【まずは相談!】任意整理中の借入をする際の注意点 | キュレーションメディア

【まずは相談!】任意整理中の借入をする際の注意点

任意整理中にどうしてもお金が必要になることがあるかもしれません。そんな急な出費が発生したとき、借入を行うことは出来るのでしょうか?借りいれできる可能性のある金融機関について、注意しなければいけない点、相談すべき相手について紹介します。

借入理由が明確なとき

 (7084)

任意整理をすると分割で返済しなくてはいけません。
そこでその返済自体が出来そうにもなく破綻しそうな場合です。
減額された借金を返済出来ないとせっかく任意整理で和解した契約自体が向こうになってしまいます。
和解契約が無効になると当然減額されていた金額が元に戻るので借金は増えてしまいます。
その為に任意整理を継続させる為にキャッシングで乗り切るのは1つの手かもしれません。
任意整理中に新たな借入を行いたい方は、明確な借入理由が必要です。
なぜならば、債務整理を行う際に契約書に債務整理中は新たな借入をしないという項目があるからです。
任意整理期間中に新たに借入を考える方は、単純な理由で借入を行ってはいけません。

中小の消費者金融なら可能性はある

 (7085)

中小の消費者金融業者等は、スコアリングシステムで審査を通過しなかった者にも、独自の審査基準を設定して、お金を貸し付けることがあります。何故なら、大手の基準だけでは、貸し付けできる人がいなくなるからです。
ただ、このような中小の金融業者にも総量規制の限界はあります。これを超えた違法な融資は行えません。大手の融資基準を通過できない債務者が、総量規制に抵触しないで借金することは、現実問題としてかなり困難であると言えます。
まず、任意整理中も整理後も大手の消費者金融からの借入は不可能だと思っておいた方が良いです。
そこで、中小の消費者金融ならば借入が行える可能性があります。
ですが、気をつけなければいけないのは、闇金などに手を出してしまわないことです。
そうなってしまったら、精神的にかなり追い詰められていきます。

スコアリングシステム制とは

従来は、クレジットカード等の金融商品の審査は、主に担当者の経験や直感に頼って行われていました。しかし、現在はコンピューターによる自動スコアリングシステムが採用され、その比重が高くなっています。従来のクレジットカードは人の手による審査を利用していましたが、この従来の方法だと、正確・公正に審査できない可能性がありました。なぜなら、各審査人の経験や直感に頼る部分も多かった為です。
しかも、一枚一枚担当者が申込書をチェックして審査をしていたのでは、圧倒的な時間とコストが必要になります。その面倒な作業を自動化し、しかも客観的な審査を可能にしたのがコンピューターによる自動スコアリングシステムなのです
今までは消費者金融業者は、融資の判断に関して担当が個人的に判断していたところを。システムを利用して自動的に判断できるシステムを採用するようになりました。
これにより、不公平無く借入が出来るようになっています。
中小の消費者金融はそこで審査落ちになっても独自の判断で融資を行うことがあります。

借入先を何カ所も申し込まない

気をつけたいのは、「借りれるところが見つかるまで審査に申し込む」ことです。
任意整理直後にお金が必要になると、借り入れ可能なところがみつからないため、焦っていくつもの消費者金融に審査を申し込んでしまうかもしれません。
しかし、「審査に申し込む」という行為も、個人信用情報機関に履歴が残ります。短期間に連続していくつもの消費者金融の審査に申し込んでいるのが知れると、金融業者に良い印象は与えません。「お金に相当困っている」と思われ、貸し倒れになる可能性があると判断されてしまいます。
申し込みしすぎると、いわゆる申し込みブラックという状態で審査に通らなくなってしまうのです。
任意整理後のブラックも、申し込みブラックも、どちらも融資を受けるのは難しくなります。
よほど審査が緩めの消費者金融でないと借り入れできません。
via http://任意整理中借入.com/任意整理後でも借り入れしたい.html
任意整理中も後も、借入が出来ないからと片っ端から申し込むのはやめておきましょう。
借入を申し込んでいる履歴も金融機関は見られますので、とにかく借りたいという行動は慎んだ方が良いですね。

弁護士が辞任する可能性を覚悟する

 (7086)

任意整理は基本的に他からの借入に頼らず返済を続けることを前提に返済計画を立てるものであり、返済中に新たな借入を行うことを積極的に認める弁護士はいないでしょうし、事案によっては、依頼した弁護士がその事実を知ったときは(信頼関係の問題として)辞任する可能性もあると思います。
任意整理を弁護士に依頼した場合、何の相談もなしに新たな借入を行えば、弁護士は担当を降りる可能性が高くなります。
とにかく、お金が必要になったとしても、まずは担当してもらった弁護士に相談することが重要です。
そこでアドバイスをもらってから、借入を行うのかどうかを決めましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |