【青汁】便秘解消できる?できない?驚きの真実を教えます! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【青汁】便秘解消できる?できない?驚きの真実を教えます!

青汁には「便秘解消」の効果があると言われています。でも、本当に青汁を飲むだけでお通じが良くなるのでしょうか?今回、青汁に含まれているお通じ改善効果のある成分や、より効果的な飲み方などの情報をご紹介します。

その優れた数々の効能で日々愛飲家を増やし続けている青汁ですが、なかでも長年便秘解消に悩んでいて、最後の頼みの綱として青汁を選択するという方々の存在が、潜在的に数え切れません。

便秘解消目的で青汁を飲む人が多い

青汁には水溶性食物繊維やミネラル類が含まれている

【便秘解消】青汁の豊富な食物繊維が便秘に目に見えて効く!!

青汁のほとんどは「水溶性食物繊維」が含まれており、さらにこだわって作られている商品には「不溶性食物繊維」もバランスよく含まれています。どちらも便通をよくするものです。

青汁から十分な量のカリウムやマグネシウムを摂取することでも便秘の解消につながります。

特にマグネシウムは普通の食生活を送っているとどうしても不足しがちになってしまう栄養素のため、青汁を飲んでしっかりと補給することで正しい便通に導いてくれます。

青汁を飲むタイミングも重要

青汁のある食卓|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

大切なのは、青汁を飲むタイミングです。朝一または昼前の空腹時に飲むことです。夕食前ではなく、午前中に飲むことが大切です。青汁は体を冷やすため、極力午前中に飲むことが大切となります。

ケールが含まれている青汁がおすすめ

ケールと言うのはとても栄養価が高く、さらに便秘を解消する効果も高い緑黄色野菜。
だから、日本で栽培されているケールは、ほとんどが青汁用となっています。
そのケールを主原料にした青汁は、頑固な便秘に悩んでいる方にとても高い人気があります
そして便秘気味だったおなかの調子は・・・
こちらも以前よりスムーズに便が出るように(^^)/

あまりひどい時はトイレで15分以上頑張ってもダメで、おなかに便が残ってるのに出ないなんてこともざらにあった。それでいて出たと思ったらコロコロしてたり、血が滴っていたり。。。(恥ずかしながら、痔を患っているのです:泣)

これって想像以上につらい事だったから、問題なくスルッとなんて幸せすぎる☆おなかの見た目も変なぽっこり感がだいぶ緩和された気がします♪

ぽっこりお腹を解消

便秘解消のためには、どのくらい青汁を飲めばいいのか?

青汁には食物繊維やビタミン・ミネラルがたくさん入っているので、便秘やダイエットが 気になる方にはピッタリですよね。 ただ、便秘の原因や体調は人それぞれで違いますので、青汁を1日何杯飲めば必ず解消でき るというものではないと思います。

青汁を飲んでいるうちにだんだんと体調やお通じが良くなってくるということは良くある ので毎日、ご自身のお体と相談しながら飲み続けるのが良いと思いますよ。 実際私は毎日青汁を飲み出してから調子良いです!

確かにケールは他の大麦若葉などと比べて苦くて飲みにくいのですが、
便秘解消目的で青汁を選ぶなら、食物繊維が豊富で栄養価が高いケール入りがおすすめです。
「良薬は口に苦し」とはこのことですね。

便秘が解消するということは、同時にぽっこりお腹も解消されますよね。
また、青汁には脂肪燃焼を手伝ってくれる作用もあるので、ダイエットにももってこいの飲み物です。

便秘解消のために1日に何杯も飲むよりも、自分の体調に合わせて飲むのがいいみたいですね。
何より大事なのは量より「継続すること」です。
お通じ改善のためにも、毎日飲み続けてくださいね。

便秘解消の最後の手段に青汁と考えている方が多いということは、
それほど青汁がお通じに良いということなんですね。

そこで今回、便秘解消に関する青汁の役割を見ていこうと思います。

便秘解消効果をさらに高めるためにも、青汁を飲むタイミングを知っておきましょう。
空腹時は栄養を吸収しやすいため、出来るだけお昼前の空腹時に飲んでみてくださいね。
便秘になると、腸内に便や老廃物がたまってしまうため、お腹がポッコリと出てきてしまいます。
便秘でお腹がポッコリしてしまった方には、青汁ダイエットをおすすめします。
水に溶ける食物繊維のことを「水溶性食物繊維」といいます。
この水溶性食物繊維が多く含まれるものは、海藻類やオクラ、山芋、ごぼう、納豆、アボガドなどです。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |