授乳中にグルコサミンを摂っても大丈夫?赤ちゃんへの影響は | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

授乳中にグルコサミンを摂っても大丈夫?赤ちゃんへの影響は

膝関節のケアに良いグルコサミン。人気の健康サプリメントですが、赤ちゃんへの授乳中に摂取しても良いのでしょうか。授乳する赤ちゃんに影響がでないか心配です。授乳中のグルコサミンのサプリメントの影響について調べてみました。

グルコサミンは、糖尿病などの疾患がなければ副作用が起こることは、ほとんどありません。しかし、母体をはじめ胎児や乳児への影響は十分な臨床結果がないため、副作用があるのかどうか立証されていません。そのためほとんどのメーカーでは、飲用を避けるよう呼びかけていたり、医師と相談するように記述されています。

また妊婦は、妊娠をきっかけに妊娠糖尿病を発症したり、高脂血症や高血圧などの症状になることがあり、グルコサミンを摂取すると病状を悪くさせてしまう可能性もあります。以上の事を踏まえてやはりグルコサミンの摂取は避けた方が良いでしょう。もし関節痛を強く感じたのであればできるだけ食事療法でグルコサミンを摂るようしてみては如何でしょうか。

グルコサミンのサプリを飲んで授乳してしまった!と言う方もいるはずです。
授乳中は避けるべしとの説明が多いので不安になる方も多いでしょう。

しかしそう神経質になる必要はありません。
すでに飲んでしまって赤ちゃんに影響が見られないなら様子を見るか、お医者さんに相談しましょう。

基本的にはまず心配ないと思って良いレベルだと思われます。

高血圧や高脂血症の方も注意をしてください。
授乳による赤ちゃんのへの影響というより、お母さんそのものに影響がでてしまいます。
妊娠中や出産後、授乳期間は母体もデリケートな時期です。
グルコサミンのサプリの摂取に関してはお医者さんに相談をしましょう。
万が一ということを考えて行動しなければいけません。
妊婦さんの方も注意が必要です。
グルコサミンを摂取することによる、授乳と同じく胎児への影響が未確認です。

特に糖尿病の方などは注意してください。血糖値が上がる可能性があります。
糖尿病などの病気の方でグルコサミンを飲むのは危険な場合があるので、持病をお持ちの方は病院でお医者さんに相談をしましょう。

授乳中はグルコサミンの摂取早めておいた方がよさそうです。
特に副作用があるとかでは無いようですが、授乳後の赤ちゃんへの安全性が確かめられていないようです。

膝が悪くてグルコサミンを摂取したいという方は、お医者さんに相談してみましょう。
代替案が何かあるはずです。

産婦人科 | 大曲厚生医療センター

血圧測定のイラスト(健康診断) | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

妊婦・妊娠のイラスト(赤ちゃん) | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

[フリーイラスト] 授乳中の母親と赤ちゃん -  GATAG|フリー素材集 壱

心配な方はお医者さんに相談してみましょう。

すでに授乳してしまった方は、そう心配しなくても大丈夫です。

妊婦さん・授乳中の方は気をつけてください。

高血圧や高脂血症の方は、グルコサミンは避けましょう。

糖尿病の方は特に要注意です。

妊娠中にも注意してください。

授乳による赤ちゃんへの影響は未確認です。

基本的に授乳中はグルコサミンの摂取は控えましょう。

グルコサミンに限っていえば、多くのメーカーでも推奨していません。

おそらく容器には、「妊娠の可能性のある方、授乳中の方はしようをお控えください」とか「妊娠中・授乳中の方は担当医に相談しましょう」といった注意書きがあるはずです。

お母さんがとったグルコサミンは、胎児ならばへその緒からの栄養として、赤ちゃんならば母乳を通して影響を与える可能性があります。

この影響とは、具体的に「こういったトラブルが考えられる」というのではなく、「よく分かっていない」ということのようです。ですから、「今まで知らずにのんでいた」という人が、それで心配になるような必要はありません。

妊婦さんに、グルコサミンを取るのがよくないという話もあります。これは、どの医薬品やサプリメントにも言及できることなのですが、妊婦さんへの安全性が確立されていないという面もあります。

高血圧や高脂血症の妊婦さんは、グルコサミンの摂取により血糖値が下がり、低血糖になるというデータが出ています。しかし妊婦さんは、体重が増え、人によっては関節炎になる方もあるかもしれません。

この様なケースで、サプリメントをとらざるをえない場合には、医師に相談して、適切量を服用することが望ましい方法と思われます。

いかがでしたでしょうか。

グルコサミンのサプリメントを摂取する時の、主な注意点として、成分の確認、摂取量などが挙げられることを覚えておくことが大事です。

糖尿病であると診断された妊婦さんは、グルコサミンの摂取は特に気を付けなければなりません。グルコサミンはアミノ酸の一種で、ムコ多糖類に分類されます。グルコサミンをとることによって、血糖値が上がってしまう可能性があります。それは、グルコサミンの摂取によって体内のインスリンの働きが悪くなってしまうからです。インスリンは、血糖値の上昇を抑える働きがあるのですが、グルコサミンによってその効果が働かなくなってしまいます。

妊娠している妊婦さんは、自分は糖尿病なんかと関係ないと思われているかもしれません。ただ、妊娠中は高脂血症や高血圧などの症状が出ることがあったり、妊娠糖尿病を発症する可能性もあります。知らない間に妊娠高血圧や糖尿病に掛かっていると、グルコサミンによって症状が悪化してしまいます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |