チャートラインの初歩について説明しよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

チャートラインの初歩について説明しよう

FXプレーヤーのほとんどの人が、チャートを見て取引しています。
外国為替の取引をする大口投資家もやはりチャートを利用してトレードするので、チャートに現れる為替相場の思惑を先読みしつつ取引するのがFXの基本的な流れです。

FXチャートで基本のラインはサポートラインとレジスタンスラインです。
このラインをベースに様々なテクニカル分析が行なわれるので、チャートの基本ラインを理解しましょう。

サポートラインとは

1
 http://pannafx.com/276.html

サポートラインとは、日本語で下値支持線といい、底値圏で下落する値段を支えている価格帯のことをいいます。

言い換えると、チャートで安値で止まっているところに引くことができる水平線のことをいいます。
サポートラインは多くの市場参加者が意識する相場のポイントとなっており、それまで下落しても何度も止められているために、サポートライン付近まで価格が下落すると買い戻しが入り、それ以上価格が下がりづらくなります。
そのため、2回、3回と同じ価格帯で跳ね返されるダブルボトムやトリプルボトムといった値動きになりやすいのです。

 http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/resistance-line/

サポートラインをしっかり引けるようなチャートの動きをしていた為替相場が、ある時にサポートラインを割り込んで値を下げる事があります。

それは大口投資家がポジションを反対売買したり、相場に影響を与えるニュースが流れた時などで、サポートラインを割り込んで安値を更新するケースでは大きく値を下げることが多いので、迷わず売りという局面になります。

レジスタンスラインとは

0
 http://pannafx.com/276.html

レジスタンスラインは、為替レートの高値と高値を結んだ水平のラインで上値抵抗線と呼ばれます。
市場参加者はこれ以上レートが上昇しないだろうと意識する天井のラインになります。

http://www.fx-foreign-exchange.com/fx/chart02.html

市場参加者の多くが、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のことをレジスタンスライン(抵抗線)といいます。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-682947

サポートラインとは反対で、レジスタンスラインを超えて値が動く時は、大口の為替需要家が為替を買っているときや、ニュースなどの影響で大口の買いが入っている状況です。

レジスタンスラインを超えると、大口の買いに合わせてさらに買いが膨らむので、相場は買い一色になることもあります。

チャートのラインをシンプルに引く

サポートラインとレジスタンスラインを引く作業は複雑なものではありません。まぁ、複雑にすればいくらでも複雑にできますが、その必要はありません。誰が見ても明らかなポイントにラインを引けばいいです。

こんなふうに考えてください。もしあなたがチャートをぱっと見て簡単に引けるラインなら、他のトレーダーも同じポイントにラインを引いているでしょう。結局、みんなが意識しているラインだからこそ、そこで価格が反応するのです。だからシンプルに考えて、パッと引けばいいです。

水平のラインだけを使う人、トレンドラインを使う人、移動平均線を使う人、いろんなトレーダーがいます。

どんなラインを使うかはその人の好みです。
大切なことは、誰もが引いていそうなラインを引くことと、あまりたくさんのラインでごちゃごちゃにならないようにすることです。

http://sokusenryoku-fx.com/fx-chart/priceaction/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3/

シンプルなラインは売買戦略の鍵

1
https://www.gaitameonline.com/academy_chart09.jsp

上昇トレンドなら、為替レートがサポートライン近辺まで下がったら買い、レジスタンスライン近辺まで上がったら利益確定、という売買戦略になります。サポートライン付近で買ったものの、その後、為替レートがサポートラインを突き抜けて下落したときは、上昇トレンド自体に変化が生じたと考えて損切りします。

https://www.gaitameonline.com/academy_chart09.jsp

チャートラインのだましに注意

個人FXプレーヤーをだましにかける動きを大口投資家が意図的に作り出すこともあります。

例えば、抜けたと思ったのに戻ってきてしまったり、抜けてないと考えて取引をしたのに取引を行った直後に抜けてしまったりと、非常にFX初心者泣かせの存在となります。

 実際、この「だまし」に対応する事が、非常に利益と大きく関わってくるため、レンジ分析をする際には切っても切れない関係となります。

 この「だまし」の対応については、多くの経験や分析または手法の構築などが必要になります。

http://mituwasou.com/chart/chart_analysis/range_analysis.html

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |