東京市場でFX勝率を上げるなら仲値に注目 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

東京市場でFX勝率を上げるなら仲値に注目

24時間いつでも自分の都合に合わせて取引できるのがFXの魅力です。
サラリーマンは自宅に帰ってからの時間、主婦は午前中や午後の時間などに取引する事が多いでしょう。
日中と夜では、FX取引の戦略を変えるのが勝つポイントです。
日中に為替取引がある東京市場には、日本ならではの特徴があるのです。

東京市場で値動きが活発になる時間

2 
http://fx-works.jp/tokyo/

東京タイムでは「午前9時55分」にメガバンクで、「仲値」と呼ばれる銀行での窓口両替の基準レートが、毎日発表されます。したがって、この時間帯は、ドル円を中心にして比較的活発に相場が動くことが多い傾向にあります。

http://fx-works.jp/tokyo/

仲値とは

仲値は、「TTM」とも呼ばれ、顧客が金融機関で外国通貨(外貨)を売買する際の基準レートのことをいいます。これは、金融機関の毎営業日の午前10時頃に発表されるもので、外国為替市場(インターバンク市場)の取引実勢レートを基準(参考)にして金融機関毎に決定されます。また、本レートは、その後、余程大きな為替変動がない限り、その日一日の間、適用されることになります(大きな為替変動があった場合には変更が行われる)。

http://www.ifinance.ne.jp/glossary/currency/cur007.html

当日の日本の銀行で適用される両替レートの事です。
旅行者が日本の銀行窓口でドルを日本円に両替したり、企業の輸出入決済に適用するレートは、営業時間中は固定のレートで対応します。

東京市場では秒刻みでレートが動いていますが、銀行の窓口でそれをリアルタイムで反映させるのは無理ですからね。

仲値は円安に動く可能性が高い

0 
http://semizika.jp/kawase-2342.html

銀行の立場に立ってみてください。

銀行はこの9時55分の為替レートで丸1日取引をしなければなりません。

銀行は利益を最大化するためには9時55分のレートが少しでも高い(ドル高)の状態だとその日1日のトレードが有利になる

銀行側はより安いレートで米ドルを調達しておきたいということなのです。

結果として、銀行は9時55分になる前の安い状態で大量に米ドルを仕入れるのです。

そうしておけば、この銀行のドル買いによってレートが上がった状態で1日の取引はできるし、ドルが上昇する前の安い価格で銀行は米ドルを仕入れておけるのです。

結果として、9時55分の仲値はドル高(円安)になる! 可能性が高いのです。

 http://海外fx.xyz/report/nakanetrade/

東京市場のスタートから仲値決定の9時55分まで、円安傾向が強いです。
ここを狙うなら、ドル円であまり欲張らずに10~15pips程度が良いでしょう。

円高方向に相場が動いている時でも、9時過ぎからは一旦円安方向に動く日が多いです。
その場合、10時を過ぎると円高に動く事が多いですから、早めの決済がコツですね。

時には仲値を巡って荒い値動きも

銀行がドルを買いまくった結果、9時55分の段階で、レートが上昇(円安)した場合、仲値に比べて低いレートでドルを買うことができたため、そのドルを仲値のレートで顧客に売れれば利益が出ます。

農協の資金を運用している農林中央金庫などは、仲値前にはドル売り円買いをすることが多いなど、他の金融機関も影響しますので、毎回銀行の思惑通りの動きになるわけではありません。

レートを上げたい大口とレートを下げたい大口がいるため、大口同士の殴り合いになり、10時前は為替変動が激しくなる時があります。

 http://www.fxciao.com/fx-beginner/fx-yogo/1364/

この時間帯は主婦のFX取引に向いていますね。
サラリーマンにとっては、午前中の9時30分から10時に掛けてというのは仕事の忙しい時間かもしれません。
リアルタイムで相場のチャートをチェックするのは難しいかもしれませんが、東京市場で取引するのであれば、10時前の動きは要チェックです。

ニュース配信にも注目

予め、仲値決済にどの位のボリュームがあるかといった情報は、各FX業者のニュースでも知ることが可能ですので、情報収集をしていると、動きを事前に掴むことができる場合もあります。ただし、この情報が常に正解というわけではありませんので、参考情報程度に留めておくことが大切です。

 
http://fx-works.jp/tokyo/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |