【高い栄養価】ブルーベリーってこんなにすごい! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【高い栄養価】ブルーベリーってこんなにすごい!

疲労回復や病気予防によく効くというブルーベリー。体に良いことは分かっていてもブルーベリーについて詳しいという人は少ないですよね。その歴史や効能をまとめてみました。高い栄養価を誇るブルーベリーについて知りたい方は、ご一読ください。

ブルーベリーに含まれる抗酸化作用は数ある果物や野菜の中でもズバ抜けているので、キレイな肌を保ちたい女性のみなさんは、特に意識してブルーベリーを摂取していきたいところですよね。
ブルーベリーを含む、約40種類の果物と野菜の抗酸化作用を比較する研究を行った結果、「ブルーベリーが最も高い抗酸化作用機能を持つナンバー1ランクの食物であり、その抗酸化作用はビタミンCなどとは別の構造を持つ化学構成式である。」ということを発見しました。
美肌のためにも、ブルーベリーは意識して取り入れたい食物と言えます。
ブルーベリーは北アメリカ大陸が原産で、古くから貴重な栄養源としてブルーベリーを食べていたとされていますが、歴史としてはっきりと登場するのは1620年頃からです。ヨーロッパ大陸からアメリカへと移住してきた人々が
食糧不足に困っていた時に先住民からブルーベリーの乾燥果実やスープを分けてもらったことがきっかけになります。ブルーベリーのおかげで移住民は生き延びることができたためアメリカではブルーベリーを「命の恩人」と呼んでいるのだとか。

ブルーベリーが日本に伝わったのは戦後すぐの1951年。「ブルーベリーの父」とも呼ばれる東京農工大学の故 岩垣駛夫教授らが日本での栽培を研究し1968年には東京都小平市に日本発のブルーベリー栽培園が作られます。
本格的に日本で栽培が行われるようになったのは1980年代からで2000年代になってからの健康ブームによって広く認知・利用されるようになりました。

ブルーベリーには美肌効果もある

サプリメントなら少量の摂取で済むのが嬉しいところですよね。あとは、ブルーベリージャムをパンにつけて食べたり、ヨーグルトと一緒に食べたりするのも美味しくブルーベリーを摂取する方法のひとつとして知られています。特にヨーグルトについては、乳酸菌など栄養価に優れている食物なので、ブルーベリーと併せて摂取するのは大変効果的です。
ブルーベリーを効果的に摂るなら、毎日手軽に飲めるサプリがお勧め!

ブルーベリーの効果的な摂取方法は、やはりブルーベリーの栄養成分が凝縮されたサプリメントを利用するのが効果的で確実な方法です。新鮮な果実を生のまま食べるというのは、出回る季節や食べる量、金額で考えてみても難しいこと。サプリメントなら手軽に、そして確実に必要な成分を摂ることが出来ます。生の果実に比べたら価格もお手頃です。毎日手軽に摂れて続けやすいのが一番ですよね。

ブルーベリー果実の効果と効率的な摂取方法【管理栄養士が解説】

ブルーベリーのおすすめな摂取法

日本でのブルーベリーの歴史はまだ浅いですが、アメリカではすごい昔からブルーベリーの偉大さが認知されていたんですね。命の恩人と呼ばれるほどに人々に感謝されてきたブルーベリーは、その名に恥じない効果をもたらしてくれます。では、ブルーベリーは人体にどういった影響を及ぼすのか見ていきましょう。

ブルーベリーの歴史は400年近くも前から始まった

疲れを取ってくれたり、病気を未然に防いでくれたりと、ブルーベリーには実に優れた効能があるんですね。きれいな青色の果実は見た目的にも食欲をそそられるという方が多いのではないでしょうか。海外だけでなく、近年では日本でも通販でブルーベリー関連のサプリメントなどが多くみられるようになってきました。
果実が美しい青色だったことからブルーベリーと名づけられました。小さな実のなかには何種類ものビタミンやミネラル、食物繊維などがたっぷりと含まれており、古くからネイティブアメリカンの間で疲労回復や病気予防に役立てられていたそうです。

そんなブルーベリーが世界的に広まるきっかけになったのが、第二次世界大戦中の1940年代頃。ブルーベリーを毎日食べていたイギリスのパイロットが「夜のフライトでも視界がハッキリしていた」と語ったことから研究が進み、その結果、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが視力回復にいいということがわかったのです。

その後、果物のなかではトップクラスの抗酸化力、血管や胃潰瘍などへの効果が立証され、健康食材として世界中でブームに!同じツツジ科のビルベリーはブルーベリーよりもさらにチカラが強く、ヨーロッパなどでは医薬品として利用されています。

ブルーベリーの名前の由来とカラダに良い影響及ぼす主な効果

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |