振袖や着物にピアスはOK!?大丈夫なアクセサリーは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

振袖や着物にピアスはOK!?大丈夫なアクセサリーは?

晴れやかな場での礼装として人気の振袖、卒業式や成人式にと袖を通す人も多くいます。せっかく綺麗な着物を身につけたのだから、もっとおしゃれをしたくなるのが女の子というもの。しかしせっかくおしゃれをしてもマナー違反にならないように気をつけなくてはいけません。ここでは礼装の時のアクセサリーについて考えてみましょう。

礼装用の着物の場合、基本的にアクセサリーはつけない

■礼装用の着物には、「振袖、訪問着、附下げ、色無地、色留袖、黒留袖」などがあります。

○結婚式→未婚は振袖、既婚、黒・色留袖(一親等)
○葬式→黒紋付き

○結婚式、入学式等→未婚は振袖、訪問着、既婚者は色無地(家紋付き)、附下げ(親せきや友人)

礼装用の着物の場合、アクセサリーを身に着けるということはあまりしません。つけたとしても結婚指輪等のどうしても必要なものや、平らな素材のシンプルな指輪が限度。

大き目な、特に揺れるような素材がついたピアスやイヤリングなどは、顰蹙を買う恐れがあるので注意しましょう。どうしてもピアスを付けたい場合はプチサイズのシンプルなピアスならOK。

イヤリングは金具がさらに目立つので、小さ目サイズで金具もまだタイプにしましょう。

ピアス以外のアクセサリーは?

いくら可愛くても…腕時計はマナー違反

カジュアルな小紋になら、華奢なデザインの腕時計ならOK

腕時計、ネックレス、ブレスレットともにNGです。

何もつけない方が袖口から手首にかけて、とても美しく演出してくれます。腕時計が便利だからと、礼装の着物の時に身につけてしまうと、誰かに注意されるかもしれません。

着物のアクセサリーと言えば小物

着物のおしゃれの基本は、着物と小物で華やかさを演出するところです。
ピアスやイヤリングで揺れるほどの大きなアクセサリーが使えない分、かんざしは揺れる素材のものを使用してみると、ぐっと顔周りが華やかになります。

髪型と着物の雰囲気に合わせてかんざしをチョイスしましょう。

髪型で盛って、かんざしをシンプルなものにしてみるのもかえって可愛いかも。
長い髪の人はチャレンジしてみてください。

礼装の振袖には、それに負けない華のあるかんざしをつけましょう。
髪の色合いや顔のベースの色によって、似あう色合いがあるので、かんざしを選ぶ際は顔の近くで合わせて肌の色となじむかどうか、よくチェックしてみることが大切です。

顔立ちや顔の形によって、かんざしの大きいものがより似合う人、小さいサイズの方が顔がしまって見える人もいます。通販やネットで購入するのもいいですが、似たようなかんざしを実店舗で試してみるのも重要。自分に合ったサイズを頭に入れることで、より似合うかんざしを手に入れることができますよ。

伊達襟や半襟で遊ぶ

黒い伊達襟で着物の色合みがしまり、色のコントラストがはっきりして赤い着物生地がより映えます。
黒は強い色なので、合わせる着物の色味のバランスを取ることが重要なポイント。

黒い着物には、白い伊達襟がオーソドックスです。
それ以外にも着物の柄にある色を使用することがあります。

襦袢に伊達衿をつけることで、上に着る着物をさらに華やかなものに演出してくれます。
全体着物の色味をみて決めるのがポイントです。

伊達襟の選び方は、同系色からではなく「差し色」の意味合いが強いので、帯や着物の生地と調和になるような色合いやデザインを選ぶといいでしょう。

礼装用の襦袢を揃える

振袖の襦袢の場合、大半が上のような淡いピンク色。
淡いピンク色の襦袢が多用されるのは、ピンクの色味が強くないのでいろんな色と調和がすることが簡単。

襦袢は淡いピンク色ばかりではなく、白や他の淡い色の襦袢も存在します。

珍しいですが緑色の襦袢もあります。黄色の着物に淡い緑色の襦袢を合わせることもあります。
上に着る振袖と合わせて襦袢は一緒に作るぐらい、襦袢は外からはあまり見えませんが重要なポイント。

襦袢の色や風合いも振袖の裾の合わせや腕の隙間から見えるので、見えないところこそ気を使う必要があります。

礼装用の着物には礼装用の襦袢を合わせます。
礼装用に使われる素材はシルク素材の光沢があるものがほとんど。

着物の袖口から襦袢が見えてしまうので、襦袢と着物を合わせるように着ます。

また帯の色を考慮して全体のバランスを生かす色合いを伊達衿同様に挿し色として入れるとぐっと着物が引き締まり「特別な日の装い」にと、さらにグレードアップ。

このように礼装用の着物を着る場合は、貴金属をあまり身につけるのではなく、小物で華やかさを演出するのが着物を着る上でのマナー。

着物を着るうえで一番重要なことは「調和」です。色の足し算と引き算によってバランスをとることが、着物を上手に着るテクニックです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |