米雇用統計とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

米雇用統計とは

FX取引において、アメリカドルの動きはとても重要です。
全ての通貨に影響があると言っても過言ではありません。
その中で、アメリカドルの変動が大きくなるのが米雇用統計の発表です。

米雇用統計について

非農業部門雇用者数(Non-farm Payroll)とは、米労働省労働統計局が発表する統計の事で、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計されたものです。自営業、農業従事者を含まず、対象事業所は約40万社・従業員数約4700万人で、全米の約1/3を網羅していると言われています。米国の雇用情勢を計る、経済指標の中でも最重要な指標です

http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9031
lgi01a201501221000
http://free-illustrations-ls01.gatag.net/images/lgi01a201501221000.jpg

多くの経済指標がある中でも、米雇用統計の中にも、非農業部門の雇用者数というのが、世界の投資家たちが注目する指標の一つです。
FXは米ドルに対してその国の通貨の価値を決めることがほとんどですので、アメリカが発表する経済指標は、とても重要になります。

米失業率

雇用統計の中で、非農業部門雇用者数と並んで最も注目される指標のひとつ。失業率は、「失業者÷労働力人口×100」で定義される

http://fx.minkabu.jp/indicators/01035

雇用統計の中には、失業率も重要視されます。
非農業部門部門の雇用者数と失業率の両方の指標を一般的に雇用統計と言います。

発表時間

『米雇用統計』は、いろいろな経済指標があるなかで、最も注目される経済指標である。
毎月、月初めの金曜日、ニューヨークの現地時間8:30にアメリカの労働省から『米雇用統計』が発表されている。
『米雇用統計』の発表時間は、4月から10月の夏時間では日本時間は21時30分、11月から3月では日本時間は22:30となる。

http://www.commodity.co.jp/naruhodo/?p=1904

米雇用統計は、毎月発表されます。
日本では、夜間に発表されますので、多くの日本人の方も発表の瞬間に立ち会える指標です。
この時間は、相場がかなり動きますので、発表時間だけは覚えておかなければいけません。

相場の変動幅

雇用統計発表直後の為替相場の平均変動幅は、ドル円で42pipsとなっています。
最も為替相場に大きな影響を与える指標ですので、平均値でかなり大きな数字になります。極端に予想との数値が乖離していたり、前月分の修正幅が大きいと、一瞬でドル円が1円以上動くこともあります。

失業率よりも非農業部門雇用者数の方が注目度が高いですが、失業率が予想から数ポイントずれると変動も大きくなります。
失業率が前月と比べ1ポイント以上上下することはありませんが、リーマンショック後には数か月連続で0.5ポイント前後下がる場面も見られました。

【米・アメリカ】雇用統計・失業率


20131022nfp
http://dlmarket-jp.s3.amazonaws.com/images/consignors/76/7646/20131022nfp.png

相場はかなりの幅で動きます。
利益も出やすいのですが、損失も出しやすい時間帯です。

トレードするべきかどうか

結論から言うと、
私は雇用統計での利益を狙ってトレードすることはありません。
しかし、検証した結果、
指標発表などを構わずにいい結果が出ている
ルールがあるとすれば、
それに従うということで、雇用統計も何も関係なくなります。
ですから、そこはご自身の持つルールによって変わります。
もし、雇用統計だけは避けてトレードするのが
ルールなら、それに従わなければいけませんし、
関係ないルールなのであれば、気にする必要はありません。
その辺りは、本当に人それぞれになってきます。

http://hashimotofx.com/%e3%83%8f%e3%82%b7%e3%83%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89/%e9%9b%87%e7%94%a8%e7%b5%b1%e8%a8%88%e3%81%a7%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f/

トレードするのかどうかと言うことは、ご自身の判断によります。
FXトレードで最も重要なのは、自分自身のルールや決まり事です。
米雇用統計で、例えばドルに有利な結果が出たとしても、必ずしもドル高になるとは限りませんが、ドル高円安にはなりやすいというものです。
誰かのせいになってしまうと、いつまでも自分の取引スタイルは確立されませんので、雇用統計は重要なのだなと言うことを知っておくことが大切です。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |