迫力満点!フライボードを体験してみよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

迫力満点!フライボードを体験してみよう

水中と水上を自由自在に飛ぶことができるマリンスポーツ、フライボード。わかりやすくまとめてみました。

フライボードとは

フライボードとは、2012年5月にフランスのマルセイユにて開発され、世界28か国で同時展開された最先端のマリンスポーツ。

水上バイクのノズル部分に専用のホースを接続し、フライボードの両足から水を一気に噴射する事で自由自在に空中散歩を楽しむという画期的なスポーツです。

世界同時展開から1年半でヨーロッパ、アメリカを中心に約2,500台が世界中に流通しており、ハリウッドセレブなどが愛好家となるなど、ポピュラーなマリンスポーツの一つとなっております。

大会も開催されている

フライボードを開発したのは、プロジェットスキーヤーのフランキーザパタさんが開発しました。

ハリウッドセレブでは、レオナルド・ディカプリオやジャスティン・ビーバーがなどが愛好しています。

今では、技を競う大会も開催されています。

日本選手権やワールドカップとなると、10メートルの高さまで飛ぶ人もいるとか。

ドバイで、昨年12月で開催されたフライボードワールドカップで、日本代表の浅野遥選手が、女子カテゴリーで世界2位を獲得したを獲得したことで話題になりました。

Flyboard – Coolest Water Jet Pack EVER!!! – YouTube

Check out how to get a Flyboard in the link below! Rocky Mountain Flyboard: http://RockyMountainFlyBoard.com These guys are based in Utah and you can rent an…

フライボートの仕組み

水上バイクのジェットポンプを取り外し、そこにフライボードのホースを接続。

ホースを通ってフライボードに流れ込む水の勢いで体が浮くようになっている。

さらに、手に持ったノズルで方向転換や回転も自由自在。

ホースには380度回転するベアリングがついているので絡まる心配はなく、最高で水面から約14メートルも飛び上がることができるという。

面白い仕組みですね。自動でバランスがとれる機能はないですが、膝を曲げたり、背筋を伸ばして姿勢を良くすれば飛べるようになっています。

コツを掴めば簡単に飛べる

10分ほどで飛べるようになる人もいるそうです。

フライボードについて少し説明しておくと、ジェットスキーのジェット噴射(の水圧)を利用して空に飛び上がるというカンタンなマリンスポーツ。動画を見た感じでもカンタンそうに思えたけど、いざやってみるとコツを掴むまでがなかなか大変。

海の中で垂直に立たないと海面には飛び上がらず、ちょっとでも足首や体が傾いたり、膝が曲がってると前後左右に動くだけになってしまい、いざ海面に飛び上がっても姿勢をキープしないと高く飛び上がれず、長い時間飛んでることができない・・・。

それでも1秒とか3秒など短い時間だけでも海面に飛び上がると、生身の体で飛べている感じがなんとも気持ち良い。落ちる度に鼻から水が入っても、口から水を飲んでも次!次!と、ついついトライしたくなる。

回数を重ねてチャレンジした結果、最終的には20秒〜30秒ぐらいは飛んでいる状態をキープできるようになり、それなりの高さで飛ぶこともできました。

フライボードは、個人が購入することもできます。

2016モデルのフライボードキットは、75万円で購入できるそうです。2016年モデルは、より耐久性のある構造になっています。

船舶免許は不要ですが、購入するためには、正規代理店による安全講習を受けましょう。

ストレス解消にも最適だと思います。
あなたも是非、今年の夏に
フラウボードを体験してみませんか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |