【要免許】ジェットスキーを楽しもう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【要免許】ジェットスキーを楽しもう

マリンスポーツの1つでもある、ジェットスキー。 夏の海で、よく見かけます。どうしたら乗ることが出来るのかな? ちょっと気になりますよねぇ。

ジェットスキーって何だろう?

ジェットスキーは、簡単に言うと「水上オートバイ(水上バイク)」です。

水上オートバイは、1人乗り用と2人以上乗りと区別がされています。
大人数で乗るタイプでは、4~10人乗りもあるようです(ジェットボート)。

ジェットスキーで遊ぶ: モルディブの海へ

かっこいい!
エンジンによりインペラーを回転させ、船体下部の吸入口(ジェットインテーク)から水を取り入れてジェットポンプで水流を加速させるウォータージェット推進システムを持ち、他の船舶が持つスクリューのような回転体は船体外へ露出していない。

ハンドルと連動するジェットノズルの方向を変えて旋回するので、アクセルオフではハンドルを切っても旋回しないという特殊な特性をもつ。

スクリュー等の回転するものは、外に出ていないようなので、巻き込まれたりはしないようですね。

色んな物が巻き込まれない構造で、ちょっと、ホッとしました。

操縦するためには資格が要る

夏らしさ全開のジェットスキー。
「カッコイイし、スピード感もあり、何だかステキ!」
一度は、乗ってみたいと思ったことのある人も多いかと思います。

しかし!
ジェットスキーを操縦するために、とある資格が必要のようです。

楽しそうですねぇ
「特殊小型船舶操縦士(水上バイク専用の免許)」が、必要になります。

誰でも簡単に乗れるものだと思ってました。
免許が必要だったんですね、知らなかったです。

特殊小型船舶操縦士の免許を取る

水上バイクの免許を取得するためには、学科と実技の受講と試験があります。

スクールによって、かかる費用はかなりの幅があるようなので、
色々と調べてみて、自分の予算と都合に合うところを探しましょう。

水上オートバイに乗るならこの資格です。
特殊は、水上オートバイ専用免許で、ボートは操縦できません。

逆に一級・二級を持っていても、特殊を持っていなければ水上オートバイは操縦できません。
ボートと水上オートバイの関係は、自動車と自動二輪車に例えると理解しやすいでしょう。

 
1級や2級を持っていても、水上バイクを乗るためには、別に免許が必要なんですね。

小型船舶免許試験・更新講習機関公式サイト | 免許の取得

小型船舶免許試験・更新講習機関公式サイト  |  免許の取得
小型船舶免許試験・更新機関の公式サイトです。ボート免許、水上オートバイ(水上バイク)免許の取得方法や免許証更新についてご案内いたします。
かかる費用の簡単な内訳としては、
講習料・登録料・身体検査料・手数料などでしょうか。

細かいことは、サイトを検索してみると、たくさん出てくると思います。

教習所では6~7.4万円程度
免許スクールでとる場合スクール料金2.5~5万円+試験料21800円で合計4.7~7.2万円掛かります。

これが、独学では参考書料金1000~3000円+試験料21800円で合計2.3~2.5万円で済みます。

独学でも、やろうと思えば合格できるのかな。

実際に楽しもう!

誰でも、最初は初心者なのです。
失敗したって、くじけないで練習したら、いつかはアクロバティックなことも出来るようになるかも。

まずは、ゆっくりと操縦に慣れましょう。
焦りは禁物です。

ジェットスキーの初心者 – YouTube

初心者ですみません。 結構流れは早く上りより下りがいい感じでした。
操縦に慣れてくると、自由にコントロールすることが楽になってくるかな。

色々とチャレンジしたくなってきますね。

マリンジェット・ジェットスキー♪ – YouTube

恒例のブイ回り(^^ ) 今回は一味違いますよ(〃'▽'〃)
こんなことも出来るようになっちゃうかもしれない。

海で楽しく過ごすのもいいけれど、本格的に極めたら、もっとすごいかも。
完全にプロスポーツ!

【 水上バイク 5回転!アクロバット ☆ 】  隅田川水面の祭典 スカイツリー  2013 Personal watercraft – YouTube

隅田川水面の祭典 2013 big backflip バックフリップ 水上オートバイ 5回転! アクロバット 隅田川水面の祭典 スカイツリー 渡邉 貴之 (Yoshiyuki Watanabe) 市川直記 高須 水上バイク アクロバット 水上バイク 隅田川 平成25年6月9日 2013.6.9 東京スカイツリー …
水が多い場所でスポーツを楽しむのですから、
マナーやモラル、ライフジャケットを忘れないで!

事故が起こらないとは限らないので、予防できることはしっかりと。
安全に楽しみましょうね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |