【税金を滞納してる時】個人再生の手続きは行えるの? | キュレーションメディア

【税金を滞納してる時】個人再生の手続きは行えるの?

税金の支払いを滞納されている方で、個人再生を行いたいとお考えの方は、個人再生を行うことは出来るのでしょうか?税金の支払いに関して、払えない場合の対処法とはどういった方法なのでしょうか。個人再生の手続きと税金の滞納についてまとめてみました。

税金の滞納と個人再生

Free illustration: Taxes, Tax Office, Tax Return, Form - Free Image on Pixabay - 646512 (13882)

税金の滞納がある場合、個人再生手続きをしても、滞納している税金を支払う義務は残るので、借金等の債務に加えて、滞納している税金も支払える目処がついていないと裁判所の認可決定を得ることが難しくなります。
 個人再生手続きは、基本的に債務の一部について支払いを免除してもらい、残っている債務を分割返済する制度なので、認可決定後に返済していけるのかどうかが問題となります。
 しかし、個人再生の手続きをしても、滞納している税金が減額されるわけではありません。そのため、滞納している税金がある場合には、裁判所の判断は、滞納している税金がない場合に比べて厳しくなると考えられます。
税金の滞納があると個人再生の手続きは難しくなってしまうようです。
個人再生を行っても、税金は無くなりませんし減免もされません。
税金はそれだけ、支払わなければいけない物ですね。

税金を支払う

Free illustration: Tax, Taxes, Taxation, Accountant - Free Image on Pixabay - 957457 (13883)

すべての税金関係の支払いは、個人再生手続きでは減額されることにはなりません。滞納がある場合は、なるべく優先して支払っておくようにしましょう。
税金を滞納しすぎてしまったことから、住宅が差押えをされてしまっては、個人再生手続きを取る意味がなくなってしまいます。
個人再生を利用する理由の一つに、住宅を手放さなくても良いと言うことがあります。
しかし、税金の滞納によって住宅が差し押さえられてしまっては、本末転倒になってしまいます。
ですので、税金は支払っておきたい物です。

分割払い

Free photo: Euro, Money, Finance, Piggy Bank - Free Image on Pixabay - 870755 (13884)

滞納している場合は一括で支払うことは難しいと思いますので、役所等の担当者と分割で支払うなど支払方法について協議していただくようにご説明しています。滞納していると相談に行くことに気が引けるかもしれませんが、意外と柔軟に対応してもらえるものです。放置すると「延滞税」という損害金のようなものが発生してますます負担が大きくなりますので、早めに相談することをお薦めします。
税金に関して、一括で支払える金額であれば支払ってしまってから個人再生の手続きを行うのが良いですが、それが出来ないときは、分割払いという方法もあります。

分割できる期間

Free photo: Hourglass, Time, Hours, Sand, Clock - Free Image on Pixabay - 620397 (13885)

分割期間・回数は基本1年間12回の分割支払いになります。

それ以上の分割は難しいと思います。

私の場合12回払いだと厳しい時期があり、月に1万円づつでお願いしてみたのですが、はっきりと断られてしまいました。

その辺はシビアでしたのでご注意を

分割できる期間は約1年間です。
毎月と考えると、12回払いと言うことになります。
12回払い以上に関しては難しいとなっていますね。
期間は長いとは言えませんが、まずは分割払いにしておくと言うことが重要です。
支払う意思というのは少なくとも見せなければいけません。

国税の納付猶予

Free illustration: Taxes, Tax Office, Tax Return, Form - Free Image on Pixabay - 646510 (13889)

災害や事業の休廃業などの特殊な事情が生じたために国税を一時に納付することができない場合には、納税の猶予という制度を利用して分割納付などの方法で納付することができます。納税の猶予とは、次のような原因によって納付が困難となった場合に、申請に基づいて税務署長の許可を受け、1年以内で分割納付できるというものです。

1 財産について、災害を受けたり盗難にあったこと
2 納税者又は家族などが病気にかかったり負傷したこと
3 事業を廃業したり休業したこと
4 その事業について著しい損失を受けたこと
5 法定申告期限から1年以上経過した後に、修正申告や更正などにより納付すべき税額が定まったこと

上記の様なことがおきた場合の国税に関しては、1年間の猶予が儲けられています。
ですが、支払わなくて良いですよとは絶対になりません。

個人再生の場合は、国のお金を利用して債務を減額してもらうため、税金の滞納はマイナスの要因になってしまいます。
支払えない状況でしたらまずは、管轄する税務署や役所に支払に関する相談をしましょう。
問題になるのは支払を放置することですので、必ず役所等に相談をすることが重要です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |