免許無しで楽しめるカヤックをする際にマスターしておきたい事! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

免許無しで楽しめるカヤックをする際にマスターしておきたい事!

免許無しで気軽に楽しめるカヤックですが、カヤックをするならマスターしておきたいテクニックなどがあります。カヤックとカヌーの違いについて、またマスターしておきたいテクニックをまとめてみました。

カヤックとカヌーの違いとは?

カヤックは、足を前方に投げだすようにして座りダブルブレードパドルで漕ぐクローズドデッキのカヌーである。

カヤックはカヌー競技の中の一部です。

前方に足を投げ出すように座って漕ぐのがカヤックと言われており、このカヤックはカヌー競技の一部らしいですね。
カヤックとカヌーは一緒のようにも見えますが、実際は違うようです。

カヤックに免許は必要なの?

免許は要りません。
行動制限はありません。自己責任で。
水は入りにくいようになっていますが、転覆する危険性ももちろんありますので濡れる前提です。
適さない季節はないですが、当然のことながら冬は寒いです。
病み付きになるかどうかは個人次第。体力をそれほど必要としませんので、広い年齢層に受け入れられますがいかんせん競技人口が少ないですね。
カヤックをする際に免許は必要なく、また自分で責任を負えるのであれば行動する際の制限は無いようです。
ちなみにカヤックは水が入らないので濡れにくいイメージがあったのですが、しかし転覆する事も考えられるので濡れるのを想定して楽しんでみると良いそうです。
冬は寒いのでカヤックをするのは厳しいかもしれませんが、そう感じるかどうかは個人次第のようですね。
カヤックは体力が無くても出来るマリンスポーツみたいなので、高齢者の方でも楽しむことが出来るみたいです。

カヤックをやる際にマスターしておきたいこと

免許がいらないとはいえ注意は必要です

カヤックをやる上で絶対マスターしておかなければならない技術。それは沈脱です。命にかかわることですから、これだけは絶対に早期にマスターしておくことが必要です。
カヌーやカヤックが転覆することを「沈(ちん)」といいます。
オープンデッキのカヌーでは、例え沈しても艇外に投げ出されるだけですから、救命胴衣の助けで浮いていれば助かります。
ただ、カヤックの場合は状況が異なります。クローズドデッキになっていて体がコックピットの中にすっぽり入っていますので、沈すると身体全体が水中に浸かって逆さづりになります。早く脱出しないと水死してしまいます。
だから、安全に早く脱出する方法をマスターしておくことが、何といっても一番大事になります。
沈したカヤックから脱出することを「沈脱」といいます。「ロール」というのは、座席に座ったままで、いち早く転覆状態を回復するための沈脱技術です。
カヤックは命に関わる事があるスポーツらしいので沈脱というテクニックをマスターしておいて損は無いようです。
カヤックが転覆して脱出しなければ最悪の場合、死に至ることがあるそうなので、もし転覆した場合は沈脱というテクニックをマスターして脱出をするのが大事ですね。
また、ロールという転覆状態を回復するテクニックもマスターしておいた方が良いようです。

カヤックの沈脱練習 – YouTube

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |