ショートステイで働く看護師の仕事内容は | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ショートステイで働く看護師の仕事内容は

「ショートステイ」の名前を聞いたことはあっても、そこで看護師が働いているイメージはあまり無いのではないでしょうか。ショートステイで働く看護師の仕事内容、病院やデイケアの仕事との違いを見てみましょう

ショートステイとは

ショートステイとは、要介護者が施設に期間限定で短期間入所し、日常生活のお世話や機能訓練などを受けることのできる介護サービスです。
一般的には2、3日~1週間程度の利用が一般的で、家族の旅行中だけ利用する場合もあれば、平日は毎日という人もいます。
利用日数に気を付けましょう。短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。
 (4859)

ショートステイの目的は

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
 (4872)

介護する人も外出しないといけない用事があります。
ショートステイで預かってもらうことで、用事を果たせます。

ショートステイで働く看護師の仕事は

患者の日頃の具合や体調に気を配り、身の回りのお世話をし、緊急の際は医療業務も行います。ショートステイの場合、利用者の現在の状態をご家族、身内の方から詳しく聞いて把握しておくことが大切です。短期間の入所なので、どうしても患者の状況を把握することが難しく、必要な物(例えば衣服など)が足りなくなったりする場合があり業務に支障が出ることもあるようです。
via http://看護師夜勤アルバイト.biz/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4.html
看護師は、入浴や排泄、食事の介助の他、健康管理や緊急時の対応をします。
 (4873)

食事のお世話もします。
ショートステイを利用するお年寄りは、基本的には健康なお年寄りなので、看護師が医療行為を行うことはほとんどありません。急に具合が悪くなった、またはけがをした、という場合は看護師がとりあえず処置を行います。
医療ケアは胃瘻や褥瘡の処置、点滴などが中心と なります。
主に利用者のかかりつけ医の指示の下、処方されたお薬や看護処置、利用者様のバイタルなどの健康管理が主な業務になります。
via http://看護師求人施設.net/entry5.html
 (4874)

薬の飲み忘れが無いようにも気配りします。

病院で働く看護師との違いは

特養に併設されているショートステイの場合、医師はいないため実質看護師が中心となって医療ケアを行うことになります。朝晩は体温や血圧の測定などバイタルを測りますが いつもと違う数値が出た場合、最終的に看護師が判断します。また、いつもと様子が違うと介護士から報告があった場合もどうするかは看護師が決めます。

デイケアで働く看護師との違いは

ショートステイでは夜間も利用者が見えるので、夜勤勤務があることを知った上で入職を検討する必要があるでしょう。
via http://看護師求人施設.net/entry5.html
夜勤もありますが、一般病院よりは落ち着いています。
 (4875)

デイケアとは違い、ショートステイでは夜勤があります。
高齢者をお世話する人にも休憩や外出が必要です。
ショートステイは、そのニーズを満たしています。
ショートステイで働く看護師の仕事内容は、病院やデイケアの仕事と異なる点があります。
違いを理解した上で、転職を計画する方がいいでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |