市立豊中病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

市立豊中病院の看護師転職求人のご案内

私立豊中病院は、大阪府豊中市にある病院です。豊中市の医療の中心であり、がん診療連携拠点病院に指定されています。

病院紹介

 (11539)

基本理念

豊中市の地域中核病院として「心温かな信頼される医療」を提供します

基本方針

1.患者さんの立場に立った心温かな病院を目指します。
2.地域の中核病院として安全で質の高い医療を提供します。
3.医療機関との連携を密にし、市民の健康を守るために努力します。
4.少子高齢化社会に対応する医療を推進します。
5.病院職員の教育・研修の充実を図ります。
豊中市の医療機関の中心として、地域全体の医療システムの向上を目指し、市民・社会に大きく貢献しています。

病院長あいさつ

市立豊中病院は、病床数が613床を数える中核市にふさわしい規模の総合病院で、北摂地域の急性期中核病院として大阪府より地域医療支援病院の指定を受けています。そのために、必要となる人材の育成と病院設備・医療機器の充実を図るとともに、近隣の医療機関とのさらなる緊密な連携を構築していきたいと考えています。

今後高齢化が進むとともに、豊中市域において医療を必要とする人が急速に増加することが予想されます。そこで、府が主導する地域医療構想に沿って、地域の病院間で医療機能の補完を推進にすることによって、これからも市民の皆さまが必要とする医療を確実に受けられるようにいたします。さらに、地域包括ケアシステムとつながるシームレスな地域完結型医療を目指してまいります。

今後も引き続き、市民の皆さまのために病院の医療レベル向上に努力して参りたいと思いますので、さらなるご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

豊中市の医療の中心であることの自覚を持ち、その責任を果たすべく努力を行っています。また、社会の今後を見据え、はっきりとした方向性を定めることで、医療機関のさらなる進化を目指しています。
総長兼病院長 眞下節さん

総長兼病院長 眞下節さん

看護部紹介

 (11480)

看護部長あいさつ

団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向かって、世の中は少子高齢化がすすみ、多死社会が訪れます。地域包括ケアシステムが構築されるなかで、市立豊中病院は地域の中核病院として地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院の指定を受け、住民が病気と向き合いながら住み慣れた地域で安全に安心して暮らせるように医療を提供し、地域の医療機関や介護体制と円滑に連携する役割を果たさなければなりません。

看護部は「温かなこころとケアで信頼される看護」を提供することを理念としています。患者様が自主的に病気と向き合えるように看護師として真摯に対応し、科学的根拠を持ったケアを提供することを心がけています。また倫理観と豊かな感性を持って看護を提供することにも努めています。そのためには計画的に専門看護師や認定看護師の育成にも力を注ぎ、職員ひとりひとりや地域の医療機関のレベルアップを図れるように教育体制や教育計画を充実させることにも努めています。

看護師として患者様が医療を受けるうえで、少しでも退院後のQOLを高められるためにはどう役割を果たすべきかを考えられることが信頼される看護につながっていきます。地域につなげる看護を市立豊中病院でともに頑張りましょう。

地域の中核病院、医療支援病院として、少子高齢化社会から予測される多死社会に対応しなければならないと語る藤田さん。
「暖かなこころとケアで信頼される看護」の理念を旗印に、適切で温かい看護を目指し、また、専門看護師・認定看護師の育成に力を入れています。
 (11475)

教育・研修制度

 (11540)

新人看護教育システム

当院では平成17年度から従来のプリセプターシップに加えて、ベテランナースを「匠ナース」と称し、配属後夜勤に入る期間まで、基礎看護技術指導担当者とする取り組みを行なっています。その結果、新人看護師は日常生活援助技術の習得状況も早くなり、新卒看護師の離職率も減少しています。匠ナースによる余裕のある確実で効果的な指導の結果によるものと考えています。

「匠ナース」の元で実践的な教育を受けられるため、確実かつ早期の技術習得が可能になっています。
確かな理由と意義を持つ教育だからこそ確実なスキルアップに繋がり、優秀な看護師の育成を行うことができます。
教育・研修制度:教育について|市立豊中病院 看護師募集サイト (11478)

新人教育支援について

8階南病棟 山中 仁美

プリセプターとして新人教育に携わるようになり、プリセプティが投げかけてくる質問に学ぶ事も多いです。プリセプティが日々の仕事に慣れるように、疑問に思った事や、苦手とする事など確認しながらどのようにしたら解決できるかなど声掛けし、一緒に考え取り組んで行けるようにサポートしています。
プリセプティが2年目を迎えた時に看護師として仕事ができる喜びを感じられるような、また教える側も教えられる側も成長できたと実感できるような関係が作れるよう積極的に声かけし、成長を伝えていきたいと思います。さらに、病棟スタッフ全員で新人看護師の成長を温かく見守っています。

新人教育の中で、教える側も教わる側も大きく成長することができ、また、病徴スタッフ全員が、新人の成長を手伝い、見守ることで、全てのスタッフが一丸となって看護を行うための下地作りにもなっています。

先輩メッセージ

救急・内視鏡 松尾沙織

当院は、二次救急体制を担っており、救急外来には歩いて来られる方から救急搬送までたくさんの患者さんが来院されます。年齢も新生児から高齢者まで幅広く、疾患もさまざまで知識や技術のスキルアップが図れ、いろいろな経験が積めます。看護師は、救命を最優先に考え、適切なトリアージの実施、診療・治療の介助、患者さんや家族への精神的サポートを行っています。

内視鏡部では、最先端をいく内視鏡的検査や治療の介助に就いています。忙しい日々ですが、スタッフ同士協力し合い、チーム医療の一員としてやりがいを感じながら楽しく働いています。学べる機会が多いので、一緒に働けるスタッフを待っています。

様々な年齢・症状の患者さんへの対応を経験することにより、知識・技術が伸ばされ、大きく成長できます。自身の成長が患者さんのためになり、より高いレベルの介護を目指すことが出来ます。
 (11486)

5階南病棟 宮崎翔子

外科病棟

私は就職して4年間、外科病棟で勤務しています。周手術期の患者様のケアを行いながら、緊急入院の患者様を多く受ける病棟ですが、日々スタッフと力を合わせて仕事をしています。辛いこと、嬉しいこと、色々ありますが、患者さんが元気に回復して退院される姿を見ることが一番嬉しいです。
また、勉強会やカンファレンスでは先輩ナースよりアドバイスをもらい知識を深めることができています。患者さんにとって一番良いケアや方法を考え、他部門との連携を図りスタッフと協力して看護を行うことにやりがいを感じながら働いています。

頻繁に勉強会・カンファレンスが行われているため、先輩ナースが経験から得た貴重なアドバイス・知識を吸収する機会が設けられています。
患者さんのことを第一に考え、行動することが自身の成長にも繋がります。
先輩メッセージ:先輩ナースから一言(1)|市立豊中病院 看護師募集サイト (11491)

手術部 岡田藍子

市立豊中病院では各診療科の手術を、年間約6,000件行なっています。新人でも経験者でも、全ての手術介助が行なえるように、基本的な技術から各科特有の技術まで、認定看護師を中心に丁寧に指導を行なっています。手術室看護師窓口(術前外来)も開設し、早期より積極的に患者様に関わることで、質の高い周術期看護の提供をめざしています。
また、仕事と家庭を両立しているスタッフも多く、私自身も子育てしながら在職10年目になります。これも、周囲の協力と理解があってのものです。
ぜひ、一緒に頑張りましょう。

年間6000件行われる手術、当然その種類も非常に多岐に渡るものですが、その全てで介助が行えるよう技術・知識を高めています。
また、子育てとの両立をしている方が多く、理解がある方ばかりなので、お子さん連れの方でも安心して働けますね。
 (11494)

募集要項

 (11538)

募集職種・受験資格

職種   :看護師
採用予定数:若干名
受験資格 :昭和51年4月2日以降に生まれた人で、看護師免許を持っている人
      (免許取得見込み者を除く)。
勤務場所等:市立豊中病院

待遇

豊中市職員(地方公務員)として採用し、初任給並びに地域手当・扶養手当・住居手当・通勤手当・時間外勤務手当・期末手当・勤勉手当等の諸手当については、当市の給与条例等の規定による額が支給されます。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |