FXの取引方法とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXの取引方法とは

超短期売買(スキャルピング)

スキャルピングの言葉の意味は、アメリカインディアンが行っていた ”頭の皮を薄く剥ぐ” という意味で、スカル(頭蓋骨)からきた言葉です。市場から薄い利益を剥ぎ取ることをイメージしたものです。
相場は一定期間一定方向に動く習性があります。トレードの手法として、「一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングです。
実際には、数秒~数分間の取引となり、デイトレードのトレード期間を最小化したものといって良いでしょう。
スキャルピングするのに有効な時間帯
http://www.lfx.jp/skull.html

http://www.lfx.jp/skull.html

超短期な時間で取り引きを行うのがスキャルピングトレードです。
すぐに利益を上げたい方や、少ない取引時間で多くの取引を行いたい方にむいています。
この方法は、値動きが大きい時間に行うのが最も効果的です。
ですが、思っていたのと反対に相場が動いたときに、自分のルールで損をしておくことが大切です。

スイングトレード

FXのスイングトレードとは、為替チャートを日足で見る取引手法です。
比較的長いスパンでの取引ができるようになります。 この取引手法のメリットとしては、 取引回数が少なくて済む。 短い時間での値動きに左右されることが少ないことです。 長いスパンで取引をすることができるので、儲けが出易いというメリットがありますね。
スイングトレードのデメリットとしては、取引回数が少ないこと、 レートが一方的な動きに変換した際にも身動きが取りにくいといった点があげられます。 これは、日足で為替チャートを見ているので、 大きな流れに乗っていると思って安心して見過ごしがちですが、 実際はトレンドが変わっていたりとした場合があります。

http://fxtrend.jp/column-swingtrade.html

2から3日もしくは、1週間単位で取引を行うのが一般的なのが、スウィングトレードです。
ある程度長い期間でマーケットの状況を読みたい方におすすめです。
多くの利益が出る可能性もありますが、その反面に大きな損失を出す可能性もあります。

長期投資でスワップポイントを狙う

主に「最初に取引を行ってから数ヶ月~数年と言う期間を経て決済取引をする」と言う取引スタイルとなりますが、取引期間が非常に長いために大きな値動きを予想した、全体的な経済や相場の流れを見る目が必要になります。
 普段、忙しくて細かい相場の値動きについて見ている暇が無い方や、外貨預金の要領でこの取引を行われる方に最適な取引スタイルとなります。
 向いている性格としては、長期運用となるので「資産運用の期間ジックリと待てる方」と言うのが大前提となります。

http://mituwasou.com/fx-begin/find-trading-period.html

外貨間の利息の違いで儲ける方法です。
取引期間は、1年などある程度の期間を見なくてはいけません。
あくまでも利息で儲けようとする手段なので、そのときの保有通貨の値動きに一喜一憂する方には向いてなく、長い期間で通貨を保有することが出来る余裕が有り、銀行に定期預金として預けているつもりの取引が出来る方に向いています。

トレードスタイルの見つけ方

基本的なトレードスタイルといえば、スキャルピング、スイング、スワップ狙いなどが挙げられます。
どのスタイルでトレードすべきかは、トレードに費やす時間、時間帯、用意できる資金の量などによってある程度絞られます。
そしてその後は、実際に色々なトレード経験を積んで、自分なりのトレードスタイルを見つけていくことになります。
トレードスタイルの見つけ方
http://www.lijiang-pub.com/1day/style.html

http://www.lijiang-pub.com/1day/style.html

人それぞれ向いている取引方法は異なります。
この方法は自分に向いているのかどうか、というのはやってみなくては分かりません。
どの方法を取ったとしても、その手法それぞれの楽しさがあります。
ある程度色々試してみて自分に合った取引スタイルを見つけてみてはどうでしょうか。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |