【個人再生前と後】住宅ローンの借り換えはどうなるの? | キュレーションメディア

【個人再生前と後】住宅ローンの借り換えはどうなるの?

個人再生には住宅ローン特例という物があります。借り換えをした住宅ローンに関しても個人再生で、住宅ローン特例は受けることが出来るのでしょうか?個人再生後に借り換えをしたい場合などについてもまとめてみました。

個人再生における住宅ローン

Free photo: New Home, For Sale, Home, House - Free Image on Pixabay - 1530833 (13730)

住宅資金特別条項は、住宅ローン特則などとも呼ばれる、個人再生の特則です。住宅ローンについて特別の定めをした再生計画が認可されると、住宅ローン以外の債務については毎月の返済額が下がりますので、住宅ローンの支払いが楽になります。
ただし、債務がカットされるのは、原則として住宅ローン以外の借り入れ残高についてのみであり、住宅ローンの残高や毎月の住宅ローン返済額は、今までどおりである点にご注意ください。
債務整理に中で、自己破産では無く個人再生を行うメリットの一つに所有する住宅を手放さなくても済むという点が挙げられます。
住宅ローンの債務は返済しなければいけませんが、その他の債務に関しては減額されますので返済は楽になりますよ。

住宅ローン特例

民事再生法では,次の4つの要件を定めています。 1.「自己の居住の用に供する」建物を所有していること
2.その住宅に住宅ローンの(根)抵当権が設定されていること
3.その住宅に住宅ローン以外の(根)抵当権が設定されていないこと
4.住宅ローン債権者が数人あるときは、その全員に対して住宅ローン特例を定めること
住宅ローン特例という物が個人再生の場合には適用されることになりますので、住宅を手放さなくても良くなると言うことです。
その代わりに上記の条件は満たしておかなければいけません。

借り換えした住宅ローンは?

Free vector graphic: Mortgage, Hypothecary Credit, Loan - Free Image on Pixabay - 149882 (13729)

借り換えローンの返済が困難になった場合にも、住宅ローン特則を利用できます。
ただし、借り換えローンの中でも、住宅ローンと消費者金融などからの借り入れをまとめて借り換えをしたものなど、法律に定める「住宅ローン」要件に該当しない場合は、住宅ローン特則を利用することはできませんから注意してください。
借り換えした住宅論に関しても返済が困難であれば特例が認められることになっています。
ただしこれも特例の適用条件を満たしていなければ特例は認められませんね。

借り換えは?

Free vector graphic: Budget, Home, Loan, Money, Percent - Free Image on Pixabay - 149874 (13731)

すでに組んでいる住宅ローンの借り換えは難しくなる
個人再生を行うと信用情報機関に事故情報として登録されるため、住宅ローンの借り換えは難しくなります。
個人再生後に住宅ローンの借り換えは難しい事になっています。
個人再生を行うと信用情報機関に事故情報として掲載されてしまうからですね。

事故情報に関して

過去に返済が遅れてしまい信用情報機関に事故履歴が登録されている
審査に落ちてしまう原因は、過去に何らかの返済が遅れてしまい、信用情報機関に事故履歴が登録されているケースです。
信用情報機関とは、金融機関が共有して閲覧できる情報であり、どこでいくらの借り入れがあるとか、過去に返済が遅れていないかなどをチェックすることができる情報機関です。
過去5年以内に、税金、携帯代、クレジットカードの引き落とし、レンタルビデオの代金等、1度でも返済が遅れてしまった場合は注意が必要です。
信用情報機関に掲載される事故情報は、様々な要因で掲載されることになっています。
上記の様に個人再生以外の料金支払いの滞納であっても事故情報に掲載されるという点は知っておきたいところですね。

事故情報が消えるまで

個人再生をすると信用情報機関だけでなく、政府の広報誌である官報にも名前が記載されますが、その情報が消えるまでの期間は10年です。信用情報機関のひとつである全国銀行個人信用情報センター(通称「KSC」)は官報の情報を取得しているため、個人再生後10年が経過しないとローンを組めない可能性が高くなります。

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンに「フラット35」がありますが、住宅金融支援機構はKSCに加盟しているので利用は難しいでしょう。

事故情報が消えるまでの機関は、個人再生の場合は10年となっています。
10年後には借り換えすることが可能ですので、その間にお金を貯めておきましょう。
そうすれば、借り換えもしやすくなりますよ。
個人再生の際に借り換えした住宅ローンに関しては、特例は適用されそうですが、個人再生後には借り換えは難しくなりますね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |