ブランクが心配な転職なら、介護関係がお勧め! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ブランクが心配な転職なら、介護関係がお勧め!

再就職しようと転職サイトを開いても、ブランクが気になってなかなか思うように進まない・・・。そういった看護師さんには介護がお勧めのようです。高齢化社会を迎えた日本においても貴重な存在となるでしょう。

ブランクがあることで転職・再就職を悩む

看護師求人ランキング【看護師さんの転職にはどんな悩みがあるの?】 (2197)

看護師として復職したいけれどブランクがある事により、なかなか踏み切れずにいる方も多いと思います。最新の医療技術やサービス、法改正等についていけるか、家庭の事情を考慮してもらえるかなど、悩みは尽きませんね。
看護師としての経験はあるけれど、ブランクの期間が長いため、復職してもやっていけるかどうかが不安という方や、ブランクの期間は短いけれど、看護師歴も短く、業務をこなせるかどうかが分からないという方など、ブランクでも様々な悩みがあると思います。
5年、10年とブランが大きい人ほど感じる悩みです。以前と比べても医療技術は大きく進歩していますが、IT技術の発展と伴い、医療器具や医療機械の進歩も著しいものがあります。

人工呼吸器の扱い1つをとっても大きく変わっています。技術の発達で複雑になった部分、簡略化された部分双方ありますが、いきなり使ってくれといわれても戸惑いますし、覚えられないという不安もあるかと思います。

介護施設では医療行為が少ない!

宮崎市の有料老人ホームなみしま・安心快適な介護施設 - iタウンページ (2212)

ブランクのある看護師さんにおすすめの職場の1つ目は、介護施設です。
介護施設は、基本的に治療が必要ないけれど、在宅での生活は困難な方が入所されていますので、医療行為はあまり行いません。介護施設での看護師の主な仕事は、利用者の健康管理です。
老人ホームやデイサービスのようなところです。病院ではないので医療行為を行うことは少なく、利用者の健康管理などが主な業務になるので、ブランクがあっても大丈夫なケースが多いです。
ブランクがある人が介護施設に再就職するメリットは、医療行為がないことと介護士がいるので体力的に楽なことです。
確かに、介護施設では医療行為はほぼありません。介護施設の利用者は、入院加療の必要がないので、日常的に行う医療行為はインスリンの皮下注射くらいでしょうか。
利用者の方一人ひとりと向き合った看護ができる。そういった意味では、看護師としてのやりがいを感じることができるといえるでしょう。
待遇面では、夜勤のない施設が多いようです。家族を抱える看護師の方には、メリットの一つといえるかもしれません。
看護師のお仕事は一般的にバイタルチェック(血圧・体温測定)、点滴、注射、医師の診察補助や検査予約、お薬の使用などを行いますが、老人保健施設や特別養護老人ホームなどの施設では、食事介助・入浴介助・排泄の介助、オムツ交換、リハビリの補助、ドクターへの連絡等の介護業務も含まれます。

介護施設で働く場合の注意点

【KIS】業務用強力瞬間消臭&除菌スプレー・無臭タイプ(安定化二酸化塩素配合)- ハウスクリーニング(お掃除)専門店KIS (2213)

ただし、看護師としてだけではなく、介護士的な業務も行う可能性があります。介護士の離職率が高いのはよく知られています。どこまで、自分がこのようなことを行うのか十分に情報収集をお願いします。
介護施設によっては「看護師も介護士の仕事を積極的に手伝いましょう!」という方針のところがあるんです。

また、介護士が極端に不足していると、やむを得ず看護師が介護士の仕事を手伝わなければいけないこともありますよね。

そういう介護施設に再就職すると、毎日ヘトヘト、腰痛に悩まされながら仕事を覚えなくてはいけないという事態に陥ってしまうんです。

病院の場合は、医療技術の進歩に遅れないようにと、定期的な勉強会や研修等に参加して、スキルアップを図ることができますが、介護施設でそのようなスキルアップを期待するのは難しいといえます。

入居される方をサポートするのは、看護師だけではありません。他にも介護士や作業療法士などと一緒にサポートしていくことになりますので、作業の分担等がうまくいかないと、ストレスを感じてしまうことになります。

求められる医療行為は少ないものの、介護施設では看護師の配置人数が少ないので、看護師ひとりの仕事の裁量が大きくなります。時には医療的判断の責任者を任されることもあるでしょう。そのため、看護師として経験が浅い方やブランクが長い人は、看護師が多くいる職場から始めたほうが良いといえます。

介護施設で働く魅力とは?

介護施設 (2211)

介護の中での看護職は、医療の現場より時間に追われることが少なく、お客様の心配事や不安なことにじっくりと耳を傾けることができること。また、ゆったりとした関わりの中で人生の先輩から学ぶことが多いこと。
ブランクがあり、看護師として復帰するのに不安がありましたが、基礎看護技術を活かして業務するうちに、「いてくれると安心」と言っていただき自信が戻り、自分も必要とされているという実感がもてました。
介護老人保健施設で働く看護師さんの「やりがい」についてですが、やはり利用者さんが
施設内で一生懸命リハビリを続け、家族が待つ自宅へ帰ることが出来た時だそうです。

残念ながら利用者さんのご家族の中には、自宅復帰に消極的な場合が少なくありません。
また思ったように利用者さんのリハビリが進まないケースも多々あります。

そうした厳しい状況にありながら、利用者さんが自宅復帰が出来るまでに機能が回復し、
ご自宅に戻られる方を見送るときは、やはりこみあげてくるものがあります。

介護は日本の課題

高齢者の孤立・孤独死を考える|みんなの介護 (2195)

高齢化社会を迎えた日本、これからもますます高齢者の数は増え続けるでしょう。
そんな日本において介護は大きな問題となっています。
介護施設で働く看護師さんが貴重な存在として注目を集めていくことは間違いないでしょう。

結婚や子育てにおいてブランクが開いてしまった潜在看護師さんが心配する
「現代の医療についていけるのか?」
といった不安。

介護施設であれば医療行為の少なさから、介護施設は適した職場と考えられるでしょう。
ただ、抱えたり支えたりといった力仕事も発生することも否定できません。

さまざまな方面から介護施設での働き方を検討してみてはいかがでしょうか?

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |