体の毒素≪排出大作戦≫~青汁にデトックス効果あり?!~ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

体の毒素≪排出大作戦≫~青汁にデトックス効果あり?!~

身体の毒素をデトックスしないと、むくみやぶよぶよお腹の原因に・・・病気になる可能性だってあるんです。そこで、「青汁」を飲んでデトックス効果を得ませんか?今回、青汁とデトックス効果の関係についてご紹介します。

●便秘がちになって、便のニオイが気になる
●ニキビや吹き出物が出やすい
●下腹部が張りやすい
● 肌のくすみが気になる
●肩こりや腰痛がある
●冷えやむくみがある
●イライラやストレスがある
●疲れやすくてやる気が出ない
●寝付きや目覚めが悪い
●体重が増えやすく減りづらい

デトックスの効果が期待される方法

食生活の改善
食物繊維の摂取
ミネラルウォーター、ハーブティの飲用
サプリメント、薬剤の摂取
入浴剤を用いた入浴、ゲルマニウム温浴
イオンデトックス
岩盤浴
マッサージ、エステティックサロン
絶食

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィルには胃や小腸内に付着している老廃物を吸着し、排出する働きがあります。また、血液中のコレステロールを除去する働きがあり、血液をさらさらにします。

クロロフィルはケールや大麦若葉、明日葉、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜などの緑色の野菜にたくさん含まれています。もちろん青汁にも豊富です。

本来ヒトの体には優秀なデトックス機能が備わっているのですが、なんらかの理由によって毒素や老廃物が滞ったまま、なかなか排出できないことがあります。スムーズな毒出しのためには次のような「ひと押し」が必要になります。
上記のように、老廃物がスムーズに排出されないことがあるので、
そのために「ひと押し」として青汁の取り入れをおすすめします。
カルコンは、明日葉の茎や根に多く含まれてるの。滞ってしまった体のめぐりを整えて、老廃物をお掃除してくれるよ。がんの抑制や潰瘍、エイズにも効果が期待できて、殺菌作用もあるの。

カルコンは、身体のめぐりを整えて、老廃物をお掃除してくれるんですね。

明日葉が原料の青汁に、この「カルコン」がたくさん含まれているのでオススメです。

※こんな人は要注意!

さらに効果を高めるために

さらにデトックス効果を高めるために、青汁にプラスして行いたい行動があります。
それが上記のようなものです。
青汁を取り入れつつ食生活を変え、汗をかいたりリンパの流れを良くしましょう。

デトックスやダイエットの助っ人として、あなたも青汁を飲んでみてはいいかがでしょうか?

食物繊維

青汁は、食物繊維がたっぷり含まれているため、便通をよくしてくれます。有害物質や毒素の75%は便から排出されることを考えると、食物繊維による便秘解消はデトックスにとって非常に有効だと言えそうですね。
また、青汁にはデトックス効果を高めるビタミンやミネラル(亜鉛やカリウム)が入っているのが魅力的です。

カルコン

~青汁のデトックス効果~

青汁は簡単に栄養補給ができて、なおかつ血行促進・むくみ防止・とデトックス効果を感じる事ができます。

デトックス効果の秘密は、『カルコン』という成分が含まれている事。

毒素は体外へ排出しよう!~デトックス~

このような有害物質や老廃物を体外に排出することを【デトックス】といいます。
(※または「解毒」といいます。)

この時に活躍するのが肝臓と腸です。

基本的には、溜まった毒素を肝臓が無害化にし、老廃物を腸が取り込み便として排出します。
(※他にも少しずつですが尿や汗、皮脂などからも排出されます。)

体内に有害物質!?

私たちの体にとって有害な毒素は、大きく分けて2つあります。ひとつは体内で発生する老廃物、もうひとつは体外から取り込まれる物質です。

▶老廃物とは……腸内で悪玉菌が作り出す、アンモニアや硫化水素といった毒素のこと。

▶体外から取り込まれる有害物質とは……ダイオキシン、日用品に含まれる重金属(水銀、ヒ素、鉛、カドミニウムなど)のこと。

これらの毒素は全身をめぐり、免疫力の低下やさまざまな病気の原因になります。

慢性疲労、ホルモンバランスの乱れ、身体の不調は溜まった毒素が原因かもしれません。また、毒素が溜まっていると脂肪燃焼を阻害するので、ダイエットをしても痩せにくくなってしまいます。

このような毒素を体外へ出さないと、吹き出物やむくみ、ぶよぶよのお腹の原因に・・・。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |