『ポケモン雑学』ポケモン達の名前の由来が意外と凄かった(笑) | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

『ポケモン雑学』ポケモン達の名前の由来が意外と凄かった(笑)

ポケモンGOが爆発ヒットとなり、第一世代の人で「久々にポケモンの世界に帰ってきた」という人は少なくないはず。しかし、第一世代が発売されたのは約20年前!聞けば「そういえば」と思うポケモンの名前(笑)実はその『ポケモンの名前』の由来が案外面白スゴかったりすることは、ご存知ですか?

名前の通り何となくわかるものから、『あ、だったんだ』って驚くポケモンが案外多いです(;^ω^)
知っているようでしらないポケモンの由来♪♪
きっと知ったその瞬間からポケモン仲間に言いたくなるはず(・∀・)(笑)

誰もが知ってる御三家。

 (4673)

No.001フシギダネ
不思議

No.002フシギソウ
不思議

No.003フシギバナ
不思議

No.004ヒトカゲ

トカゲ
No.005リザード
lizard(英語:トカゲ)
No.006リザードン
lizard(英語:トカゲ)
don(スペイン語:首領)
ドン(怪獣系によく接尾される)
No.007ゼニガメ
ゼニガメ
No.008カメール

mail(英語:甲羅)
No.009カメックス

X
max(英語:最大)
rex(ラテン語:国王)
まぁ、不思議シリーズはまんまですね(笑)
可愛いから問題ないですが(笑)(*´ω`)
ただ、英語がパンパラパーなワタクシはヒトカゲシリーズは考えもしなかったですwww
亀ールも気がつかなかった。。。(゚∀゚)ヒヒ

脇役だけど有名ポケモン(笑)

 (4674)

ポッポの名前の由来
「ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」から引用。
ポッポは抜群のメーミングセンスですねw

トランセルの名前の由来
transformation(英語:変態) + cell(英語:細胞)で変化する細胞(生命体)の意味。

ビードルの名前の由来
bee(英語:蜂) + needle(英語:針)。
針が特徴のハチを表す。

ポケモンGOで見たことない人はいないであろう程引っ張りダコな忙しい人達です(笑)
ポッポがそのまんまなのを聞いてナゼだか安心している私(*'ω'*)♪
そして、案外通過点的存在なのにナゼかとっても凝られているトランセル…
実はとっても理系な感じだったんですね(^ω^)!

エスパーといえばこの人達。

 (4675)

●ケーシィ

エスパータイプの「ねんりきポケモン」であるケーシィは、アメリカの予言者、また霊能者であるエドガー・ケイシーが名前の由来とされています。オカルトの世界では有名な人物なので、エスパータイプのポケモンの名前にぴったりですよね。

●ユンゲラー

ケーシィが進化した「ねんりきポケモン」。名前の由来は、スプーン曲げで有名な超能力者のユリ・ゲラーだとされています。2000年にユリ・ゲラー本人が「イメージを盗用された」と訴訟を起こしましたが、この裁判では任天堂が勝訴しています。

●フーディン

ユンゲラーがさらに進化したのがフーディンです。脱出のマジックで知られ、「アメリカで最も有名な奇術師」とされているハリー・フーディーニが名前の由来といわれています。この名前は本名ではなく芸名。当時の人気マジシャンの名前を参考にした名前なんだそうです。

この「ケーシィ」「ユンゲラー」「フーディン」の名前は、日本国内版だけのもので、北米版など海外で販売されたポケモンでは別の名前になっています。

ちなみに、ユンゲラーに関しての話だと。
訴訟したけど、「ポケモンのユンゲラーは念力でスプーンを曲げています。今すぐ曲げてください」と求めたら「え?」とユンゲラーさん本人が困ってしまったために、訴訟を取り下げたのだそうです(´・ω・`)
商売するのは楽じゃないですね(´_ゝ`)

格闘家といえば。。

 (4662)

例えば、蹴りが特技の「サワムラー」と、パンチが得意な「エビワラー」。「サワムラー」は、1960年代から70年代にかけて活躍したキックボクサー「沢村忠」からとった名前なんだ。「エビワラー」は元世界フライ級王者でもあるボクサー「海老原博幸」から。
ポケットモンスター赤。緑が発売されたとき、ワタクシは当時6歳でした(;^ω^)
そして、当時からこの2体の名前は苗字っぽいな思っていたけど、ホントにそうだった(^ω^)
ちなみに、エビワラーのパンチは新幹線より早いそうです。。。
ちょっとわからないですね(*'ω'*)(笑)

みんなのアイドル『イーブイ』

 (4677)

「イーブイ」という名前を聞いただけで、ピンとくる
人は少ないと思います。 実はイーブイの名前の由来は「進化」という意味を持つ英語
である「EVOLUTION(エボリューション)」という単語の頭2文字分である「E(イー)」と
「V(ブイ)」をそのまま続けて読んだものなのです。
先ほどの記した通り、ワタクシは英語がパンパラパーなので
全く察することもなく、たった今知りました(笑)
確かにイーブイは数多くいるポケモンの中で、最も進化のバリエーションが豊富なポケモン!!
『EVOLUTION』が由来、とまで聞くと、納得ですね(゚∀゚)♡

身内ネタから・・・(笑)

 (4661)

●カビゴン

大量に食事をし、すぐに寝てしまういねむりポケモン。その名前の由来は、ポケモン開発会社のスタッフである西野弘二氏のあだ名だといわれています。攻略本の「かいはつスタッフずかん」にお姿が掲載されていましたが、たしかにカビゴンのようにふくよかで愛らしい方でした。

カビゴンのお父さん(*'ω'*)(笑)
納得のお父さんですね♪♪(゚∀゚)
でもきっと、高ステで、本気を出したらハンパない威力の持ち主なのでしょうね。。。(`・ω・´)

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |