政治と地政学リスクはFXトレードに大きく影響します | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

政治と地政学リスクはFXトレードに大きく影響します

外国為替相場の動きに影響を与える要因として、多くの人は経済指標や景気の動向に注目するでしょう。
それらはFXプレーヤーにとって重要な要素ですが、経済以外にも外国為替相場の動きに影響を与える要因があります。

政治と地政学リスクです。

それほどFXには関係ない要素と思われたでしょうか。
例えば、アメリカでは大統領選挙の後に外国為替相場が大きく動く事があります。

政治とFXの関連性

0
http://www.irasutoya.com/2016/02/blog-post_49.html

95年4月にかけて超円高が進んだ背景にはアメリカが抱える巨額の貿易赤字を減らすため、日本に対して貿易面での圧力を強めたことがあります。
そのため「ドル安容認」の発言によって円高ドル安が加速していったのです。

その後の為替政策の見直しによって、一転してドル高になっていきます。
これは米国の株式市場などに資金を誘導するためです。
ドル高が進めば米国に投資している海外の投資家は為替差益も得られるため、海外投資家を逃さないためにも国内景気の成長維持には必要だったのです。

これ以降は強いドルを支持しながら、上手にドル安にすることで双子の赤字をコントロールしようとしているようです。

http://fx.ttyk.com/020_/ent52.html

アメリカでは新しい大統領が為替政策を決定し、財務長官が新たな為替政策の方向性を示唆するコメントを出します。
為替市場はその発言を待っていて、即座に反応します。

各国の政治情勢がインターネットですぐに分かるようになった

0
http://blog.livedoor.jp/mineot/archives/52011716.html

近年、世界経済は、インターネットといった超高度な情報ネットワークシステムに支えられ、急速にグローバル化が進みました。
それほど経済規模の大きくないギリシャの信用危機は、同じく財政赤字を抱えるスペインやイタリアへの不安を喚起し、その結果、ヨーロッパ統一通貨であるユーロの大幅な下落を招きました。
この点、ある国の新政権が世界経済のグローバルオーダーに反した経済政策を採ったり、人権軽視や環境問題を疎かにしていると、株式市場や為替市場が反応し、株式相場や為替相場の下落を招きかねません。

http://fx-beginner-blog.com/chisiki036.html

世界各地で起きている政治的ニュースがリアルタイムで世界中に配信されるようになり、外国為替相場は世界の政治情勢に即座に反応するようになっています。

FX取引には政治ニュースに敏感である事が重要です。

政治家や要人の発言にも注目すべし

各国政府の財務相や中央銀行幹部などの要人と呼ばれている人物の発言で為替相場が大きく変動することがあります。最も影響があると言われているのは、FRB議長(アメリカ連邦準備制度理事会議長) 、ECB総裁(欧州中央銀行総裁)、日本銀行総裁の3人となり、その発言には注意する必要があります。実際に具体的な対策がなかった場合でも要人の発言によって相場は動くことがあります。また、各国の政治家などが経済状況について言及したときも為替相場に影響を及ぼすことがあります。

http://finance.nifty.com/fx/hikaku/factor.html

定例会見でのコメントはある程度事前に予測可能ですが、突然の要人発言は予想外のことが多く、相場がかなり大きく動くことが多いですね。

中央銀行の為替介入

国の金融システムの中枢である中央銀行や各国政府が、為替相場を安定させることを目的に、外国為替市場で自国の通貨を売買することがあります。
これは「市場介入」と呼ばれるもので、自国の通貨が高くなりすぎているような場合には、自国通貨を売って外貨を買うことで自国通貨を安くしようとし、反対に安くなりすぎている場合には、自国通貨を買って外貨を売ることで自国通貨を高くしようとします。その結果、為替相場は短期的に大きく変動することになります。

http://www.jibunbank.co.jp/guidance/basic_of_exchange/05/

市場介入は事前のアナウンス無く突然行われるのがほとんどです。
要人や政治家の発言とは比較にならない動き幅になるので、FXにおける爆弾のようなものです。

地政学上のリスクにも注目

為替相場には、通貨の需給や金利差だけでなく、政治情勢や自然災害といった様々な要因も複雑に関わっています。例えば、昨年3月の東日本大震災の発生直後には『日本経済は当面厳しい』との理由から円安を予想する人もいましたが、実際は急激な円高・ドル安に見舞われました。その理由の1つとして『被災地で損害保険などの保険金支払いが急増するため、円の需要が増える』との見方が広がったようです

http://bizacademy.nikkei.co.jp/culture/nikkey/article.aspx?id=MMACc3000021052012

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |