【一発大逆転!!!】適切な行動による債務整理から勝ち組になれる人 | キュレーションメディア

【一発大逆転!!!】適切な行動による債務整理から勝ち組になれる人

自己破産などの債務整理を行なうと、自分の人生が終わってしまったと思う人が多いです。新たな気持ちでやり直せば、勝ち組になることも可能です。

今の社会はちょっとしたきっかけで負け組みが勝ち組になれる時代です。
わずか数年で数十億円という大金を稼ぐ、突拍子のない成功者も多くいます。
成功者が勝ち組になった理由を知るなら、債務整理後から勝ち組への道が開けるのです。

負け組みの思考

「勝ち組#mode=detail」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) (1517)

人目を気にする人は、お金が貯まりません。
「人目を気にする」ということは、お金が貯まりにくい生活習慣になっています。
「もっとよく見られたい」という気持ちには切りがありません。
たくさんのものを持つためにお金を使い、流行を追いかけるためにお金を使います。
かっこいいと思われたいために、ブランド品を買います。
すごいと感心されるために、高級な車を買います。
「一国一城のあるじ」という宣伝に負けた結果、一戸建てのために、多額で長期の負債を背負います。
どれも見栄です。
人目を気にして、使っているお金です。
こういうお金の使い方は、使ってもお金は減る一方です。
自分への投資ができていません。
人目を気にする人は、お金が増えるようなお金の使い方ができないのです。
債務整理を行った人にとっては、耳の痛いお話でしょう。
借金を抱えて返済不能になってしまう人の多くは、自分に見合わない買い物をして、借金を大きくしています。
収入に見合わない借金はいずれ破綻してしまい、負け組みへと人を転落させてしまうのです。

勝ち組の行動パターン

成功者たちは本をたくさん読んでいます。

その理由は、先人の学びは非常に参考になるからです。成功者が読んでいる本は、前の時代の成功者の本が多いです。つまり、伝記ですね。

電気には、成功者の失敗も載っています。そうした失敗を知ることで、読んだ自身が同じ失敗をしなくなるのです。つまり、失敗の予防ができるようになり、より早く成功に近づけるのです。

また、他にも過去の成功者が積み重ねてきた知恵を知ることができ、より効率的に活動に取り組めるんです。成功する人は、こうした情報収集が有効であることを知っているため、たくさん本を読むんですね。

さらに、成功者は前向きな言葉が登場する本も読みます。それは、前向きな言葉、例えば「成功する」「私はできる」「うまくいく」という言葉に触れると、現実になることを知っているからです。

勝ち組は本当によく本を読みます。
特に自己啓発本を好んで読むという共通点があります。
負け組みから見ると、いつも同じような本ばかり読んで時間の無駄にしか思えないのですが、引き寄せの法則を勝ち組は知っているのです。
言葉は結果を引き寄せるという法則です。

勝ち組の思考

成功者は、自分が努力している・頑張っているという認識を持っていません。無頓着である。といっても過言ではないでしょう。行っていること(仕事)の総てが楽しく没頭している状態だからなのではないでしょうか。
こんなに頑張っているのに報われない・・・それは負け組みの典型的な思考です。
債務整理から勝ち組になるには、思考を変える必要があります。

債務整理からでも勝ち組になることができます

成功者は必ずしも「早咲き」ばかりとは限らないからだ。レイ・クロックが職を転々としたのちにマクドナルドを創業したのは52歳。カーネル・サンダースがフライドチキンのFCビジネスを始めたのは、事業に失敗して無一文になった65歳の時だった。

そんな事例は日本にも多々ある。多摩大学教授で『遅咲き偉人伝』(PHP研究所)の著者、久恒啓一氏は言う。

「『早咲きは大成しない』というのが私の持論なんです。理由は、中身が伴わないうちに世に出るから。その点、遅咲きの人は才能を十分熟成させているので、大成するんです」

実は自分は遅咲きタイプだったと考えるなら、債務整理後に心機一転思考や行動パターンを大きく変えて、勝ち組になることは誰にでもできるのです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |