ブルーベリーのアントシアニンには美容効果もあります! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ブルーベリーのアントシアニンには美容効果もあります!

ブルーベリーのアントシアニンは目に良いことが分かっていますが、実は美容にもいいんです。その点について調べてみました。

ビルベリーが使用されている

ブルーベリーと一概に言っても様々な品種があります。
中でも特にアントシアニンの含有量が多いのがビルベリー。
ビルベリーは一般的なブルーベリーの約4倍ものアントシアニンが含有されています。

 ルテインが配合されている

アントシアニンと同様に目に良いと言われている成分がルテイン。
ルテインは緑黄色野菜等に含まれるカロテノイドの一種で強力な抗酸化作用があります。

米国マサチューセッツ州ボストン・タフツ大学総合の中にある米国農水省の老化研究所、ここでは「全国民が健康的に100歳を迎える」というコンセプトに基づき、日々様々な研究がされています。今回話題となったのは、ブルーベリーが持つ抗酸化作用の研究結果です。
ブルーベリーを含む、約40種類の果物と野菜の抗酸化作用を比較する研究を行った結果、「ブルーベリーが最も高い抗酸化作用機能を持つナンバー1ランクの食物であり、その抗酸化作用はビタミンCなどとは別の構造を持つ化学構成式である。」ということを発見しました。

加熱や冷凍に弱いと言われてきたブルーベリー。
どうやら最近の研究でアントシアニンは温度変化に強いことが分かったようです。
効果アップが期待出来るブルーベリーの食べ合わせ

ブルーベリー+メロン(赤肉)・にんじん・かぼちゃ
⇒視機能回復効果
ブルーベリー+イチゴ・オレンジ・にんじん
⇒美肌効果・老化防止効果
ブルーベリー+牛乳・ヨーグルト
⇒肌荒れ改善効果

特筆すべきなのは、ブルーベリーに含まれる有効成分・アントシアニンは、加熱することによって成分の構造や特徴が変化しないという点です。加熱してジャムにしても、冷凍保存して効果は変わりなく享受できます。
ブルーベリーに含まれているのアントシアニンには抗酸酸化作用があるそうです。
しかも、果物や野菜の中でもトップクラスの実力を持っていることが、アメリカの研究で明らかになっています。
抗酸酸化作用が私たちの体に何をもたらしてくれるのか?ここではその点についても調べてみました。
ブルーベリーの美容と健康効果

1.体内の酸化を防ぐので、アンチエイジングになる

先に書いたように、ブルーベリーはフリーラジカルを中和し、遺伝子(DNA)の損傷を防ぎます。つまり老化のスピードを遅くし、ガンになりにくい身体にしてくれます。

2.悪玉コレステロール値を下げる働きがある

悪玉コレステロール値が下がるということは、心臓病のリスクが減るということです。

ここではブルーベリーの効果をより上げるための食べ方を調べてみました。
また、ブルーベリーの有効成分を手軽に摂取できるサプリメントの選び方や飲み方についても合わせてご覧ください。

ブルーベリーの効果的な食べ方は?

ブルーベリーの抗酸酸化作用はトップクラス

ブルーベリーには美肌成分もいっぱいです。
ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、それに食物繊維まであります。
一粒一粒が宝石のように見えてきますね。
ブルーベリーのアントシアニンがDNAの損傷を防ぐことによって、老化のスピードを遅くします。
つまり免疫力アップ、動脈硬化の予防、物忘れ防止、アンチエイジング、コレステロール低下なそ、体に様々な良い影響をもたらすのです。
ブルーベリーにはポリフェノールという成分が含まれるだけでなくビタミンC、Eも豊富な果物です。肌の酸化を防ぐだけでなく細胞に必要なビタミン類を含むため、錆びさせず肌に栄養素を与えるという、美容にもってこいの果実なのです。

しかも、食物繊維を多く含んでいるためデトックスにも期待が持てます。

先ほども述べたように、抗酸化作用のある食品は他にもありますが、ビタミン類をしっかり含み栄養を含むためブルーベリーは美肌を期待できる類のない優秀食品なのです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |