グルコサミン硫酸塩で期待できる効果~塩酸塩との違い | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミン硫酸塩で期待できる効果~塩酸塩との違い

グルコサミンにはいくつか種類があります。ここでは主に、グルコサミン硫酸塩とグルコサミン塩酸塩の違いや、期待される効果や臨床試験のデータについて調べてみました。また、最近話題になっているもう一つのグルコサミン、N-アセチルグルコサミンについても合わせてご覧ください。

まず関節の保護・強化という面があります。
関節がスムーズに稼動するためには、軟骨が重要になるのですが、グルコサミンは、この軟骨の元になるのです。
関節に不安を持つ方には、是非、試して欲しいです。

また、美容面でもグルコサミンは大きな力を発揮します。
お肌に欠かせない成分と言えば、ヒアルロン酸ですが、グルコサミンはヒアルロン酸の原料になるのです。

グルコサミンには関節保護と美容の効果がある

グルコサミンは毎日続けて摂取することで、健康や美容に良い影響が出ます。
関節の保護や痛みに緩和には、効果が出るまでに半年~1年程度必要です。
美容に関しては、もう少し早く効果が出ると言われています。

グルコサミンの塩酸塩と硫酸塩の違いって何?

・グルコサミン塩酸塩・・・塩酸で加水分解してつくられたもの
・グルコサミン硫酸塩・・・硫酸で加水分解してつくられたもの

そもそもグルコサミンは、エビやカニの殻から作られています。

それらの殻には、キチンとと呼ばれる成分が含まれており、そのキチンを塩酸や硫酸を介してグルコサミンが作られているわけです。

塩酸と硫酸で作られるかによって、純度や分子、さらに体内の利用率にも大きな差が出てくるのです。

調べてみたところ、日本国内で販売されているグルコサミンのサプリメントのほとんどは塩酸塩タイプでした。
海外には硫酸塩タイプがあるので、興味がある方は個人輸入をしてみるといいでしょう。
日本で硫酸塩タイプが流通していない理由は、医薬品に分類されるからなのだそうです。
グルコサミン硫酸塩、グルコサミン塩酸塩、発酵グルコサミン、n-アセチルグルコサミンなどです。これらの違いには大差はなく、分子の大きさの違いです。
グルコサミン塩酸塩は、グルコサミン硫酸塩に比べて分子量が小さく、単分子という形状をしており、吸収しやすい構造であるとされています。 このため、グルコサミン塩酸塩は、グルコサミン硫酸塩と同じ量を摂取しても、吸収されやすいためにより多くのグルコサミンの成分を体内に取り込むことができるのです。

グルコサミンには種類があるって本当?

グルコサミンは分子量が小さくないと、吸収率が悪くなります。
食品からでは分子量が大きすぎて、吸収率が上がらず、なかなか効果が出ません。
グルコサミンのサプリメントが多く販売されているのは、加工によって分子量が小さくできるからです。
変形性膝関節症の治療を受けている患者を対象にした試験で、患者を3グループに分け、グルコサミン塩酸塩を1,500mg含む液、1,000mg含む液、含まない液をそれぞれ8週間飲用してもらったところ、1,500mg含む液を飲用していたグループにおいて、変形性膝関節症による痛みや歩行能力の改善率がおよそ80%であったという報告があります。

一方、グルコサミン硫酸塩でも、変形性膝関節症に効果があるというデータがいくつか存在し、1日1,500mgの摂取で変形性関節症への効果が期待されています。日本の場合、グルコサミン硫酸塩は医薬品に分類されるため、グルコサミン塩酸塩よりもグルコサミン硫酸塩の方が臨床データが多いとされています。

【塩酸塩と硫酸塩】臨床試験による効果の違い

これは、塩素を使って封を抽出したものとなります。

正式名称はN-アセチルグルコサミンという物で、他の2つよりも吸収が良いと言われているグルコサミンなのです。
グルコサミンは、塩素を使って抽出した方がよりグルコサミンの形を崩さずにそのままの形で抽出出来ると言われているのです。
N-アセチルグルコサミンはカラダの中の成分と同じカタチになっていて、一般的なグルコサミンよりも吸収率が約3倍も高くなります

さらにもう一つ?『N-アセチルグルコサミン』とは?

グルコサミンは分子量の大きさによって吸収率に差が出ます。
N-アセチルグルコサミンは分子量が段違いに小さいのです。
少しだけ高価ですが、興味がある方は是非、試してみてください。
実際にはどちらも同じような効果があるようです。
それならサプリメントで摂取しても良さそうですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |