海の中がまる見え!家族でグラスボートを楽しもう! | キュレーションメディア

海の中がまる見え!家族でグラスボートを楽しもう!

船底に取り付けられたガラスから海の生き物を観察できるグラスボート。家族そろって楽しめて、のんびりとした時間を過ごすことができます。

グラスボートとは?

グラスボート(英名:Glass-bottom boat)は、船底がガラスになっている、水中及び海底観察用のボートである。日本では他に、ガラス底ボート、グラス底ボート、ガラスボート、グラスボトムボートなどの数々の名称が使用される。
[竜串海域公園をグラスボートで♪ 見残し海岸へ] by 旅人間 ~旅&食べ歩きBLOG~

船底のガラス越しに海中散歩ができます。
ダイビングやシュノーケリングなどと異なり、機器や技量が不要で、水に濡れずに水中を観察することができる。このため、子供や高齢者でも手軽に楽しむことができる。

このような利点を活かして、観光客による珊瑚や魚の鑑賞のために、ビーチリゾートで多く運航されている。日本国内では、石垣島をはじめとする沖縄県や、西日本の太平洋岸などでよく見られる。

床ではなく壁がガラスパネルになっているタイプのものもあり、このようなものは半潜水艦と呼ばれる。

手軽に楽しめるのが良い!

マリンアクティビティといえばダイビングやシュノーケルなどが思い浮かびますが、グラスボートは小さな子ども連れやご年配の方まで、3世代ファミリーで楽しむことができるのが魅力です。
家族旅行に特にオススメなんですよ!
子連れ沖縄旅行DAY4-1:グラスボートと古宇利島で沖縄時間♪ : はじまりの日

船の底をのぞき込んで、ゆったり観察できます。
サンゴについていろいろと説明してくれるので
なかなか楽しい。
いろんな魚も見えるし、運が良ければウミガメも。

泳いでいるそのままの姿が見えます。
いくつもポイントを回ってくれて
なかなか満足度たかい。

体力が無い方も安心して楽しめるグラスボートですが、なんと言っても手軽なのが一番ですね。
特に家族連れですと、価格も気になるところです。通常のツアーなら大人料金でも概ね1,200円~と、他のマリンスポーツに比べてリーズナブルなのもうれしいですね。

ただし船底を見ていると乗り物酔いをしやすくなってしまうので、酔い止め薬は忘れないようにしましょう。

川平湾グラスボート – YouTube

石垣島随一の観光スポット、川平湾のグラスボートは特に人気です。
生息するサンゴはなんと250種!
自然のままの珍しい魚を見る事ができます。
少しばかり沖へ出ると水深が10mぐらいになりました。エサを海に投げ入れるとお魚がやってきました。船の片側に投げ入れるとそっちへ。反対側に投げ入れると船の底を通ってまた反対側へ。。その様子が船の中から見れました。
川平湾グラスボート観光:cookie's garden:So-netブログ

赤や黄色の綺麗なサンゴやイソギンチャクの影には、鮮やかな熱帯魚が見え隠れしています。
ガイドさんが面白おかしくいろいろ説明してくれます。
我が家は後ろの方の座席だったのですが、ガイドさんが一緒にガラス底を見ながら海中の説明してくださるのでガイドさんの近くの席で同じ視野を見ながらの方が楽しいのかもしれません。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |