数年経過・・・【時効援用】債務の承認をしたらどうなる? | キュレーションメディア

数年経過・・・【時効援用】債務の承認をしたらどうなる?

借金を放置していて、債権者から一切の連絡などが無い期間が続いた場合、それは一定の期間が経過すると時効となります。時効となれば債権は消滅することになります。そこで、債務に関して時効の援用をするときに注意をする点とは何でしょうか?債権の承認はどうなるのかについてまとめました。

債権の時効

Free illustration: Hourglass, Time, Transient, Run Out - Free Image on Pixabay - 1109335 (11630)

貸主が消費者金融などの貸金業者である場合、貸金業者が会社なのか個人なのかで時効期間は異なります。貸金業者が会社である場合の時効期間は5年、個人である場合の時効期間は、10年になります。
ただし、個人である貸金業者が貸主の場合であっても、商人(たとえば、個人事業者など)の営業のための貸金については、商事債権となりますので、時効期間は5年となります。
金融機関などで借入を行った際に、返済をしなかった期間が数年にわたる場合、その債権は時効によって消滅している可能性があります。
時効になるまでの期間は個人間や、信用金庫などの場合で10年、クレジットカード会社や消費者金融などで、5年となっています。

債権の譲渡

Free illustration: Person, Businessmen, Group, Team - Free Image on Pixabay - 1023864 (11633)

債権者が債権譲渡によって債権回収会社に変わっても、最後の返済から5年以上が経過しているのであれば、消滅時効の援用ができる可能性があります。なぜなら、債権譲渡があっても時効は中断しないからです。

債権が譲渡されるタイミングについては様々で、最後の返済から5年が経過する前に債権回収会社に譲渡される場合もありますし、5年経過後に譲渡されている場合もあります。もし、5年経過後であれば消滅時効の援用通知は債権回収会社に送付することになります。

債権が他の会社に譲渡されたとしても、時効は5年のままです。
新たに時効期間の開始という事にはなりません。

時効の援用

Free photo: Clock, Time, Stopwatch, Wrist Watch - Free Image on Pixabay - 95330 (11631)

借金を帳消しにするためには、時効の制度を利用するという意思を貸主に伝えることが必要です。

返済をしない状態を何年か継続する
時効の制度を利用することを貸主に伝える
この2点が借金を帳消しにするために絶対に必要です。
少し専門用語を使いますと、借金を時効を使って帳消しにすることを「消滅時効」時効の制度を利用することを貸主に伝えることを「消滅時効の援用」と言います。

時効の援用というのは、この債権は時効ですよと債権者に伝えることです。
それによって借入金は時効を迎えることが出来ます。
時効の援用をしないと債権はそのままです。

債務の承認はしない

Free photo: Document, File, Business - Free Image on Pixabay - 1446078 (11632)

そもそも債務の承認って?

では、そもそも債務の承認とはどういったことを言うのでしょうか?
債務の承認とは、その言葉のとおり、相手への債務を承認することをいいます。ここで重要となるのは言葉の意味ではなく、「どういった行為によって債務を承認することになってしまうのか?」についてです。以下に列挙しましたので事項で詳しく見ていきましょう。

・請求によって債務の一部を支払う行為(詳しくは「時効成立後の借金を支払ってしまったら?」)
・請求によって債務を認める念書を交わす行為
・請求によって債務の返済猶予を求める行為など

時効期間というのは、債権があることを知らなかったという期間のことになりますので、債権が遭ったと言う事を少しでも承認してはいけません。
いつか返しますなどは時効の中断になります。
そして注意が必要なのが、時効の援用をする際に債権者に通知を行う際に、文書で通達を行うのは債権の承認と見なされますので、文書の中にこれは債権の承認をする物ではないと記載しなければいけませんよ。

時効完成後の返済

Free photo: Euro, Money, Currency, The European - Free Image on Pixabay - 1557431 (11634)

 さらに問題となるのは、10年経って消滅時効が完成したあとで、借金の一部を弁済してしまったり、弁済を待ってくれと言ったらどうなるか。

最高裁は判例を変更しました。すなわち消滅時効完成後に債務者が一部弁済すれば、債権者としては、もはや債務者には時効を援用する気は無くなったと信頼する。だからそのあと債務者が消滅時効を援用するのは、債権者の信頼を裏切るものであり、信義則上消滅時効の援用はできないと理由づけを変えたのです(最判S41.4.20)。

消滅時効が完成した後に返済をしてしまっても、時効の援用は出来なくなってしまうと言う点にも注意をしておきましょう。時効の援用はスタートしてしまうとまた長い年月がかかってしまいます。
時効の援用をする際は、債権の承認だけはしてはいけません。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |