【検証】費用の相場!弁護士に依頼すると高くなる? | キュレーションメディア

【検証】費用の相場!弁護士に依頼すると高くなる?

債務整理を行うとき、最も頼りになる相談相手は弁護士ですが、気になるのが費用ですよね。弁護士に債務整理をお願いすると一体いくらくらい費用がかかるものでしょうか。債務整理の相場っていくら?弁護士の債務整理の費用について調べてみました。

弁護士へ任意整理を依頼した場合

無償のイラストレーション: 図、, 弁護士, 背景なし - Pixabayの無料画像 - 1524806 (11911)

弁護士事務所によって幅があるので、事前にしっかり確認しましょう。

任意整理費用の相場

着手金:30,000~40,000円(債務先1件につき)
報酬金:30,000~40,000円(債務先1件につき)
減額報酬:10~20%(減額できた金額に対する割合)
過払い報酬:20~25%(取り戻せた過払い金額に対する割合)
その他諸費用:5,000~30,000円

任意整理は、裁判所などを通さずに行えますから、それだけの費用というものはかかりません。
ですが、貸金業者に利息を免除してもらったり、支払期間を変更してもらったりといった交渉が必要になります
その際の費用の相場は、手数料が一社当たり3~4万円程度、事務手数料が2~4万円というところが相場です。
事務所によっては初めに着手金が必要なところもありますから、確認しておきましょう。
任意整理は裁判所を通しませんし、個人の債務状況にも幅があり、弁護士への報酬も比較的複雑です。

だいたいの相場を調べるには、複数の弁護士事務所に費用面での相談をするのが良いでしょう。
いくつかの弁護士事務所で大体の費用を教えてもらえば、おおよその相場が見えてきます。

上に上げている金額も大体の目安になるので参考にしてください。

弁護士へ過払い金返還請求を依頼した場合

 (11928)

取り返せた過払い金の20%くらいが相場です。

過払い金の返還請求は多くの弁護士事務所では着手金・成功報酬・過払い報酬の3つで支払いをすることが多いみたいだね。着手金・成功報酬は固定費用で、過払い報酬は実際に取り戻せたお金の20%くらいが相場のようだよ。

ふーんっ、そうなんだー、任意整理の費用相場にもやっぱり似ている感じだね! 基本的には取り戻した過払い金のうち20%を支払う”過払い報酬”が報酬金のメインだよね。

そうだね、着手金や成功報酬などを固定で支払うところは似ている。ただし、過払い報酬の相場は、任意整理でいう減額報酬の相場よりも少し高い(減額報酬の相場は10%前後)ことが多いね。また過払い金報酬は、訴訟をする場合は手数料が25%になるところが多いよ。

過払い金請求の場合は、弁護士への報酬体系は比較的シンプルです。
過払い金請求で返還された金額のうち何%かが弁護士報酬になります。
この他に、着手金などが別途必要になる弁護士事務所もあります。

初期費用が必要なく、成功報酬も良心的な弁護士も増えています。
請求先が大手消費者金融などなら、そう大きく揉める事もないので、コストを重視して弁護士を選ぶのも手です。

弁護士へ個人再生を依頼した場合

家庭裁判所を視察 | 活動アルバム | 衆議院議員 遠山清彦 平和学博士(公明党 比例九州・沖縄) (11914)

個人再生の弁護士費用は、およそ50~60万程度が相場です。

個人再生の弁護士費用

個人再生の弁護士費用を、HP上に掲載している弁護士事務所を確認したところ、着手金と成功報酬で合計約50~60万円くらいが相場です。住宅ローン特則を利用すると、さらに5~10万円ほどかかります。

着手金と成功報酬を分けるか、一括支払いになるかは弁護士事務所によって違いますが、ほとんど分割支払いに対応しているようですね。

その他の費用も必要です。

申立費用と予納金【まとめ】

申立手数料(収入印紙)…1万円
予納金(官報公告費用)…約1万2000円
予納郵券…2,000~4,000円

個人再生委員の報酬相場

弁護士が代理人の場合…15万円
本人申立の場合…………25万円

個人再生は裁判所を通すので、相場を逸脱した報酬を得る弁護士は少ないです。
全く居ないと言うわけではありませんが、およその相場をしっておけば高いか安いかは判断できるでしょう。

個人再生の場合は弁護士報酬の他にも国に納める費用がけっこうあるので、その分もしっかりと計算に入れるようにしてください。

弁護士へ自己破産を依頼した場合

大阪家庭裁判所の紹介 地図〈アクセス〉と写真 (11916)

司法書士よりも高いですが、弁護士なら代理人として一切を任せられます。

結論から言いますと自己破産の依頼をしてかかる費用は

弁護士だと約35万~60万円くらいで、
司法書士だと約20万~30万ほどです。

弁護士に自己破産を依頼した時にかかる費用の項目として
着手金と報酬金があります。

着手金とは結果にかかわらず業務開始前に払うお金で
報酬金は免責決定が無事得られたときに払うお金です。

借金の額によりますが相場は

着手金
20万円~40万円
(負債額によって異なる)

報酬金
20万円から40万円
(負債額によって異なる)

が目安です。

着手金と報酬金は同等のケースが多く
どちらも30万円前後が最も多く、次に20万前後で
あわせて全体の9割を占めています。

かかる費用は複雑ではなくシンプルで明瞭です。
(費用があいまいな事務所には注意です!)

弁護士に自己破産を依頼するのはメジャーなので、その費用の相場もわかりやすいです。
基本は裁判所への申請だけなので、費用の名目も細々としておらず、理解しやすいう費用体型といえます。

司法書士の方が安いですが、法的に代理人になれるのは弁護士だけです。
債権者からの連絡や交渉を一任したい時には弁護士に依頼しましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |