目にいいってホント!?ブルーベリーの実態に迫る! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

目にいいってホント!?ブルーベリーの実態に迫る!

よくブルーベリーは目にいいというテレビのコマーシャルを見かけますが、本当に良いものでしょうか?その実態を探ってみました。

鮮やかな青紫

鮮やかな青紫

目にいいいのだそうですが・・・
抗酸化作用もあって目だけでなく体の老化防止にもいいなんて、ぜひ日常に取り入れたいものです。
こうしてパーセンテージで表現されると、ますます効果が期待できそうです。毎日食べて元気でいられるのがいいですね。
皆さんご存知かと思われますが再度お伝えします。ブルーベリーは目の健康にとても良く、毎日食べると食べてない人に比べ失明や目の疾患を患う確立を38%も下げるそうです。
目に良い栄養素として注目を浴びてきた「アントシアニン」を含む青紫色の果実です。
体の老化防止や健康を保つ抗酸化作用が果物の中ではトップクラスです。
甘酸っぱい果実の中にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれ、現代人に不足しがちな栄養素を補うのに適した果物です。
眼精疲労や、血行不良による仮性近視を改善

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目の網膜にあり視覚情報を脳に伝える「ロドプシン」というたんぱく質の再合成を助ける作用があります。

目を酷使し続けるとロドプシンが不足して視覚機能が低下し、眼精疲労を引き起こす原因になります。また、疲労により血行が低下し一時的に視力が落ちる「仮性近視」の症状が出ることもあります。アントシアニンをたっぷり含んだブルーベリーを摂ることで、ロドプシンの再合成を助けることができ、眼精疲労回復などの効果が期待できます。

他にも、毛細血管を保護し、角膜や水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させ、眼球を丈夫にするはたらきもあります。

アントシアニンという成分もよく聞くきますが、実際にどういった作用を及ぼした結果目にいいということは詳しくわからない人も多かったと思います。目の網膜のロドプシンの動きを助け、視力をよくする効果があったのですね。
また目の中のコラーゲンを安定させたり毛細血管を保護するといった、視力だけでなく目の健康を保つにもいい成分があるのだとわかりました。
耳慣れたブルーベリーですが、これを機に見直してみませんか。
朝食などに摂取するといいともいわれます。
元気な一日のスタートを、ブルーベリーで始めましょう。
一番有名な、目への効果ですがアントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。
これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。
このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。
目への効果は今でもその真偽を問う声が多いですが、実際臨床実験でも、その有効性がはっきり証明されています。
特に眼精疲労や白内障、老眼を持つ患者に対してブルーベリーエキスを摂取させていたところ、その多くの方が改善された結果が出ているそうです。
鮮やかな青紫色をしたおいしいブルーベリー。ジャムにしてもそのままでもおいしくいただけますが、その秘められた効果は絶大なものがあります。
一体どのような効果があるのか調べてみました。
さわやかな酸味

さわやかな酸味

健康にも良さそうです。
その昔、「ブルーベリーを食べたあとは視界がクリアになってよく見える」ということをいったパイロットがいたそうで、そこからブルーベリーの視力に対する効能が研究されだしたそうです。

その結果わかったことは、

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、網膜のロドプシンの再合成を活性化する働きがあり、疲れた目やかすみ目などを回復、軽減する働きがある

ということです。

なので、仕事でパソコンをよくやる人が疲れ目やかすみ目を軽減するためにブルーベリーを摂取するというのは非常に効果があります。

ブルーベリーを摂取し続けると、次第に視界がはっきりとし、ものがよく見えるようになるとされています。ただし、多量に摂取することにより疾病が治癒したり、健康が増進するものではないので、1日の摂取目安量を守ってください。1日40g程度が目安になります。

車を運転したり、テレビ・ビデオを観たり、パソコンで作業をしたりする機会の多い人、または読書や裁縫が好きな人にも向いています。周囲のものがよく見えるようになれば、何か新しい世界が広がるかもしれません。もちろん個人差はありますが、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |