目がいつもよりかすむ時はブルーベリー | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

目がいつもよりかすむ時はブルーベリー

普段見えていたものが見えにくくなったり、なんとなく目がかすむような時もあるかもしれません。そのような時にはブルーベリーに注目してみましょう。

ブルーベリーとは、ツツジ科スノキ属に分類される北米原産の低木性果樹です。果実がきれいなブルー色をしていることから「ブルーベリー」という名がつけられました。20世紀生まれの果実で日本では1970年代に栽培が盛んになり、日本中で広く知られるようになりました。成熟した果実は濃い青紫色をしており、「アントシアニン色素」と呼ばれる水溶性の色素が含まれています。このアントシアニン色素は目によいといわれているため、健康を気遣う方から注目を集めている果実です。
ブルーベリーは小さな可愛い実の中に、健康をサポートしてくれる頼もしい成分がぎっしり詰まっています。その中でも目に良い成分として有名なのが、ポリフェノールの1種であるアントシアニン。アントシアニンには、人間のからだに有害な「さびつき」を防止する作用があり、視覚機能の改善、花粉症の症状改善、生活習慣病の予防や改善など様々な効能が期待できます。また、食物繊維をたっぷり含むことから、便秘の改善にも一役かっています。
第二次世界大戦中のイギリス空軍のパイロットがあることに気づきました。パンにたっぷりブルーベリージャムを付けて食べていたところ、夜間の空中戦でも敵がよく見えるようになったのです。この報告によって、ブルーベリーの目への効果が検討され、研究の結果ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良い効果をもたらすことが確認されました。
日本では、大阪外国語大学保険管理センターの梶本修身氏や葉山眼科クリニックの葉山隆一医師らの研究でよりいっそうブルーベリーの効果がクローズアップされるようになりました。

ブルーベリーは、ツツジ科のスノキ属(Vaccinium)の小果樹で、その果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリー(Blueberry)と呼ばれています。この仲間の植物は、北半球の各地に自生する種類があり、日本にはクロマメノキ、ナツハゼ、シャシャンボなどが知られています。欧米では昔から、野生のブルーベリー果実を摘んで食用にしていました。 20世紀の初めより、アメリカ、カナダ原産の種類から品種改良が始められ、今日では世界の温帯圏で広く栽培される果樹になっています。

目の調子がなんだか優れない時にブルーベリー

一度はブルーベリーを食べた事があるという方も多いと思います。
小さい実ですがプチプチとしていて、とてもおいしい味がします。
ただあまり日常的に毎日食べているという方は、少ないかもしれません。
たまにヨーグルトなどに入っているものを、少し食べるという程度でしょう。
ブルーベリーはポリフェノールの一種アントシアニンを含み、視覚機能改善作用や眼性疲労改善作用が有名です。アントシアニン意外にもブルーベリーはビタミンE、食物繊維、ミネラルなどの栄養素を含んでいます。

ブルーベリーのカロリーは100gあたり約50kcal。
ブルーベリー20個で40g(20kcal)程度と言われていますから、あまりカロリーを気にせずに食べられるのも嬉しいところです。

最近スマートフォンやパソコンが普及している為、思った以上に目を酷使してしまっている方もいると思います。
仕事などで使う時には、止めたくても仕事が終わるまでは見続けなければいけないという事もあるでしょう。
そんな時に活躍してくれるのがこのブルーベリーです。
そのままの果実を買ってきてそのまま食べたりヨーグルトに入れて食べるのも良いのですが、しっかりとある一定の成分を摂りいれたい時はサプリメントがお勧めです。
今ブルーベリーのサプリメントも、多数の会社から出していますので自分に合っているものを選びやすいでしょう。
お店に行ってサプリメントコーナーを見ても良いですし、インターネットの通販サイトから気になるものを見つけて注文しても良いでしょう。
特に目のかすみや調子が気になる時には、お勧めなブルーベリーです。

ブルーベリーとは

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |