循環器科に転職する前に知っておきたいこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

循環器科に転職する前に知っておきたいこと

循環器科は他の診療科よりも給料が高めです。病院の看板部署とも言えるので、転職を考慮する人に人気があります。循環器科に転職する前に、仕事内容や働き甲斐や苦労について確かめておきましょう。

循環器科の仕事の範囲は

循環器科は、心臓や血管などの疾患を治療対象とする科であり、心筋梗塞や心不全など命に関わる深刻な病気の検査や手術、術後のケアを行うことになります。
循環器科では、心筋梗塞や心不全などの心疾患や、血管に関する疾病を主に扱います。また、生活習慣病とも言われる高血圧や糖尿病も扱う診療科です。
 (1516)

循環器科では、心臓に関わる重大な病気を扱うことが多いです。
心臓内科や、血管・心臓内科などと、呼ばれていたりします。

循環器科の需要は高まる

特に最近は生活習慣病を原因とした高血圧や心臓病の患者さんも増えており、ますますその必要性は高まっています。
 (1530)

循環器科の仕事は、増加傾向にあります。

循環器科で働く看護師に必要な能力とは

循環器内科に勤務する看護師をまず悩ませるのは心電図です。循環器内科に勤めるのであれば、心電図が読めることは必須となります。看護学校などで習ったことはあるはずですが、現場で使うレベルまでは習わないので、循環器内科に配属されてから勉強したという看護師も少なくありません。
 (1532)

心電図を読むスキルは、必須です。

循環器科の特徴とは

体の臓器は全て生命活動に必要ですが、心臓や血管はその中でも特に命に直接関係しますので、様態が急変する患者や重症の患者が多いことも特徴です。

循環器科ナースの仕事は

医師の指示に従って点滴や採血
薬の管理
入院患者の食事や排せつ介助
心電図や心エコーといった検査の準備や補助
患者の誘導

循環器で働くやりがいとは

どの総合病院でも循環器は花形の診療科であり、勤務を希望する看護師は少なくありません。仕事がハードで、勉強も必要な循環器を志望するだけあって、看護師も意識の高い人が多く、お互いに高め合いながらスキルアップしていくことができるでしょう。研修なども多く大変ではありますが、成長できる環境が揃っているケースが多いです。
 (1529)

やる気の高い人材が集まってくる部署なので、切磋琢磨できます。
循環器での給料は他の科目に比べても最も給料が高いのが特徴です。
実際には「残業手当が多い…」という理由もありますが残業代を除いた基本給も高いケースが多いです。

循環器科で働く大変さとは

夜勤が比較的多く、また、ナースコールに素早く応えないと生死にかかわることが多いですので、高い集中力を求められる職場と言えます。

常に緊張した状態で勤務に付きますので、ストレスがたまることもあるでしょう。

 (1533)

心臓に関係した病気の患者も多いため、ナースコールへの素早い対応が必要です。
循環器では忙しい勤務の合間を縫って勉強しないといけないことが多く、
なかなかプライベートの時間を取ることが難しい環境です。

循環器科での経験は転職にも役立つ

心臓はすべての臓器に関わりがあると言っても良いほど重要な臓器で、この心臓について学ぶことにより他の細かい臓器のことまで自然と学ぶようになっていくからです。
via http://看護師転職求人サイト比較.net/tenshoku-shinryouka/junkankika.html
循環器科では、心臓や血管に関係した病気を扱います。命が関係してくる病気も多いので、失敗できない緊張感がある現場です。成長する意欲のある同僚も多く集まるので、よい刺激を受けられます。
心臓から派生して自然と別の分野も勉強することになります。
他の診療科に転職する際にも、役立つ経験が出来ます。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |