利益確定のポイントを探る | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

利益確定のポイントを探る

FXで儲ける理屈は簡単です。
安い時に買って、高くなったら、つまり相場が上がりきったところで売れば儲かります。
でも、いつが一番安いのか、いつが一番高いのかは、後からチャートを見て分かる事。
取引している最中には分からないのです。

一体どのタイミングで利益確定すればいいのだろう・・・ FXプレーヤーであれば誰もが知りたい答えですね。

魚の頭と尻尾はくれてやれ

3
http://fx-works.jp/atama_sippo/

頭というのは最高値(天井)の事を指し、尻尾は最安値(底)の事を指します。

この格言の意味は、欲を出し過ぎて天井や底を狙うような事をせず、真ん中の身だけで満足しなさい。腹八分目にしておきなさい。ということを言っています。

FX取引をしている人の中には、どうしてもこの天井と底を同時に狙おうとする人がいます。確かに天井や底を狙って、買いや売りが成功すれば最大限の利益を得る事も可能ですが、それは非常に難しいことです。

同じような意味の格言で、「名人は天井売らず、底買わず」というものがあります。この格言が言っているように、どんなに優秀な投資家でも天井から底まで全てをとることはできません。ですから、投資で成功するには「諦め」という感情も大切です。

http://fx-works.jp/atama_sippo/

FX取引をしている方だったら、多分何度もこういう経験をしておられるでしょう。「今が最高値、天井」そう考えて手持ちの玉を売ったら、売ったとたんに値が急上昇して、もう少し売りを我慢していたら・・・ という経験です。

こういう事は、FXプレーヤーだったらみんな経験しています。

利食えたならいいじゃないか、先は長いんだから、気楽にいこうぜ!

そういった先人からもメッセージが、この格言には込められている気がします。

事実、FXは、1回や2回で勝負が決まるわけではありません。
何千回、何万回というトレードの中でトータルで利益を上げるのが目的ですから、それが実践できているのであれば、そんなに細かいことは気にする必要はないと言えます。

 http://cityville-fan.com/we-never-need-head-and-tail-of-fish.html

今しかないというタイミングはないと思え

最大限伸ばそうと思ったら反転を待つ必要がありますしポイントで利食おうと思ったらまだまだ伸びていく可能性をわざわざ捨てているのでさらに伸びたときは取れません。

私も利確にはかなり悩まされましたが、わかったのは両方を得ようとするとうまくいかないということです。

なので、「良いタイミングというのはない」と考えるのが正解です。

http://mentaltrading.biz/diary/%E6%90%8D%E5%88%87%E3%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%80%82%E5%88%A9%E7%A2%BA%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84.html

結局「最良のタイミングはない。どんなトレードでも常に利益確定にはミスがある」「全部は取れない」と考えたほうが気が楽です。

http://mentaltrading.biz/diary/%E6%90%8D%E5%88%87%E3%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%80%82%E5%88%A9%E7%A2%BA%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84.html

ちょっと利益確定が早すぎたなあ・・・ チャートを見ていてそう思っても、利益は取れたのだからと自分を納得させて、気持ちを切り替えて次のトレードに向かいましょう。

指値注文で事前に利確ポイントを決めておく

株式チャートとパソコン
http://stratejikdusunce.org/about/timing/

投資では、「感情を抑える」ことが大切です。「過去のデータ」や「勝率」、「利益分」などを数値化して、個人の感情に左右されることなく、「うむ、このタイミングがベストだな」とニヒルに決断することが重要なのです(笑)。

しかしこれが難しいものです。人間誰でも「欲」はありますし、「もう少し待っていれば…」という感情が出ることは自然なことと言えるでしょう。そこで、そんな感情に左右されることなく、「データ的な判断」を出せるよう、「指値注文」と「逆指値注文」を使いこなせるようになることをオススメします。

指値注文とは、「1米ドル=100円」の状態で米ドルの買い注文を入れたなら、「101円になったら自動的に売ります!」と機械に設定しておくことです。こうすることで、「もう少し待てば…」というあなたの感情に関係なく、「101円」になれば自動的に売り注文が入る仕組みです。

http://f40.jp/fx-market-view/leave-order.html

事前に利益確定ポイントを決めて指値注文を出しておくと、もっと上がるかもという欲に左右されずに利益確定できます。

利益の目標金額を設定する

たとえば、100万円を元手に10万円の利益を1年間で稼ぎたいと言うような方は、100,000円÷365日=1日273円、1週間でも1,911円の利益を上げるだけで良いのです。

これなら出来そうな気がしませんか?これを頭に入れ、トレードをしていれば、ポジションを持ったときに利益が出ても「もっと持っていたらもっと利益が出るかも・・・」と思うより「今週の目標利益は達成したから利益確定するかな?」と思えるようになるのです。

http://www.fx-voice.com/start/mokuhyou/01.html

目標が明確であれば、欲が出て利益確定のタイミングを逸する事もなくなります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |