夜勤が怖い看護師が急増中。ツラーイ夜勤を乗り越える方法。 | キュレーションメディア

夜勤が怖い看護師が急増中。ツラーイ夜勤を乗り越える方法。

夜勤が続くと精神的にも体力的にもかなり辛くなってきます。何で辛いのでしょうか。夜勤を頑張る看護師さんが長く続けていけるような対策をまとめてみました。

夜勤が怖い理由はさまざま。一番の理由は、体力的に辛い・・・

夜の病院 - Google 検索 (2178)

病棟で働く看護師の悩みで多いのは、不規則な生活が辛いというものです。病棟で働いていると、どうしても夜勤に入らざるを得ないですよね。2交代制だろうと3交代制だろうと、夜勤がに入ると、どうしても生活が不規則になってします。

「2日連続の日勤の次の日は夜勤、1日休んでまた日勤」、「2交代制での夜勤の翌日に日勤(明け日勤)」など勤務シフトで働いていると、生活リズムはグチャグチャになってしまいます。

人間には、サーカディアンリズムという体内時計がありますので、その体内時計に反した生活を送っていると、睡眠障害が出たり、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れて、体調不良を起こしやすくなります。肌荒れや生理周期の乱れ、疲れているはずなのに眠りが浅いなどの経験がある看護師さんは多いと思います。

夜勤があることで長時間勤務になって辛い。

夜 看護師 - Google 検索 (2183)

2交代制の夜勤の場合、夜勤の労働時間は16時間以上にも及びます。夜に16時間も連続で勤務するのは、体力的にとても辛いですよね。

食事休憩が夕食と朝食にそれぞれ30分、仮眠時間が約2時間取れることが多いのですが、それでも16時間も働くのは大変なことです。

また、夜勤中は看護師の数が少ないため、急変や緊急入院などがあると、日勤とは比べ物にならないほど忙しくなります。忙しい夜勤の日は、仮眠時間が取れなかったり、ひどい場合は食事休憩も満足に取ることができないこともあります。

夜勤があると、16時間ほぼ立ちっぱなしで勤務することになります。

三日に一回ほどの頻度でそれを繰り返すことになるんですから体力的にはかなりきついです。

仮眠も病院で二時間ほど・・・といってもしっかり眠れることなんてないでしょう。

体力だけでもこれだけしんどいのに女の世界である看護師さんの世界には、精神的にもいろいろあるんです。

夜勤って精神的にもかなりきつい。

夜 看護師 - Google 検索 (2192)

夜勤は、日勤に比べて看護師の人数が少なく、病床数によっては2人体制で夜勤をするという病棟もたくさんあります。少人数でいかに夜勤をスムーズに効率よく乗り切るかは、夜勤メンバーによるところが大きいんです。
大きな病院だったら、夜勤中でも当直師長がいて、問題が起こった場合などに相談ができるのですが、ほとんどの病院は、夜間は責任者が不在になり、夜勤リーダーが責任者代行になります。

もちろん、夜勤リーダーに全責任を持たせるわけではないのですが、勤務中に問題が起こった時にすぐに相談できる上司がいないというのは、その責任の重さから精神的に疲れてしまうんです。自分が夜勤リーダーの時は、「何も起こらず、平和に終わりますように」と祈りながら勤務するいう看護師さんも多いと思います。

夜 看護師 - Google 検索 (2185)

夜勤はメンバー次第で仕事のきつさが変わります。
気が合う人だと、落ち着いている時間は楽しく過ごせますし、気が利く人がいたり、協力しやすい雰囲気だったりすると、どんなに忙しくても業務が終わるスピードが違うと感じることもあります。そのような夜勤だと、疲れもあまり感じませんし、またこのメンバーで夜勤をしたいと感じます。

逆に、気が合わない人や、仕事があまりできない人との夜勤は、協力が上手く出来なかったり、フォローをしたり、やらなければならない事が増えたりと負担が大きくなります。

メンバーしだいで変わる・・・

分かります。絶対ありますよね。

体力的に辛い夜勤を乗り切るための仮眠の方法。

夜 看護師 - Google 検索 (2191)

夜勤を乗り切るためには、夜勤中の仮眠時間の過ごし方もとても重要になります。睡眠のサイクルは90分です。そのため、仮眠時間は入眠時間も含めて100分程度取ると、すっきり起きられますし、疲労回復効果も高くなります。

もし、忙しくて仮眠時間が1時間程度しか取れない場合は、仮眠時間を15~20分程度に留めておくことをおすすめします。1時間寝てしまうと、深い眠りの時に起きなければならないのですが、15~20分程度だったら、深い眠りになる前に起きますので、起きた後が楽だと思います。

15~20分の短い仮眠でも、夜の2~3時間の睡眠に匹敵するほどの疲労回復効果があると実証されています。

眠たくなくても体を横にして目をつぶっておくだけで、体や脳の疲れが取れます。人によっては、夜勤前の仮眠時間があまり多くない方が、調子がいいという人もいます。短い仮眠では、90分の睡眠リズムを計算して仮眠をとる方がスッキリと起きれます。遮光カーテンなどで部屋を暗くするなど、睡眠のための環境づくりもしておくといいでしょう。

夜勤のための健康管理。

夜 看護師 - Google 検索 (2190)

夜勤の為の健康管理として、できるだけ生活リズムを崩さない為の工夫が必要となってきます。
カフェインやタウリンが入った栄養ドリンクを夜勤に入る前にとったり、夜勤中のむくみ対策としてむくみ防止のストッキングを履いたり、夜勤前・夜勤後の睡眠時間や過ごし方を工夫して、自分に合った方法でリズムを作り、体調を崩しにくくする必要があります。
疲れを残さないように、プライベートの時間として遊びの調整も必要でしょう。
他にも、夜勤以外の日で、朝日光を浴びるなどして生活リズムや体内リズムを整えるようにしたり、休日に疲れを取れるようリフレッシュするといいでしょう。

夜勤前日の過ごし方。

夜 看護師 - Google 検索 (2201)

夕方からの2交代や準夜勤の入り方は、日中遊びなどで体力を使いすぎると夜勤に影響しますので、疲れを残さない程度の活動にしましょう。体力に自信がない人は、いつもより少し遅めの起床にしたり、日中に仮眠を少しとったり、体を横にして休んでおくだけでもいいでしょう。そして、夜勤前にしっかり食事をとって、仕事をするために体が動くように準備します。
3交代での深夜勤の夜勤の入り方は、日勤から深夜勤の流れで入ることが多く、入浴や短時間のヨガやストレッチなどでリラックスできるようにし、その日の仕事の興奮をおさえ、仮眠が取れやすいようにします。できるだけ仮眠をとった方がいいのですが、まだ夕方なので眠れない事もあります。体を横にして目をつぶるだけでも休息がとれますので、休息時間をできるだけとりましょう。 

又、食事は仮眠までの時間が短くなるので、軽い食事をとり、仕事前に胃が持たれるということがないようにしましょう。仮眠前に食べるのが嫌な人は、夜勤前に消化の良い食事をとるのもいいかもしれません。

夜 看護師 - Google 検索 (2180)

次の日の勤務に疲れを出来るだけ残さない。夜勤後の過ごし方。

夜 看護師 - Google 検索 (2189)

深夜帯に終わる準夜勤後は、消化のよい軽い食事をして早く寝ましょう。そして、午前中のあまり遅くない時間に起床し、その日の夜の睡眠に影響がでないようにしましょう。

一方、朝方に勤務が終わる深夜勤後や2交代制の夜勤後は、すぐに仮眠をとる人は消化のよい軽い食事をして、仮眠時間は日中に軽く睡眠不足を補う程度にしておきます。夜勤後すぐに仮眠をとらない人は、体調に合った食事をとって日中活動し、その後ごく短い仮眠をとるか、早めの就寝につくようにしましょう。仮眠を取らず活動する人は、居眠り運転にならないよう車の運転は最小限にし、注意力が落ちていることを考慮して行動しましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |