〈子育てママの決断!〉院内託児所と保育園どっちに入れよう・・・! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

〈子育てママの決断!〉院内託児所と保育園どっちに入れよう・・・!

院内託児所と保育園。どちらにもメリット・デメリットがあります。子供たちの大切な時間・・・どちらに入れたほうがいいのでしょう。

預けやすさ・職場との距離。

ママナース - Google 検索 (6347)

文字通り、院内託児所は病院内(病院に隣接している場合もあり)に設置されています。
外部の保育園に預けるよりも、職場と子供の距離が近いことから、

「朝、子供を預けたらすぐ仕事に行ける。仕事が終わったらすぐ迎えに行ける」
「休み時間に授乳に行ける」(授乳不可の場合も。利用前に要確認!)
「子供が急に体調を崩したり怪我をした際、すぐ駆けつけられる」
といったメリットがあるようです。

何かあったらスグに駆けつけられる
子供が病気やケガをしてしまった時なんかには、すぐに駆けつけられるというのが
院内託児所に預けるお母さんの一番のメリットかもしれません。
また休憩時間に授乳にいける病院もあるため子供が近くにいる安心感もあります。
距離や何かあったときの安心感は院内託児所のほうが便利ですね。

休み時間にのぞきにいけるというのは小さな赤ちゃんや幼児さんのママにはありがたいです。

利用料金はどちらのほうがお得?

ママナース - Google 検索 (6348)

院内託児所のイメージです。
院内託児所は、外部の保育園より利用料が安い場合が多く、月額約2万円前後、中には無料の所も!
外部の認可保育園の場合、地域や子供の年齢によって異なりますが、月額2~4万円は下らないようです。

また、認可外保育園の場合、認可保育園より利用料が高額で、数万円の入園料が必要な場合もあります。
家計への負担が軽いという面でも、院内託児所にはメリットがあると言えそうです。

通常の保育園では月額2~4万円の保育料がかかりますが、
院内託児所は平均月額1~2万くらいの保育料で預けることが出来ます。
また、中には福利厚生として無料で預けられる院内託児所がある病院もあります。

預かり時間や融通は?

ママナース - Google 検索 (6350)

外部の保育園では、夜勤時間帯に子供を預かってもらうことはなかなか難しいもの。
一方院内託児所の中には、24時間保育を行い、夜から朝まで子供を預けられる所が少なくないようです。

また、残業でお迎えが遅れても、多少の遅れであれば延長料金などを請求されないことが多いとか。

保育園では日中しか預かってもらえないため夜勤の時の預け先に困りますが、
病院と併設されている院内託児所であれば24時間預けられるところも多いので
夜勤もやっているママさんナースにとっては非常にありがたいです。
24時間保育を院内託児所ではなく、保育園にお願いしようとするとかなり難しいことです。

これなら安心して夜勤のあるシフトに入ることが出来ますね。

教育や行事の面では?

ママナース - Google 検索 (6351)

「将来同じ小学校に通う友達ができる」
「広くて思う存分遊ばせられる!」
「院内託児所に比べて、遠足や親同士の懇談会などイベントが多い」
などがおすすめポイントのようです!
院内託児所では庭がないところも多いため、外遊びが出来ないことが多いです。
行動範囲が狭い年齢の時は、それでもいいかもしれませんが
3歳くらいになってくると、物足りないと感じるようになるかもしれません。
施設によって異なりますが、院内託児所は、外部の保育園に比べて規模が小さいため、敷地が狭い傾向があると言えます。子供の成長に伴って、のびのび遊べる外部の広い保育園に転園する人もいるようです。

また、「ただ預かるだけ」で、教育らしい教育をほぼしない施設もあるので、できれば利用前に見学し、子供たちの様子や教育方針を確認することをお薦めします。

保育園では遠足や食育・英語の授業などを取り入れているところもあります。

それに比べると院内託児所は「預かってもらうところ」という印象はぬぐえません。

ママ同士の人間関係は?

ママナース - Google 検索 (6352)

院内託児所に子供を預けているのは、皆同じ病院で働く職員たち。そのため、

「子供を通じて我が家のプライベートが筒抜け状態に」
「感染症が蔓延すると、『発信源はどの子!?』とお局ナースがうるさい」
「娘が苦手な先輩の子供と仲良しで、今度お家に行きたいとせがむ・・・」
など、人間関係に悩む方が少なくないようです。
職場と切り離されている外部の保育園の方が、人間関係は楽と言えるのかもしれません。

保育園は同じようなワーキングママが集まっています。

仲良く慣れれば仕事の愚痴や小学校など地域情報を共有することもできて

いい関係を築けているというかたも多いようです。

転職期間中やお休みの日は?

ママナース - Google 検索 (6349)

「子供を保育園に預けたいけど、仕事が決まっていないと利用できない?」これ、実は大きな誤解。

保育園の利用条件を見ると、「仕事を探している人(入所後3ヶ月以内に就職することが条件)」も保育園を利用できるという表記が!将来働く意思があれば、仕事が決まっていなくても利用が可能なんです。

お休みの日、院内託児所は利用することが出来ませんが保育所なら預けることも可能です。

ちょっと私用で出かける用事があるときや体調不良のときなどは保育園のほうが

心置きなく預けていくことが出来ますね。

〈こんなケースも〉2歳まで院内託児所で3歳から保育所。

ママナース - Google 検索 (6353)

これらのように院内託児所は保育園と比較してみても、
メリットもあればデメリットがあるためお母さんとしては悩むことも多いですよね。

よくあるケースとしては2歳くらいまでは院内託児所で預けておいて、
3歳になったら保育園に預け始めるという人も多いようです。

3歳くらいになってくると、どうしても行動範囲も広くなってくるため
外遊びや集団生活に慣れるためにも保育園が良いのかもしれません。

三歳を過ぎるとどうしても室内では運動不足になったりストレスになるケースもあります。

3歳から保育園もしくは幼稚園とその幼稚園の延長保育に入れるというケースはとても多いのです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |