成人式の振袖・・・どんなのにしよう♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

成人式の振袖・・・どんなのにしよう♪

成人式の振袖を丼なのにしようか迷っている方、いろいろな種類の振袖を探してみたので参考にしてみてください。

振袖選びのコツを伝授!

① 成人式の振袖探しは先手必勝です。
  早めに振袖カタログを請求したり、
  お店に足を運んでお気に入りをキープしましょう。

② さっそくお店で振袖の試着を。
  お顔映りのよさや柄の雰囲気を確かめるために、
  実際に羽織ってみるのがおすすめです。
  来店時の服装はVネックで首もとをすっきりと。
  足袋に見立てた白いソックスを持参すれば完璧!

③ たくさんの振袖があって迷ってしまうのは当然です。
  まずは柄よりも好きな色を優先して候補を絞っていきましょう。

それでは、好きな色を決めていきましょう!

赤

赤の振袖は毎年人気があります!
黒色を入れると大人っぽく、
ピンクをいれるとガーリーに、
金色を入れると華やかに等
様々な雰囲気を楽しめるのが良いですね♪
白

白がベースだとどの色でも合いますし、
可愛い、綺麗、どちらでもなれるので
良いですよね♪
緑

人気急上昇の緑!
紫で大人っぽくしたり
ピンクを入れて可愛くしたり
青を入れて清楚感を出したりと
楽しみ方が多くて良いですね♪
黄

元気カラーの黄色!
ピンクやオレンジ、パープルなどで
キュート系でいくのも良いですし、
黒などを入れて少し大人っぽくするのも
素敵です♪
紫

紫は大人っぽくクールになりますね!
可愛さをプラスしたい場合は
淡いカラーや柄をもっていきたいですね♪
他にもピンクや黒、青、水色、茶色など・・・様々なカラーの振袖があります!
どれも可愛くて迷っちゃいますね♪

どんな柄があるの?

古典柄

古典柄というのは、昔からの伝統的な柄のことをいいます。
時代に関係なく上品に着られるのが魅力的です。
模様でいうと、桜や梅、椿、牡丹、扇面、鳥などです。

モダン柄

モダンというのは「現代的」という意味です。
いわゆる「今風」ということですね。
流行を取り入れたデザインになります。
模様でいうと、蝶やハート、薔薇、ヒョウ柄など個性的なものが多いです。

体型に合った選び方もあるそうです!

ふっくら体型の人

ふっくら体型の人に似合う振袖ふっくらしている人は、あっさりとしたシンプルなデザインの振袖がおすすめ。上半身に柄が少ない方が、体型がスリムに見えますよ。
横段の柄が入っているものは、体型を強調させてしまうので避けた方が賢明です。
色は淡いパステルカラーより、濃い色で全体を引き締めると◎
襟元は合わせをゆったりとさせ、首が長く見えるようにするとさらにスリム効果が高まります。
帯は胸高にし、変わり結びなどでヒップラインが隠れるようにするとよいでしょう。

痩せ型の人

やせ型の人に似合う振袖柄に絞りが使われているものや、大胆なぼかし染めでボリューム感を出すのがコツ。
ハッキリとして目立つ柄や、縦の線が強調されるものは避けるようにします。
色は、淡いピンクやクリーム色など、ふんわりと優しい色合いがおすすめですね。
着付けではキッチリと襟元を合わせ、帯締めを蝶結びや花結びにして上半身を華やかに演出。
後ろの帯はコンパクトにまとめて、全体のバランスを取るとよいでしょう。

背の高い人

背の高い人に似合う振袖ハッキリとした柄や色でメリハリを出し、大胆に着こなしましょう。
小さい柄が散りばめられたものや、柄が裾にしかないものを選ぶと、上半身がさびしい印象になってしまいます。
襟元はゆったりと、帯は大きめに結んで全体のバランスを取りましょう。
今は背の高い人に合わせた振袖も揃っていますが、ショップによっては準備できる数が少なかったりします。
レンタルの場合はできるだけ早めに手配しておくと安心です。

背の低い人

背の低い人に似合う振袖背の低い人は、小さな柄のデザインでキュートな印象の振袖がおすすめ。
柄が大きいものを選ぶと、着付けの際に途中で柄が切れたりして、全体のバランスが悪くなる恐れがあります。
色は濃い目のものより、明るい色の方がいいですね。
襟元はキッチリ合わせ、帯の幅を狭くして少し高めの位置(アンダーバストの辺り)で結ぶとスッキリとした印象に仕上がります。
帯は左右をアンバランスにして立体的にすると、ウエストの位置を高く見せる効果がありますよ。

何個か候補を出したら、いざ試着へ!

普段服を買う時もそうですが、
「これだ!」と決めていても、実際に試着すると「あれ?イメージが違う・・・」と思うときもありますよね。
納得した振袖を見つけるためにも、出来るだけ試着を行ってください!
そして、顔映りはどうなのかをしっかりと確認してくださいね♪
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |