【発毛剤と発毛促進剤は違うもの】発毛促進剤は、毛母細胞は本当に活性化させる? | キュレーションメディア

【発毛剤と発毛促進剤は違うもの】発毛促進剤は、毛母細胞は本当に活性化させる?

発毛促進剤とは育毛剤とは異なるメカニズムによって髪を生やすこと目指しています。育毛剤との違いに着目しながら、毛母細胞をどのようにして活性化させるのか調べてみましょう。

発毛促進剤と発毛剤は、機能はほぼ同じだけど違うもの

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
育毛剤と発毛剤との違い
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

発毛と育毛の言葉の違いで考えてみると分かりやすいです。
発毛はすでに薄毛になってしまった人に対して髪を生やすことを狙った商品であり、育毛剤は今ある髪を太く健康に育てていくことを狙った商品です。

しかし育毛剤の中には発毛効果を狙った成分も配合されていることもあります。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
発毛剤と発毛促進剤も違うもの
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

発毛剤と発毛促進剤はどちらも毛母細胞の活性化によって発毛を狙った商品ですが、発毛剤の方が医薬品に分類されるために高い効果が期待できます。医薬品に分類されるため、医師の処方が必要であることも知っておきましょう。

一方で発毛促進剤とは発毛剤と同じようなメカニズムで発毛を促しますが、医薬部外品に属するためにドラッグストアでも購入することができます。

発毛促進に期待!自宅でできる発毛促進術2選とスペシャルケア (1813)

■発毛促進剤(育毛剤)
ほとんどの商品が“医薬部外品”に属されます。
有効成分が含まれていて、発毛促進につながる血行促進の作用なども見込め、毛髪の生まれ変わり・成長を促す働きがあります。

■発毛剤
医薬品に属されます。
塗布タイプと飲用タイプがあり、高い効果が期待できますが、ホルモン系の副作用を伴う恐れもあるので、必ず医師の処方のもとで使用しましょう。
モノによっては女性の使用ができないものもあります。

「発毛剤」とは、「毛母細胞の働きを活性化することで,直接的な発毛効果を狙う」薬のことです。 毛を新たに生やす目的なのが発毛剤で、これは医薬品であり、医師の処方が必要です。 発毛剤で有名な「ミノキシジル」は、女性用にもあります。 しかし、頭皮の弱い女性の場合、肌の炎症・頭皮タダレなどの副作用が多いので、女性の場合、発毛促進剤や育毛剤が人気のようです。

一方「発毛促進剤」は、医薬部外品ですので、医薬品と化粧品の中間的な分類で、効果は認められるけど、医薬品ではない商品です。 少し紛らわしいですが、簡単にいうと、「毛母細胞の働きを活性化することに注力した育毛剤」です。

発毛促進剤とは、毛母細胞を活性化させることに着目

髪の毛が生える仕組み ~毛乳頭と毛母細胞 | はげ(禿げ)に真剣に悩む人のためのサイト (1811)

発毛促進剤とは、毛髪が抜けた後、新しい毛髪が生えてくるように、毛母細胞の働きを活性化させる成分を中心に構成された商品です。
頭皮・髪の効果とは、
男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化
の10種類が存在します。

この10種類のうち、発毛促進剤とは、「毛母細胞活性、血管拡張」などへの効能を主に狙ったヘアケア商品ということができます。

頭皮・髪の効能成分の分類は、 男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化 の10種類に当てはまります。 このうち、「発毛促進剤」は、毛母細胞活性、血管拡張への効能を主に狙ったヘアケア商品ということです。
発毛促進剤は髪の毛がすでに抜けてしまいなくなった方が使うのに効果が高い成分が入っていますから、髪の毛そのものではなくて、頭皮や毛母細胞に働きかけていきます。 髪の毛のはげは髪の毛ばかりに原因があるのではなくて、頭皮の部分や毛母細胞の働きが大きく関係しているからです。
作用する場所は毛母細胞で、これは毛髪を作る細胞になります。
それを活性化することで、休止期になって地肌が見えてしまっている毛穴から、再び発毛を促す効果を持っているということです。
「発毛促進剤」と呼ばれ、毛髪を作る毛母細胞の働きを活性化して、休止期にある毛穴から再び発毛を促す効果があります。 育毛剤、養毛剤が今生えている髪に作用するのに対して発毛剤は休んでいる毛根に働きかけ髪を生やす作用があります。

どうやって毛母細胞は活性化するのか?

血液は体の成長はもちろん髪を生やすための栄養成分も一生懸命に運んでいます。発毛促進剤はそんな血行を促進する作用があります。
頭皮の血液量が増加するということは、頭皮に血液内の栄養が届けられやすくなるということ。
その栄養によって髪を作る毛母細胞やもう乳頭細胞が元気になって活性化(細胞分裂)するといったメカニズムが期待できるようです。
男性の疑問「女子はなぜ連れションをするのか」の最適解 - Ameba News [アメーバニュース] (1825)

毛母細胞は、毛乳頭から栄養や酸素を受け取り、それを養分として頻繁に細胞分裂することで髪の毛となって成長していきます。そして毛乳頭に栄養を届けるのが血液です。

毛母細胞の活性化に成功すれば、髪の毛が生えてくるのです。そのために、頭皮の血液の流れをよくして、毛乳頭に栄養を与えることが重要なポイントになってきます。

「血行を促進して、毛乳頭を刺激!毛母細胞活性化しよう!」

など、よく耳にするフレーズはこういった髪の毛のメカニズムを元に作られているのです。

発毛促進剤には、血管を拡張する作用のある成分が配合されていて、それにより頭皮の内部の血管が広がり、血液が通いやすくなります。

さらに発毛促進剤には、毛母細胞を刺激する根幹細胞エキスなども配合されています。

毛母細胞が活性化し、栄養分が多く流れ込んでくれば、それにより新しい毛髪が生えやすくなるのです。

発毛促進剤を正しく知って使いましょう。

男性を魅了する笑顔の作り方【トレーニング編】|ウーマンエキサイト コラム (1826)

発毛促進剤は毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させることによって、抜けてしまった毛穴から再び毛を生やす効果を期待した商品です。
医薬品に分類されお医者さんの処方によってしか手に入らない発毛剤とは違うものですが、発毛促進剤とほぼ同じメカニズムなので同じものとして扱われていることも。

発毛促進剤(発毛剤)によって新たな髪の発生を期待しましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |