〈育毛剤・発毛剤・発毛促進剤〉これってどう違うの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

〈育毛剤・発毛剤・発毛促進剤〉これってどう違うの?

この違いをしっかり抑えておかないと、ご自身がどれを使ったらいいのか間違ってしまいます。しっかり抑えておきましょう。

薄毛が気になる。育毛剤・発毛剤・発毛促進剤、どれを使う?

育毛剤 - Google 検索 (45)

現代において、薄毛に悩む方はとても多いです。そのため薄毛対策の用剤が多種多数開発販売されていますが、このような薄毛対策の用剤には、育毛剤や発毛剤、養毛剤などさまざまな種類があります。
この違いをしっかり抑えておかないと、ご自身がどれを使ったらいいのか間違ってしまいます。

間違ったものを使うと本来の効果が発揮されない可能性があります。

しっかり違いを学んでご自身に合ったものを使用しましょう。

育毛剤

育毛剤 - Google 検索 (44)

育毛剤というのは何種類かあり、血行を促進して頭皮の状態を整えるものや、脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制するもの、また頭皮の脂肪分や毛穴汚れを除去するもの
などがあります。
しかし、どのタイプの育毛剤もすぐに効果が出るというものではないのです。
また育毛剤は正しい使用方法で使わなければ効果が出にくい場合がありますから、使用する時のコンディションや使用容量を正しく守って使うようにしましょう。
・育毛剤・・・髪の毛の成長を手助けする
育毛剤 - Google 検索 (51)

育毛剤は今ある髪の毛が健やかになるように、髪の毛も頭皮も同時にケアできる成分構成になっています。 髪の毛そのものにも効き目がある成分と、頭皮や毛母細胞の活性化もはかれる商品といえます。
よりはげがすすんでいて、自分の髪の毛がほとんどなくなってしまった方のケアには発毛促進剤を使って、頭皮や毛母細胞の働きをより高めてくれる成分が強い商品を使ったらいいでしょう。

発毛剤

育毛剤 - Google 検索 (46)

・発毛剤・・・毛がない部位からも発毛させる
塗布する発毛剤

脱毛の大きな原因の一つに男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑制することがあげられています。ミノキシジルは、この男性ホルモンの働きを抑えてくれる作用があり、また、毛細血管拡張作用により、毛母細胞を活性化させ、発毛促進をさせる作用があることがわかっています。ミノキシジルの効果が表れるには、最低でも 6ヶ月前後の継続使用が重要といわれています。
現在、国内では唯一の発毛剤で、生活改善薬(外用薬)として一般小売店でも購入することができます。

飲む発毛剤

日本国内では、2005年に初めての飲む発毛剤の発売が開始されました。男性ホルモンが原因の脱毛症治療のための経口薬、つまり飲むハゲ治療薬です。一般名ではフィナステリドと呼ばれています。フィナステリドを飲むと、頭皮の男性ホルモン、ジヒデロテストステロンの生成を阻害し、服用を続けて6ヵ月程で脱毛が減りはじめると言われています。しかし、フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬で、どのタイプの脱毛症にも効果があるわけではありません。

発毛剤には塗るタイプと飲むタイプがあるんですね。

・発毛促進剤

育毛剤 - Google 検索 (47)

・発毛促進剤・・・髪の毛や頭皮に栄養を与える
発毛促進剤とは今ある髪の毛ではなくて、薄くなって抜けてしまった髪の毛をまた新しく生えてくるように促す効果がある商品です。 かなりはげや薄毛の症状のすすんだ方に使っていただきたいアイテムです。

発毛促進剤とは、毛髪が抜けた後、新しい毛髪が生えてくるように、毛母細胞の働きを活性化させる成分を中心に構成された商品です。

一般に頭皮・髪の効能成分の分類は、 男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化 の10種類に当てはまります。 このうち、発毛促進は、毛母細胞活性、血管拡張への効能を主に狙ったヘアケア商品ということです。 価格に対しても発毛を中心にしているので、平均的な養毛剤や育毛剤よりやや高めの商品が多いのが特徴です。

育毛剤 - Google 検索 (49)

発毛促進剤は髪の毛がすでに抜けてしまいなくなった方が使うのに効果が高い成分が入っていますから、髪の毛そのものではなくて、頭皮や毛母細胞に働きかけていきます。
髪の毛のはげは髪の毛ばかりに原因があるのではなくて、頭皮の部分や毛母細胞の働きが大きく関係しているからです。

どんな人がそれぞれの育毛・発毛アイテムを使うべきか?

育毛剤 - Google 検索 (48)

すでに薄毛になっているのであれば、
発毛剤と育毛剤を利用すべきです。双方の併用でも構いません。

まだ薄毛になっていない人は、
予防として医薬成分を含んだ発毛剤を使ってはいけません。
副作用が出てしまうリスクもあるからです。

予防として育毛・発毛アイテムを使うのであれば、
育毛剤か発毛促進剤がおすすめです。

薄毛の方は、発毛剤と育毛剤を利用するべきなんですね。
まだ薄毛になっていない方は気にしすぎで発毛剤を使うと副作用があるなんて驚きです。

でも発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いはまだ他にもあるんです。

発毛剤・育毛剤・養毛剤の薬機法(旧薬事法)分類

発毛剤は「毛のないところに毛を生やす」という強い効果があります。
これは医薬品に分類されるものが多く、その成分内容によって第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品があります。

次に育毛剤は「脱毛予防と毛の保護、成長促進」が目的です。医薬部外品に分類されることが多いです。中には有効成分が少なく、医薬部外品として認定されないものも含まれますので注意しましょう。

最後に養毛剤は、化粧品に分類される商品が多いです。
有効成分が含まれていないため、医薬品や医薬部外品にはなりません。
そして、効き目が育毛剤よりもおだやかです。

以上、発毛剤、育毛剤、養毛剤には薬機法上の医薬品、医薬部外品、化粧品という分類上も明確な違いがあります。

育毛剤・発毛剤・発毛促進剤の手に入りやすいのは?

育毛剤 - Google 検索 (50)

・育毛剤・・・ネット通販・ドラッグストア等
・発毛剤・・・医療機関(発毛クリニック含む)・個人輸入代行サービス
・発毛促進剤・・・ネット通販・ドラッグストア・ディスカウントストア・スーパーなど

最も手に入りやすいのが発毛促進剤です。
特殊な成分が含まれているわけでもないので、
サプリメント(栄養補助食品)と同じように気軽に販売できるのです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |