患者さんの為に何ができるかを自分で考えて実行できる人にオススメの転職先<消化器科> | キュレーションメディア

患者さんの為に何ができるかを自分で考えて実行できる人にオススメの転職先<消化器科>

人間は酸素を取り込んで二酸化炭素を排出しなければ生きていくことができませんので、呼吸器科はとても重要な診療科ですし、高齢者の増加に伴って、さらに需要は高まっています。

町でよく酸素ボンベをもって酸素吸入をしている人を見かけます。どこへ行くにも酸素ボンベと一緒という人が増えてきています。煙草を長期間吸う人が多く罹患する疾患なのですが、とても不自由な生活をしている訳です。消化器科へ転職をし、楽しい生活が出来るように手助けできたらいいですね。

呼吸器科の仕事内容

 (7345)

呼吸器科は、疾患により内科、外科に分かれます。

呼吸器内科で扱う疾患は、おもに肺がん、呼吸器感染症、気胸、気管支拡張症、慢性呼吸不全、気管支喘息、間質性肺炎、肺線維症、肺気腫、肺結核などです。一方呼吸器外科では、おもに肺がん、縦隔腫瘍、自然気胸、外傷性気胸などの疾患を扱います。

一言で呼吸器疾患といっても、身体に現れる変化は疾患によって大きく異なります。よって呼吸器科の看護師は、まず各疾患ごとの病態生理・特徴を十分理解する必要があります。その上で、バイタルサイン、検査データ、患者さんの訴え、表情などをもとにアセスメントし、的確な判断が下せなければなりません。

また呼吸器科は慢性疾患を有する高齢患者なども多く、仮に状態が安定しても日常生活にを送るうえで支障を来すケースも少なくないため、疾患によっては退院後を見据えた看護が求められる場合もあります。

患者さんのケア

 (7347)

疾患の種類にもよりますが、呼吸器の疾患は患者さんにとって苦痛をともなうことが非常に多いです。その苦痛をいかにとりのぞくかが大切であるということは、言うまでもありません。

患者さんの様子を見て、状況に応じた対応をすることが求められるのです。

また、服薬指導や生活指導も重要な仕事の一つです。患者さんのクオリティ・オブ・ライフを向上させるためには何をすれば良いのか、常に考えて仕事をしなければなりません。

抗がん剤治療の補助

 (7350)

呼吸器内科、呼吸器外科の双方で肺がんを扱っている以上、その治療において大事な役割を果たしている抗がん剤治療は重要な仕事のひとつになります。抗がん剤の扱い方、治療の進め方、患者さんに現れる副作用、副作用に対するケアなどに精通している必要があります。

また、患者さんから抗がん剤のことについて聞かれることも多くありますから、それに対応できるだけの知識とコミュニケーション能力も必要です。

抗がん剤治療は日々進歩しているので、絶え間ないスキルアップが求められることになります。そのためにはしっかりと経験を積み、自ら勉強する姿勢が大事です。

院内感染の予防

 (7351)

これは呼吸器科の非常に専門性の高い仕事になります。 肺結核などを取り扱うので、院内感染を起こしてしまうと大変です。

予防対策も重要な仕事になります。患者さんを隔離して、広まらないように対応を実行するべきです。ウイルスや細菌対策が重要な仕事になることは、呼吸器科看護師として働く上での絶対条件になります。

呼吸器科看護師の適正とは?

 (7353)

・神経質である
神経質であり過ぎるのは問題ですが、ある程度は注意深いような性質がある方向けの仕事になります。院内感染の予防で説明しましたが、呼吸器系の感染が広がると大変です。多くの方が生命の危機に瀕してしまいます。 感染予防業務に神経質なほど取り組める方向けとなります。

・精神的に強いこと
呼吸器科に通う患者さんは、非常につらい生活を送っています。息苦しさがあるからです。辛さを訴えてくることがありますが、どうしようもない事もあり、精神的につらい思いをする看護師さんが多いです。 呼吸ができなくなり死亡してしまうケースは、意識がしっかりしている状態で最期を迎えるので、 看護師の方の中に影響を受けてしまうことがあります。

呼吸器内科で働く看護師のメリット

 (7355)

呼吸器内科で働く看護師のメリットは、呼吸器に関する高いスキルを身に着けられるということです。呼吸器内科では、患者さんの呼吸をスムーズにするために、酸素療法を行うことが多く、ナザールや酸素マスク、ベンチュリーマスクや人工呼吸器などを必要に応じて使い分ける必要があります。

そのため、呼吸器内科の看護師は、こうした酸素療法のための器具を使えるようにしておかなければなりません。後に呼吸器内科以外の診療科に移ったとしても、こうした呼吸器を扱える技術は役に立つ可能性があるので、覚えておいて損はありません。

呼吸器内科で働く看護師のデメリット

 (7357)

呼吸器内科で働く看護師のデメリットは、病気の性質上急変することもあるので常に気を付けていなければならないということです。呼吸器は酸素を取り込むために必要な器官ですから、そこに問題が起こると命に関わります。

日本人は肺がんで亡くなる人も多く、肺がんの治療を行うのも呼吸器内科です。また、急変したり発作を起こした状態の患者さんは非常に辛そうなので、ケアをする方も心が痛みます。

呼吸器科のやりがい

 (7359)

呼吸器科の看護師のやりがいは、自分が行った看護で患者さんの呼吸状態を改善させることができるという点です。

COPDはタバコが原因のことがほとんどです。COPDで入院してきた患者さんに禁煙の大切さや禁煙方法の提案、呼吸リハビリテーションの方法や適切な運動習慣の指導などをその患者さんの状態に合わせて行う必要がありますが、このような生活指導がCOPDの増悪をストップさせる助けになるんです。

医師の指示で行った医療行為ではなく、自分の行った看護で患者さんの呼吸状態が改善するなど看護の成果を実感できるのは、呼吸器科で働く醍醐味と言えるでしょう。

呼吸器科の看護師の業務内容

 (7361)

呼吸器科の看護師の業務内容は、外来やクリニックでは医師の診察の補助や検査介助、そのほかの雑用などが主なものになりますが、病棟の場合はバイタルチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、食事介助、診察の補助などが主な仕事になります。

ですから、仕事内容としては一般的な診療科とそれほど大きな違いはありません。ただ、呼吸器科の治療は酸素療法を行うことが多いですから、酸素療法に関する仕事は、ほかの診療科よりもたくさんあります。

医師の指示に基づいたいろいろな酸素療法を管理し、患者さんに適切に酸素が送られているかを観察するのは、呼吸器科の看護師の大切な仕事になります。

呼吸器科で働く看護師の声

私は入職してすぐに呼吸器科に配属されて今年で2年目になります。他の科を経験していないので比較はできませんが、患者さんの状態変化は疾患によってさまざま。しかもそれを患者さんごとにきちんと把握した上で看護する必要があるので、本当に毎日が勉強です。

私の場合は、忙しいときでも時間をみつけて、積極的に患者さんとコミュニケーションを取るようにしています。そして、そうした何気ない日常会話の中から、患者さんのささいな身体的・精神的な変化を読み取るように心がけています。

まだまだ未熟な私ですが、患者さんが少しずつ回復していく姿、そして元気になったときの笑顔を目にしたときは、看護師という仕事のやりがいを実感します。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |