振袖のレンタル料金、相場は? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

振袖のレンタル料金、相場は?

振袖は未婚女性が着る事が出来る正装です。成人式のみならず、披露宴の時にも大活躍をします。着る機会は多くないのでレンタルがお勧めですが、その相場はいくらでしょうか。

晴れの舞台で振袖を。

振袖というと、未婚の女性が着る正装の着物です。
ですが、一から購入するとなると結構なお値段です。また、既婚者は振袖を着る事はありませんので、仮に買うとしたら、あとは娘さんに差し上げる形になります。

振袖を着る機会はいつなのでしょうか?

振袖は5年後の結納の時に着ました。

現在は2児の母で40歳ですので、振袖は娘に着せる楽しみだけですが、義母が大変着物好きで着られないほど仕立てており、私にもたくさん着せてくださいました。

結婚すれば、ご挨拶回りに着られるかもしれませんね。
また、お子さんが生まれれば、お宮参り・七五三・入園入学式・卒業式・・・
子どもの付き添いに着物は大変重宝します。
お正月にも着てます。
また、お友達の結婚式にはお着物での出席が良いですよ。毎回、買い換えなくてもよい、体型が変わっても着られる、喜ばれる、等等ルールさえ守れば、一番恥ずかしくないです。

2017年 振袖カタログ | 振袖レンタル・成人式や卒業式などの着物は「ぷりずむ館」

振袖と言うと成人式で着るというイメージが強かったですが、結納の時に着ることも出来るのですね。
結婚前のあいさつ回り等、結婚前に振袖は大活躍するようです。

振袖のレンタルの魅力

振袖は成人式のみならず色々な機会で着る事があるとはいえ、頻度はそんなにありません。
そういう時はレンタルがお勧めです。
レンタルではその時の好みのものを選べる事と資金が安いメリットがあります
ついお金の事ばかりに目が向いてしまいますが、レンタルだとたくさんの種類の中から好きな着物を選ぶことが出来るのが一番のメリットですね。

買うのも素敵ですが、ぜひともレンタルにも目を向けてみましょう。

気になるレンタル振袖の相場

そこで気になるのが、着物のレンタル費用の相場です。
レンタルの相場はいったいどれくらいなのでしょうか?
銀座にある着物レンタルのお店です。
列席者の振袖レンタル料は3~12万円と書いてありました。
振袖のレンタルは、振袖そのものだけがかかると言うわけではありません。
着付けやヘアメイクも必要ですが、ご自分でできなければ、プロに手伝ってもらう必要があります。
レンタル料金は振袖次第ですが、
・着付けは5,000円~10000円
・ヘア(ショート)3000円~、(ロング)5,000円~
・メイク5,000円~8000円
位が相場です。
振袖自体も大切ですが、着付け等もおいくらなのかを確認しておきましょう。

気になるレンタル振袖に対する周囲の反応

披露宴等で着物を着ていきたいという方もいらっしゃる一方で、浮いてしまうのではないかと言う事を心配している方もいます。
受付作業中に、お袖から腕がニュ~っと出さないでできるなら、そして、屈むとき(テーブル下の物を出し入れする時など)にスマートにできるなら、是非!

着物って素晴らしいアイデアだと思います。

格があるから、その場に敬意を表することになるし、何といっても日本人に似合うし。

私は着物が大好きで、披露宴にはいつも着物で行きます。
でも、念のため「着物で行ってもいい?」と聞いています。嫌だと言われたことは一度もありません。「お支度してきてくださりありがとうございます」と新婦のお母様にいつもお礼を言って頂けます。

もし新婦さんがぜひ!ということでしたら、27歳で未婚ということでしたら振袖を是非着てください!ただ、レンタルすると言ってしまうと、気を遣わせてしまうかもしれないので、言わない方がいいかと思います。受付と言っても、お辞儀してご祝儀を受け取って出欠のチェックをするくらいなので、袖に気をつければ問題ないと思います。

所作に気を付ければ大丈夫という声が多数でした。
着物は慣れてないと思いのほか動きにくいという一面がありますので、気を付けましょう。

まとめ

振袖のレンタルについて、いかがでしたでしょうか?
着物は日本人の文化ですので、日本人に非常に似合いますし、体系が出ないのでお勧めです。
2018年 成人式振袖カタログ|振袖レンタル・袴レンタル 成人式・卒業式ならジョイフル恵利

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |