美容整形外科で働く前に知っておきたいこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

美容整形外科で働く前に知っておきたいこと

看護師の職場としてイメージしずらいですが、美容整形外科で働くという選択肢もあります。美容整形外科看護師の仕事内容、働く楽しさと苦労を考えます。

美容整形外科のお仕事

行われている施術としては、
脂肪吸引
二重まぶた手術
豊胸手術
脱毛
ニキビ
シミやしわ、たるみの除去など
 (8129)

手術はほとんど行わないところもあれば、日常的にオペが行われるところもあります。

美容整形外科と他の診療科との違いとは

病院などの医療機関は体の不調を訴えたり疾患を抱えたりする「患者」が健康を取り戻すための治療を行う場所ですが、美容クリニックなどは健康な「お客様」が美しくなるための手助けを行う場所であるためです。

そのため、美容クリニックなどで行われる施術は保険適用外のものがほとんどで、「サービス」を提供する場所としての役割が大きいのが特徴です。

 (8130)

美容整形外科も病院ですが、人々が「健康」のためではなく、「美しさ」を求めて訪れる場所という違いがあります。

エステとは違うのか?

エステサロンでは、エステについて学んだエステティシャンが施術を行い、美容外科では、医師免許を取得した医師が医療行為を行います。

例えば脱毛では、エステでは取扱いに医師免許が不要な光脱毛機器などを中心に使用し、美容外科では、医学的知識とスキルを必要とする医療用レーザーを中心に扱います。

美容整形外科の看護師の仕事

クリニックには看護助手さんなどはいないので、基本的に雑務をこなすのは看護師さんになります。そのため、受付やPC作業もしなくてはいけなかったり雑務は多くなります。
 (902)

看護師業務以外の仕事も多くなります。

美容整形外科が看護師に人気の理由

美容クリニックの勤務は、夜勤が無く日勤のみであるため、規則正しい生活が送れます。
 (904)

健康な人が訪れる場所なので、昼間しか仕事がないのは嬉しい点です。
診療は予約制で残業時間が膨大になるようなことがなく、看護師として仕事をしつつ、趣味や勉強、家事や子育てなど、仕事以外の時間を充実させたいという方にはかなり魅力的な転職先と言えます。
美容外科では日勤のみなのに、どうして高収入が得られるのかを見てみると、扱うのが審美目的の自由診療であるため、業績に合わせた手当が期待できるという点があります。
 (906)

夜勤が無いわりに、比較的高収入が期待できます。

美容整形外科で働く苦労とは

一部のクリニックでは営業のノルマが課せられる場合があります。ノルマの内容は様々で、施術の成約件数や売上、化粧品の販売などがあるそうです。看護の現場にいた方には少し馴染めない部分かもしれませんが、美容の分野では「営業」というのも仕事の一つとなります。
 (8131)

病院によってはノルマがあるので、ストレスを感じる場合があります。
一般病院では、あまり経験しないと思いますが、美容クリニックでは患者様のクレーム対応をしなくてはなりません。

クレームは多いため、誰もが対応の仕方を学んでおかないとなりません。

クレームを出されないためにも、接遇に注意して患者様に対応していく心がけが重要になります。

 (910)

クレーム対応も必要になります。

美容整形外科で働くために必要な資質

美容外科を訪れる患者さんは、自分の容姿や身体にコンプレックスを持っていて、何とかコンプレックスを解消したいと願っています。そうした患者さんの思いをくみ取って適切な対応ができる「接遇技術」が必要で、誰とでも話ができる社交性や明るさ、笑顔の良さ、清潔感など、患者さんに良い印象を持ってもらえるかどうかが大切になってきます。
 (911)

接客技術が必要です。
美容クリニックで働くにあたって最も大切なことは…

技術力よりも美容に興味を持っていることです

美容に関心を持っていなければ、自分にとっても患者様にとってもマイナスですし、患者様からの質問や相談を受けた時の対応は難しいです。

「美しくなりたい」という願いをもって美容外科を訪れる患者さんに、さまざまな施術や化粧品を勧める「営業力」によってもクリニックの収益を上げていく役割が看護師にはあります。
美容整形外科は他の診療科と比べて残業が発生しずらいので、自分の生活のペースを守りやすいです。収入面も魅力的と言えます。
その反面、病院によってはノルマがあります。
転職を考える際には、ノルマがあるかどうか、ノルマがない場合の収入がどの程度か確認する必要があります。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |