高度なスキルを身に付けたいと思っている看護師さんは<救急外来>へ転職してみては? | キュレーションメディア

高度なスキルを身に付けたいと思っている看護師さんは<救急外来>へ転職してみては?

救急外来看護師さんは、命を助けるべく補助を行うのが仕事の中心となります。患者さんの容体は刻一刻と変わっていきますので、常に容態を確認しながら救命第一に考えて行動する必要があります。

毎日緊張の連続になってしまう救急外来ですが、でもやりがいがある職場だと思います。身内に何かあるとまず夜中にでも救急外来へ飛び込む事になり、そして必死に介護してくれる看護士さんの姿を見る訳です。その姿は本当に天使!大変な仕事ですが転職する価値のある職場だと思います。どんな仕事をするのか理解して転職してください。

高度なスキルを身に付けるには?

 (5387)

via goo.gl
救急外来に転職しましょう。

入職する病院の救急の程度によって異なります。二次救急、三次救急によっても患者の搬送具合が異なりますし、求めれれる看護技術や知識、家族対応など幅広い分野に長けている必要があり、経験年数を積んでからのほうが視野が広くもてると思います。

救急看護とは

 (5401)

救急看護の仕事は、救急処置が必要な人々への看護活動と言うことができます。

一般に、救急医療施設で働いている看護師の実践と解釈されることが多いですが、医療施設以外(例えばドクターヘリや災害現場など)でも救急看護の実践活動があります。

救急看護師の働く場

 (5400)

救急看護師は、救急医療施設で働いています。日本の救急医療施設は、24時間365日救急診療ができるように、患者さんの重症度に応じて初期、二次、三次と段階的な整備がされています。

初期救急医療施設とは、病気やけがの程度が軽い患者さんに対応するところで、休日夜間急患センターや休日外来診療をおこなっているところになります。二次救急医療施設は、初期救急医療施設の機能に加えて、中等症、重症の患者さんにも対応できる施設で、入院の必要な救急患者さんを受け入れているところです。

三次救急医療施設は、初期と二次救急施設では対応困難な重症患者さん(心肺停止、重度外傷、脳卒中、心筋梗塞、広範囲熱傷など)を受け入れているところで、救命救急センターと呼ばれるところです。

救急医療で患者の重症度を判断するトリアージナース

 (5419)

救急外来には、年間におよそ40,000人の患者が来院します。診察の順番を待っている間に患者が待合室で急変し、救命できなかったケースも多々ありますが、看護師がトリアージを実施した場合は、待合室での急変は無く、心筋梗塞などの重症患者を待たせずに対応していることが記録の調査から明らかになっています。

トリアージとは?

 (5422)

病院に搬送されてきた救急患者が「今すぐ」医師の治療を必要としているのか、あるいは「少し待てるのか」、待合室にいる間に「容態は急変しないか」など、初期の迅速な判断を行って患者を振り分けることは、一人でも多くの命を救うためにも非常に重要です。

トリアージは「選別」を意味するフランス語ですが、医療の領域では、血圧や呼吸数、脈拍などを計測して、症状が深刻、あるいは状態が悪化する可能性の高い患者など、緊急性のある患者から順番に医師の診察を受ける流れを作る能力を備えた看護師のことを「トリアージナース」といいます。

救急外来で働く看護師の仕事内容・役割

 (5426)

救急患者の対応

夜中に突然具合が悪くなった人、交通事故で運ばれてきた人など、救急外来にやってくる患者さんの症状は様々です。そこで働く救急外来の看護師は、患者さんの状態を見てすぐに的確に判断し、重症度をはかり行動します。

緊急時、医師がいない状態の時もあるため、看護師の判断で出来る範囲の救急処置を実施し、医師が必要とする薬剤・物品を予測してあらかじめ準備しておくことも必要です。それを実施するためには、的確な処置を瞬時に判断できる能力と、判断するための多くの知識が求められます。

治療するに必要な情報を収集する

 (5427)

どのような状況で事故が発生したのか、容態が変化する前はどのような状況だったのか、既往歴はあるのか、その患者を診察・治療する上で必要な情報を家族から聴取します。突然のことで、動揺している家族から状況を聴取することは大変でもありますが、その必要性を説明し聞き取ることは、治療を進めていく上では大切なことであり、看護師の重要な仕事の1つです。

さらに、気道確保・血管確保、採血、酸素投与など様々な救急処置と並行して、情報収集などは同時進行で進めていかなければなりません。その情報が、救急処置を行う上で重要な項目であることもあるため、看護師の役割は非常に大きいです。

患者さんがやってきてからの仕事

 (5431)

患者さんは苦しんでいますので、医師と連携しながら応急措置を行います。気道の確保や血管の確保などを同時並行的に進める場合もあります。

それと合わせて、意識がある場合は患者さんご自身、またご家族から既往症の有無や、発症時の状況などを詳しく聞きます。当然動揺している場合もありますので、落ち着いて話をできる環境を作ってあげるのも仕事の1つです。

救命措置が終わってからの仕事

 (5433)

場合によっては緊急手術などを行わなければいけない場合もありますし、状況を飲みこめておらず、あわてて精神的に不安定な状況にある患者さんやご家族に、いまの状況を説明し、落ち着いていただくことも重要な仕事です。

緊急処置が終わり、とりあえず症状の悪化が食い止められたら、今後の医療方針についても説明していくことになります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |