看護師さんに教えてあげる機会があるので、頼りにされることでやる気がまた戻ってくるかもしれませんよ。
 (815)

まずは日勤から!パートやアルバイトもあり!

日勤常勤として復職する
復職後、いきなり夜勤を担当するのは不安という人にオススメなのが、日勤常勤での働き方です。就業時間はどの病院も概ね8:30から17:00くらいの時間帯となっています。
夜勤手当が付かない分、多少給与の面では見劣りするかもしれませんが、パートやアルバイトで働く場合に比べて、福利厚生の恩恵を受けることができます。
ブランク明けの復職は何かと気を遣うことが多く疲労もたまりやすいので、規則正しい生活リズムを維持しながら、落ち着いて現場になれることができるのも大きなメリットといえるでしょう。

パートやアルバイトなど時短勤務で復職する
復職する際にパートやアルバイトといった、非常勤の勤務形態を選択する働き方もオススメです。
常勤に比べて保険や福利厚生などは受けることが出来ませんが、家庭や子育てと両立しながら、自分のペースで現場の感覚を取り戻したり維持したりできるというメリットがあります。
扶養内で働きたい人が時短勤務を選ぶことが多いのですが、ブランクが長い人にとっても無理のない働き方ですし、退職後1、2年目で、本格的に復職する前の馴らし就業として活用することも出来そうです。

確かに、いきなり夜勤はきついかも。
通常の時間帯で暮らしていたので、久しぶりの夜勤は体がびっくりするかもしれませんよ。
何事も徐々に慣らしていくことが大切なんですね。
 (819)

同じような立場の人を多く採用している病院はオススメ!

もし周りの看護師が、即戦力の看護師ばかりの場合、
求められることも高くなってしまい疲弊してしまうことが多いです。

そのため同じようにブランク明けの看護師がいる職場であれば、
職場自体もブランク明けの看護師へのサポートが大きいと思います。
またお互いに境遇も似ているので悩みを相談しやすいというのもメリットです♪

 (823)

こんな職場、見つけられたら嬉しいと思います。
でも、今までの要素を全部満たした求人って、本当になるのでしょうか?
そして、現在の看護師への待遇はどうなっているのか気になります。

やはり利用したい!看護師求人サイト

看護師求人サイトの場合は看護師資格、准看護師資格(一部のサイトは保健師、助産師も可)を保有している方であれば、どなたでも完全に無料で利用することが可能です。

子育てや育児でブランクがある看護師たちを潜在看護師と呼び、厚生労働省や各都道府県を含めて再就職斡旋を強化しています。ハローワークやナースセンターなどでも力を入れていますし、もちろん看護師求人サイトでも「ブランクOK求人」というものが存在し、ブランク明けで看護師の仕事を忘れている方でも研修制度や受け入れ態勢が整っている病院も多いです。

通常の看護師求人を探すときと同様に、教育制度や研修制度が整った病院を探し出す必要があり、自分の中で満足いく教育体制の病院の募集要項が、しっかりと「ブランクOK」や「未経験歓迎」「復職支援」になっているか確認する必要があるということです。

こういったサイトでは、自分にあった非公開求人を知らせてくれるので、かなり効率よく条件を満たした求人を見つけられると思います。
複数のサイトに無料会員登録すると、さらに効率がアップしますよ!
 (828)

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |