安心安全な国産ローヤルゼリーを取り寄せよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

安心安全な国産ローヤルゼリーを取り寄せよう

ローヤルゼリーは栄養素の高い健康食品とされています。ローヤルゼリーを摂取することで、体にとって色々な効果をもたらすことが出来る可能性があります。そんなローヤルゼリーは、どのような製品が良いのでしょうか?国産の場合と海外産、生の物とそうで無いものの違いを含めてまとめます。

ローヤルゼリーは女王蜂の中にある成分です。
摂取することで、多くの栄養素を取り込めることが期待できます。
寿命も延びる可能性も秘めているのが、ローヤルゼリーです。

国産のローヤルゼリーは少ない

ローヤルゼリーの産地は国産の物よりも、海外産の物が多く出回ってしまっています。
直接体に摂取する物ですから、出来るだけ安心な国産を食したいですね。

国産ローヤルゼリーを摂取するメリット

国産のメリットの1つには国産ローヤルゼリーの環境や材料の安全性、きちんとした品質管理があります。
花が育つ健全な土壌と残留農薬に対する見解・PM2.5等の大気汚染は、原料の花にも影響が及び健康食品であるローヤルゼリーの品質にまで深く関わって来るからです。
メリットの2つ目は鮮度です。国産は配送ルートも確立されているので、外国産と比べて、より鮮度の高い製品を購入出来る点です。
ローヤルゼリーは、安全面でも国産の方が優れています。
摂取するのであれば当然安全な物を摂取したいですね。

ローヤルゼリーって何?

ローヤルゼリーは生の方が良い

生ローヤルゼリーの効果は、やはりそのままの栄養をとることができることです。
どの栄養成分もそうですが、加熱することにより壊れてしまうものがあります。
生ではないローヤルゼリーは加熱していることもありますので、女王蜂が食べているローヤルゼリーよりも栄養価が低くなっている可能性はゼロではありません。
また、生ローヤルゼリーの場合は飲むだけではなく顔に塗ることもできます。
カプセルや錠剤になってしまえば塗ることはできないので、これもメリットと言えるでしょう。
ただし、まったく人間の手が加えられていないので敏感肌の場合はパッチテストをしてから使うようにしましょう。
ローヤルゼリーを効果的に摂取されたい方にとっては、生のままが良いかもしれないですね。
少し味に癖があるとされていますが、摂取の仕方を変えてみれば美味しく食べられるのかもしれないですね。
生のままだと、肌に塗ってお肌にも栄養を与えることが出来るかもしれません。
ローヤルゼリーの主成分は、デセン酸や良質なたんぱく質。これらを食べたミツバチの幼虫だけが女王バチとなります。産卵能力があり、体が大きく、寿命も約20倍長くなる女王バチに育ちます。
もちろんビタミン、ミネラル等50種を超える有効成分が含まれている完全栄養食品です。
2011年富山県立大学の鎌倉昌樹博士が、様々なたんぱく質の中でも「ロイヤラクチン」に注目し、このたんぱく質を食べ続けた幼虫だけが、女王バチに成長することを世界で初めて確かめたのです。
またロイヤラクチンはたんぱく質と結合し体を大きくし産卵能力を高め、 寿命を約20倍にするホルモンを分泌させることが分かりました。

新鮮な物を摂取するのが一番

生ローヤルゼリーの選び方のポイントのひとつめは産地のチェックです。生ローヤルゼリーのほとんどは、日本産か台湾産か中国産のものです。
タイやオーストラリア、ニュージーランドなどから輸入されているものもあるようですが、輸送に時間がかかりますし、その分、コストもかかります。生ローヤルゼリーの場合は鮮度が大切ですから、原産地はできるだけ近いところのほうが安心ですよね。
輸送の問題や品質や安全性の面でいうと、国産のものがおすすめなのですが、現在、日本の養蜂では、製品として供給できるローヤルゼリーの量産は困難で、価格も高価です。
そのため、ほとんどのメーカーでは、中国産のものを使用しています。
生ローヤルゼリーはナマモノと同じく、空気に触れれば酸化してしまいます。そのため保存はかなり慎重にする必要があるでしょう。また、摂取したとしても胃酸の影響を受けやすい可能性も考えられます。そうなれば、せっかくの栄養素も台無しです。
ローヤルゼリーを生で摂取する際は、できる限り鮮度にこだわらなくてはいけません。
生ものは、保存方法に気をつけなくてもいけないので、国産の物を取り寄せた方が鮮度も良く、安心で安全な物を摂取することが出来ます。
ですので、ローヤルゼリーを効果的に且つ、鮮度の良い状態で摂取する方法は、国産のローヤルゼリーを取り寄せるのが一番良い方法です。
ローヤルゼリーを摂取しようとされる方は一度国産品を取り寄せてみてはどうでしょうか?

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |