FXであまり取り上げられないポンドに注目! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXであまり取り上げられないポンドに注目!

FX初心者さんにとってはあまり馴染みのない通貨としてポンドが挙げられると思います。

確かにFXでは米ドルや日本円、ユーロから高金利通貨のトルコリラ、南アフリカランドなどが注目されがちで、ポンドについて知る機会も中々少ないのではないでしょうか。

FXでのポンドの特徴、取引時の注意点、クロスなどについて見ていきましょう。

ポンドの特徴とは?

gbp1
http://fx外貨両替.com/wp-content/uploads/2014/11/gbp1.jpg

イギリスの通貨の英ポンドです。この通貨は非常に値動きが激しいことで有名です。 初心者向きの通貨ではありません。 ポンドは、第二次世界大戦以前は世界の基準通貨といわれていたくらいメジャーな通貨となっています。

メジャーな通貨な上、イギリスでもFXで取引をする人が多いですので流動性が大変激しく 値動きが大きくなっています。軽く取引をしてみるかーと思って取引をすると痛い目を見ることも多々あります。

値動きの幅は1日1円~2円くらいの値動きとなりますが、 ドル円の50銭くらいと比べるとそのボラティリティの大きさを知ることができますね。 FXの世界に慣れてきてからポンド絡みでFX取引をする人も多いです。

http://fxtrend.jp/column-gbp.html

値動きが大きいということは一度下がっても再び上昇するパターンが多いということですので、安易に損切りするのは控えましょう。

ただその辺のタイミングは経済指標やテクニカル指標など様々な要素によって変動するため、一般的には熟練したトレーダー向きの通貨となっているようです。

初心者トレーダーさんの場合はデモトレードでポンドの取引を体験して経験を積みましょう。

ポンド取引時の注意点

米ドルやユーロと比べるとイギリスポンドの通貨取引はかなり少ないのも事実です。どうしても流動性に欠けるといえるでしょう。

ポンドは金利が比較的高水準な通貨なのですが、市場における流動性が低いために、レートが乱高下しがちであるという特徴を持っています。

イギリスポンドの為替取引をするときには投機的な通貨だととらえたほうが良いでしょう。

従って、ポンドを軸に為替の取引きをする時には、証拠金を使うレバレッジを低くしておかないと危険です。

ヨーロッパ経済が打撃を受ければ、イギリスも影響を受けますので一段のポンド安になる可能性があります。

イギリスポンドの為替取引をする場合には、イギリスポンドの性格や状況をしっかりと把握するようにしましょう。

http://www.geocities.jp/fx1chart/gbp5.html

ポンド取引時の注意点としては上記に挙げた通りその値動きの激しさです。

各国の主要通貨に比べてポンドは取引量が少なく頻繁にトレンドの転換も起こるため、効果的なトレンドラインを引くのが難しいとされています。

ポンド円はクロス通貨

mirrortrade_20151019
http://gem-mirror.com/topics/picocms/content/images/mirrortrade/mirrortrade_20151019.png

ドル円とユーロドルについては米ドルが関連しているストレートペアで、他は全てクロス円と呼ばれる通貨ペアです。

米ドルは世界の基軸通貨となっているため、ドル円やユーロドルというのは直接両通貨をやり取りすることで取引が成立しています。
しかし、クロス円というのはそこに米ドルが関わっていないものの、実際には米ドルを介した取引を行っています。

例えばポンド円の場合は、
まず円で米ドルを買い、
さらに米ドルで英国ポンドを買う、
という2段階の取引をすることによって「円売りポンド買い」という取引を実現させています。

http://hot-fx.jp/fx-kihon/currency-pair/

日本円の場合一度米ドルを経由しないとポンドを購入できないということになります。

一見面倒そうな感じに思われるかもしれませんが、手続きは全てFX会社がやってくれますし、何より日本円は私たち日本人に馴染みのある通貨ですので他の通貨とクロスさせるよりも情報収集しやすいでしょう。

またポンドには以下の様な魅力もあり、トレーダーからも根強い人気を誇っています。

ポンドは個人投資家に人気のある通貨です。ポンドを取り扱うのに個人トレーダーが多いのは、それだけ大きな魅力があるからだと言えるでしょう。

ポンドは高金利通貨でもある
英ポンドの魅力は短期間でのレート変動が挙げられますが、それ以外にも魅力があります。それは、金利の高さです。ヨーロッパ圏内でも独自の経済を築いてきたイギリスでは、自給率が高い国としても知られており、ユーロの影響などを受ける事もなく高い金利をキープしています。
金利が高いという事で、スワップポイントを利用した運用がし易い通貨です。短期間での価格変動による為替差益を狙いながら、スワップポイントによる利益を狙う事も可能な通貨です。

http://fx-works.jp/gbp/

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |