東京都立墨東病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

東京都立墨東病院の看護師転職求人のご案内

東京都立墨東病院は東京都墨田区にある医療機関で、日本ではじめて精神科救急事業を開始させた病院です。患者の自己決定権を尊重し、治療に関する十分な説明を行って相手からの同意を得て治療に望むという、患者さんの信頼を得ながら医療を取り組むようにしています。

病院長あいさつ

院長  梅北 信孝

院長  梅北 信孝

東京都立墨東病院は昭和36年4月1日に、伝染科病院であった旧本所病院と普通科総合病院であった旧墨田病院とを統合し、東京都区東部、隅田川以東にある唯一の公的病院として開設されました。
救命救急センターを含む「東京ER・墨東」を開設し、周産期母子医療や精神科救急医療など救急医療のセンター的機能を担っております。また重点医療として 感染症医療、リウマチ膠原病やウィルス性慢性肝炎などの難病医療などを掲げておりますが、平成23年には東京都認定がん診療病院にも認定され、がん診療に も力を入れております。また地震などに対応する災害拠点病院でもあります。
それらを支える総合診療基盤も強化しており、ほぼ全ての診療に対応し地域中核病院、総合医療センターとして質の高い高度急性期医療の提供に日々努力しております。
また、こうした多様な医療機能が有効に活用されるためにも、地域医療機関との連携をなお一層綿密なものにし、地域全体として住民の皆様の健康に効率よくお役に立てるようにと考えています。
良質で安全な医療を提供し、地域の皆様にご満足していただけることを心がけています。いつでも安心しておかかりいただければと思います。地域の皆様の温かいご支援をお願い致します。

運営理念と基本方針

運営理念
私たちは、いつでも、だれにでも、
安全で、質の高い、患者本位の医療を提供し、
都民の健康を守るため全力を尽くします

運営基本方針

・患者本位の医療の推進
患者の権利と人格の尊重、医の倫理の確立、個人情報保護の徹底、接遇の向上などを通して、患者の立場に立った患者本位の医療を推進するとともに、診療情報の積極的な提供やインフォームド・コンセントの充実を図り、"開かれた医療"を実践する。

・救急医療への取り組み
"救急医療は医の原点である"という理念の下、救急医療センターとして三次救急医療を含む「東京ER・墨東」、周産期医療、精神科救急などの救急医療に全力で取り組み、都民に"365日24時間の安心"を提供する。

・質の高い医療の提供
区東部地域で最大の総合医療センターとして、感染症医療(一類、二類)、難病医療(リウマチ膠原病系、特定内臓系)、障害者歯科医療、心臓病医療、脳血管 疾患医療、専門リハビリテーション医療などの高度・専門医療とそれらを支える総合診療基盤の一層の充実を図り、"質の高い医療"を提供する。

・安全な医療の実践
患者の健康と生命を預かる立場にいることを全職員が自覚し、医療安全対策を強化することにより患者から信頼される"安心で安全な医療"を実践する。

・人材の育成と職場環境の整備
職員がそれぞれの分野で自己研鑽を重ね専門性を育むことを積極的に支援し、次代を担う優秀な医療人を育成するとともに、職員が誇りを持って働くことのできる活力ある病院づくりを目指す。

・医療連携の強化
区東部二次保健医療圏唯一の都立病院として、近隣の医師会・歯科医師会・薬剤師会や診療所・病院・療養施設・訪問看護ステーション・調剤薬局等との連携を強化し、機能的な役割分担をさらに進めるとともに、地域の医療水準の向上に貢献する。

・経営基盤の確立
公立病院の使命である行政的医療と経済性のバランスを考慮しながら業務改善を進めるとともに、収益の確保とコストの削減を図り"無駄のない医療"を実現することにより安定的な経営基盤を確立する。

安全管理部門においての基本理念では、安全な医療を患者さんへ提供することは、患者サービスとしては基本的なことであり、患者中心の医療を推進させるための基本ともなります。
そのため、職員の方々は、医療安全の必要性や重要性を常に念頭に置いて、安全な医療の提供に最大限の努力をしなければなりません。
ですが、安全な医療は個人の努力のみでできるものではありません。組織全体が協力をして、対応することが重要です。
医療の安全保障についての仕組みや体制を常に点検し、衣装安全管理体制の強化を図ります。
 (10408)

3次救急医療

隅田川以東の地域で唯一の救命救急センターを設置し、専任スタッフにより24時間体制で救命処置の必要な三次救急患者の受け入れを行っています。(24床及び後方病床)
また、平成13年11月には、初期救急診療及び二次救急診療を担当する「救急診療科」を設置して、救命救急センターとともに「東京ER・墨東」を開設したところであり、地域に絶対的に不足している救急医療に、今後とも全力を挙げて取り組んでいきます。

実績
区東部保健医療圏(墨田区、江東区、江戸川区)における唯一の救命救急センターとして、三次救急搬送患者受入件数は都内第1位であり、また、救急車搬送患者の受入件数については全国でトップクラスです。

トピックス
救命救急センターが新棟に移転
平成26年8月、更なる救命救急医療の強化のため、救命救急センターは新棟に移転しました。
救命撮影室にはIVR-CTを導入するとともに、救急優先の放射線機器を設置し、検査から治療まで迅速な対応が可能です。さらに、救命救急特定治療病床を6床から12床に増床し、より重症な患者に対応できる体制を整えました。また、治療効果を高める高気圧酸素治療室が隣接しています。

IVR-CT

IVR-CT

高気圧酸素治療室

高気圧酸素治療室

都立墨東病院病児・病後児保育室「水辺の病児・病後児保育室さくら」

「水辺の病児・病後児保育室さくら」は墨田区内に住む0歳6ヶ月から、小学6年生までのお子さんが病気やケガ、病気の回復期で、保護者の事情によって家庭で保育することができないという場合において、墨東病院の敷地内にある保育施設で一時的に保育することのできる場所です。

病児保育というのは、当面症状での急変は認められないものの、病気の回復期に至ってないことから、集団保育することが困難で、保護者の仕事などの都合によって保育を行うことができない児童を、一時的に保育することを言います。
病後児保育というのは、病気の回復期であり、集団保育が困難で、保護者の仕事による都合で保育を行うことができないという児童を一時的に保育するものをいいます。

 (10405)

看護部の基本方針と理念

基本方針
墨東病院は区東部医療圏に於いて唯一の都立病院であり、総合的かつ高度・専門医療を提供し、地域に根ざした病院として役割を担っています。
看護部では、三次救急をはじめとして周産期・精神科救急医療から感染症・がん医療等、病院の医療機能に合わせて幅広く看護を実践しています。さまざまな場面で、医療チームの一員として役割を果たすためには、専門的な知識と技術、患者さんやご家族に寄り添った温かい看護を提供できる能力が必要です。
そのため、人材育成では、院内(集合)研修が実践に活かせるよう職場と連携を強化し、職員一人ひとりが目標に向かってキャリアアップを図り、主体的に行動できるように育てることです。また、より質の高い看護が提供できるように、各分野で専門的知識を持つ認定看護師を活用し、院内研修や病棟ラウンド等による指導・助言等を行い、看護全体のレベルアップを図っています。

看護部の理念
墨東病院看護部は、都立病院の患者権利章典と墨東病院の運営理念を遵守し、
安全で安心な看護を提供します。
人の心に優しい看護を実践します。
専門職としての知識・技術の向上に努めます。

看護部トピックス

キッズ体験

キッズ体験

毎年行われている行事で、子どもたちに病院での行われている様子をみせることができます。
子どもの目線から見る病院の風景のことや、子どもから見た病院で働く職員たちの話を聞くことができます。
ファミリー参観

ファミリー参観

新人看護師のご家族に、医療や看護について理解や関心を持ってもらうために開催されたものです。
健康チェックなども行えて、ご家族が医療の場を深く知ることができます。
総合防災訓練

総合防災訓練

病院にいる職員に協力を頼み、発災から起こることを予想しながら、発災時のシミュレーションしました。
発災時に来院してきた患者さんのことも考えながらのシミュレーションでは多くの意見が飛び交い、様々な場面を想定したシミュレーションを行いました。

看護職員募集

募集職種看護師
募集人員10名
勤務形態週4日
勤務時間8:15~17:00(実働7.75時間)
 (昼間のみまたは夜勤専従も可能・・相談に応じます)
勤務場所主に病棟勤務(詳細は面接にて)
※NICU・GCU・手術室の経験者または興味のある方大歓迎
報酬外来 日勤 14,000円
病棟 日勤 15,300円
選考方法面接選考
選考日月~金/10:00~16:00
福利等
業務遂行上必要な知識・技術習得のための研修制度あり
有給休暇・夏季休暇等あり
採用予定日採用日については応相談
申込み先及び
問合せ先東京都立墨東病院 看護部
〒130-8575 東京都墨田区江東橋4-23-15
TEL:03-3633-6151 内線2703

<非常勤職員・臨時職員(パート)・看護助手のご連絡等について>

ご質問・ご希望等ございましたら、上記連絡先までお気軽にお電話ください。
随時見学・面談等のご連絡もお待ちしています。
ご連絡は、月曜日~金曜日 いづれも日中10時から17時までの時間帯にお願いいたします。
迷っている方もお気軽にお電話してください。お待ちしております!!

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |