身体に負担のない着付け方 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

身体に負担のない着付け方

着物を着る機会はなかなかないという方も多いでしょうが、結婚式などの特別な時や気合いを入れたい時など、ここぞという時に着たいですよね。しかし、着物を着たいと思っても躊躇してしまう人が結構います。その理由には、着物を着ると動きづらい、着物は身体が締まって具合が悪くなるなどが挙げられるようです。そこで、身体になるべく負担のかからない着物の着方や工夫の仕方がないか調べてみました。

着物って苦しいもの?

着物を着ると苦しくてつらいという声がよく聞かれます。
洋服を着なれてる私たちの生活で、着物のように紐や帯をいくつも巻きつけているのですからそれも仕方のないことかもしれませんが、少しでも苦しくない方法があるなら知りたいですよね。

着物を着ると苦しくてたまりません。気持ち悪くなってしまいます‥
近々結婚式があるのですが、長時間着ていられるコツってありますか?
どうしても苦しくて具合が悪くなってします。
「腰紐を骨盤の位置に」とよく聞きますが、これだとおはしょりが長くなりすぎてしまいますよね?どうするのでしょうか?

また、帯も苦しいです。
伊達締めも苦しいです・・・・。

苦しくならない着付け方って?

きつく締めればいいってものじゃない

着物はしっかりと紐を締めないと着崩れてしまうからと思っていませんか?
むやみに締めつければ苦しいのは当たり前ですね。
キツく締めるのは着物のウエストに締める紐と着物の伊達締めくらいです。これらは身体の上に補整、長襦袢というクッションがあるので締めても苦しく感じないはずです。着物の伊達締めの位置はもちろん胸ではなく腰回りの帯を巻くところです。礼装は少し高め、普段着は一番ラクな位置で構いません。締め方は長襦袢の伊達締めと同じで下だけ締まるようにします。

体型も関係あり

毎日着物を着ていた昔の人と、現代の私たちでは体型が違います。
着物はどうしてもウエストが細いと形が整いづらいと共に、そのまま締めるときつくなってしまいがちです。
ウエストにタオルを巻いてみましょう。
人によっては何枚も巻く必要があることもあります。
細い(つまり皮下脂肪が少ない)と、紐が食い込んで痛いですし、きつく締まり、苦しいです。
そして、和服は寸胴体系の方が綺麗に着こなせます。

今の殆どの日本人は、着物を着るのに「補正」が必要です。
簡単に着るだけで補正できる物もありますが、普段着物を着られないかたなら、タオルで十分です。

アイテムを変えてみよう

着物のアイテムは絶対にこれじゃないとダメと決まっているわけではありません。
場合によっては自分に合ったものや使いやすいものに変えてもいいのです。
特に紐の素材はちょっと変えるだけで締まり具合が違ってきます。
最近では便利なアイテムをたくさんあります。
ゴム製のアイテムを活用してみましょう。
気分が悪くなるのは、紐で縛りすぎるからだと思います。
なので、縛る紐を極力減らしてみられてはいかがでしょうか。
(どういう風に着られるのかわからないので、一般的な着付けをするという前提で話させていただきます)

まず、裾よけと肌襦袢をやめて、浴衣スリップ(今の季節ならもう普通に浴衣(呉服)売り場で買えると思います。5000円もしなかったと思います)に代える。長襦袢は紐で縛って留めず、ゴムの伊達締め(マジックテープでとめるもの)で留める。衣紋抜きがついている長襦袢の場合は、ゴムの伊達締めでしめてから衣紋抜きに通している紐を軽くとめる程度に締める。(伊達締めで襦袢はとめているので、紐できっちりと縛る必要はありません。衣紋が抜ければそれでよいという程度にする)

着物の腰紐も、ゴムのものにする。(ゴムの腰紐がなければ、普通のパンツのゴム(?)を二重にしたものなどで代用できます。輪にしたゴムを腰骨の上・おへそから数センチ下・にぐるぐると体を二巻きするくらい巻いてとめます。普通に縛るとゴムが外れてしまうと思うので、輪になっている先を別のひもで、先と先とを結びつけるように縛るとよいと思います)
腰骨のところで縛ると、骨が紐を支えてくれるので苦しくないです。

胸元はコーリンベルトでとめる。(これもゴムのものです)これだけでは不安なら、もう一度ゴムの伊達締めで締める。

ゴムの伊達締めは通気性がないので腰周りが暑いですが、紐で胃のあたりを縛るよりずっと楽です。

これだと、ゴムばっかりで紐を使わないので縛られたところが痛くなったり、気分が悪くなったりすることもありません。

苦しくならないための工夫として、紐の種類が挙げられます。
一般的には、モスリンの腰紐が多いのですが、ご実家の古い箪笥や百貨店、古い問屋街や浅草などの紐屋さんでは様々な紐を目にすると思います。
基本的には、太いものから使います。
紐の幅の面積が広い分、締め付け感も分散されるからです。
化繊の細い紐は、補正タオルを固定するのに使ってください。
補正タオルはお互いの摩擦でずれ落ちたりすることは無く、また緩くないと着付けが進んでから苦しくなってしまうため、化繊の紐を使います。

締める位置や締め方を工夫

すべての紐をきつくする必要はなく、ある程度しっかリ締めたほうが
よいのは、着物のウエストと、襦袢の胸元です。
着物は腰に締める方と、ウエストで締める方と両方合って、
着物の長さや、ご自分がやりやすい方によって、どちらでも
構いません。私はウエストに腰紐をします。ウエストのほうがトイレも
楽ですし、ある程度締めても苦しくないです。
紐がどうしても苦しいという方は、ゴム製で長さを調節できる、
ウエストベルトを試されてもいいかもしれません。
しっかり締めるべきところは締めておかなければなりませんが、ゆるくてもいい部分は身体の負担を考えても優しく締めるといいでしょう。
その際の力加減は人によりますので、ここに経験の差が出てくるかもしれません。
何度か試しながら着付けの仕方を研究していくのも着物の楽しみです。
洋服にはない自分らしさが出せるかもしれませんね。

こんな方法も!

ヒモを結ぶ時は、大きく息をすってください。そして、肋骨(ろっこつ)が広がる様に胃の辺りに思い切り力を入れて下さい。これは、事前に練習しておくと、どう力を入れると肋骨が広がるか自分で分かりますよ。この肋骨マックス状態で締めてもらうと、時間が経ってからも余り苦しくなる事はありません。私自身、人に気着ける時や、自分で着る時にも行っています。
色々な方法を試してみましょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |