恐れる生活習慣病はアルガンオイルで予防すべし!! | キュレーションメディア

恐れる生活習慣病はアルガンオイルで予防すべし!!

偏食、運動不足、喫煙、ストレス・・。 生活習慣病はその名の通り、ふだんの生活習慣が、発症や進行に深く関わっています。高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満が代表的なものです。これらは「死の四重奏」と呼ばれ、もちろん単独でも恐ろしい病気ですが、重複すると命にかかわる危険が増すのです。そんな恐ろしい生活習慣病になんと!アルガンオイルが良いんだとか効果があるんだとか。。。

生活習慣病とは・・・?

 (6502)

生活習慣病とは、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称で、食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症や進行に影響を及ぼすと考えられている。
生活習慣病とは、食生活や運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気の総称です。
生活習慣病に関連する病気として、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの病気が挙げられます。
以前、これらの病気は、加齢とともに発症すると考えられていたため、成人病と呼ばれていました。
生活習慣病とは、偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など、毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。
糖尿病、脂質異常症、高血圧は、かかっている人、その疑いのある人が多いことから、3大疾患といわれています。このほか、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗しょう症、歯周病なども生活習慣病に入ります。多くの生活習慣病は、自覚症状がなく、相当の年数を経てから病状が現われるのが特徴です。
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことで、生活習慣病は、今や健康長寿の最大の阻害要因となるだけでなく、国民医療費にも大きな影響を与えています。。。
毎日規則正しく生活するように心掛けてはいてもなかなか難しい時もありますよね。。。

アルガンオイルの効果☆

 (6508)

動物性脂肪や乳製品には飽和脂肪酸やコレステロールが多く含まれます。こうした食品を摂り過ぎると、血中の悪玉(LDL)コレステロールが過剰に増加します。悪玉(LDL)コレステロールが増加し酸化すると、血管内壁にコレステロールが付着し、血管を塞ぎ、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こします。
ビタミンEはコレステロールや脂肪の酸化を防ぎ、血管のしなやかさを保ち生活習慣病の予防や改善に役立つため、生活習慣病の予防や改善に役立ちます。
また、オレイン酸は、善玉(HDL)コレステロールを減少させることなく、悪玉(LDL)コレステロールを減少させ、動脈硬化、心疾患を予防する効果があるということが示唆されています。
これらの栄養素を含むアルガンオイルは、生活習慣病の予防・改善効果があるといえます
オレイン酸を豊富に含み、抗酸化作用が非常に高い油です。ビタミンE含有率はオリーブオイルの2倍から4倍で、ポリフェノールも含んでいるので細胞膜や脂質が活性酸素によって酸化されるのを防いでくれます。またオレイン酸とビタミンEの相乗効果で悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラに。動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にも期待できます。
ビタミンEの抗酸化作用は肌や髪に限ったことではなく、体のあらゆることに利用されます。
中でも、加齢によって衰えやすいと言われている血管は、しなやかさを失って硬くなってしまうと、血流が悪くなり血栓ができやすくなってしまいます。
この状態は動脈硬化と言われ、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病の元となります。
しかし、ビタミンEが多く含まれているアルガンオイルを摂取することによって、血管の老化を防ぎ生活習慣病を予防することができます。
また、アルガンオイルには血中のコレステロールを下げる働きのあるオレイン酸を多く含んでいることから、より生活習慣病の予防や改善に役立つものとされています。
アルガンオイルにはオレイン酸が含まれていますが、オレイン酸は一価不飽和脂肪酸で体に良い油として知られています。
オレイン酸には血液中のコレステロールを減少させたり、心筋梗塞などの生活習慣病を予防するといった体の中の健康に効果的なんです♪
では、どのように摂取すればいいのかみてみましょう!

使い方♪

 (6514)

一日の摂取の目安は、生活習慣病予防にはテーブルスプーン1~2杯です。
過剰摂取は、カロリーオーバーになりますので、気をつけましょう。

・小さじ1杯のオイルをそのまま飲んで毎日の健康に。
生活習慣病予防などには15gから20g、毎日の健康維持には3~6g程度が適量とされています。
・パンにつけて
・サラダのドレッシングに
・ピザやパスタに(食べる直前にかけます)
・タジンやクスクスに

熱を加えないほうが、成分そのままに摂取できます。

アルガンオイルは食事としても取り入れることができます。
直接摂取ももちろんできますが、例えばサラダ用のドレッシングとして食用のアルガンオイルとレモン汁を1;1であえたり、ヨーグルトやアイスに混ぜて摂取することもできます。
食事としてアルガンオイルを摂取する場合は、スプーン大さじ1杯が1日の目安量です。
過剰摂取はお腹をゆるくしてしまう可能性があるので控えましょう。
トマトジュースにレモン、アルガンオイルを加えたビューティードリンクです。
トマトに含まれるリコピンは、オイルと一緒になることで吸収率が80%以上UPします。
ビタミンE同様、アルガンオイルに豊富に含まれている良質な脂肪酸のオレイン酸ですが、コレステロールを減らす作用をもたらしてくれるんです。
アルガンオイルは体の中と外の両側からのケアが可能な、非常に有用な植物油なのです☆
使いかたは本当に簡単なので食用として、スキンケアやマッサージ用、ヘアケアなどのオイルとして、魅力に感じた人はぜひ役立ててみてくださいね♪

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |